ニコニコニュース

話題の記事

ジャンク品のAIBO(アイボ)を愛情たっぷりの改造蘇生 アメリカ製の起動データをインストールしたら「Oh my God!」としゃべる陽気な謎犬に

 今回紹介するのは、Re:Alicedさんが投稿した『ジャンクAIBOを蘇生する!【修理動画】』という動画です。再生数は400回を超え、「ニコニコ技術部」カテゴリランキングで最高で27位を記録しました。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

初期型AIBO(ERS-111)を修理した、ジャンク改造日記です。


 2000年に発売されたAIBO(アイボ)ERS-111。耳もなくなり、起動できなくなっているジャンク品を見事復活させました。ところが、復活の過程で使用したデータにより、やたらとアメリカンなアイボに変身してしまいます。

 通電はできるものの、起動はできなくなっているアイボをジャンク品で入手しました。耳もメモリースティックもない状態です。これでも未だ9000円の値がついているそうです。

 バッテリーの充電はできなくなっていました。分解してみると保護基板に問題があるようでした。

 初代メモリースティックを用意します。メモリースティックに海外の有志が配布している起動データを書き込みます。

 改修したバッテリーとメモリースティックを使って動かしてみます。床をギッチョンギッチョンと歩いています。動作には問題なさそうです。

 アイボとしばらく遊んでいると、耳をかく動作をしました。しかし、そこに耳はありません。「ちゃんと耳も作ってあげるからね!」と動画投稿者。

 パテを整形し、ゴムシートにはりつけ、耳を作ります。装着してあげると、アイボもうれしそう。

 修理が終了し、ウキウキで歌い出すアイボ。太い声で英語の歌を歌います。起動データの配布サイトでは、アイボの性格をハックしてアニメや映画のキャラに改造するデータも配布しているそう。そのため、独特な性格が乗り移ってしまいました。めっちゃいい発音で「Oh my God!」などと言っています。

 アメリカンなアイボに変身してしまいましたが、それでも慣れればかわいいそうです。また耳をかく仕草をしました。今度は耳があるので悲壮感がありません。けれども、前足はやっぱり耳に届かないようです。

視聴者コメント

かわいい
嬉しそう…
日本語でok
未だに現役とはさすがSONY製。愛されてるなぁ

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

ジャンクAIBOを蘇生する!【修理動画】

―あわせて読みたい―

ドール型ロボットが踊る『ナイト・オブ・ナイツ』が驚異的! 自立してノリノリでダンスする姿に「早送りとかしてないよね」「あまりにも可愛い」の声

『ヘボコン2018』に集結した”ヘボいロボット”たち「動力がカブトムシ」「電車に忘れてきた」etc…技術力のなさが斜め上すぎる件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ニコニコ技術部」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング