ニコニコニュース

話題の記事

中継ぎ投手の葛藤を描くアニメ『グラゼニ』の魅力をハライチ岩井が語る「これだけ喋りで面白いアニメないよ(笑)」

 お笑いコンビ ハライチの岩井勇気氏がお届けする、本音でアニメを語る番組「ハライチ岩井勇気のアニ番」。

 第88回の放送では5月上旬時点の春アニメランキングを発表しました。1位には『グラゼニ』、2位に『メガロボクス』、3位に『ひそねとまそたん』、4位に『あっくんとカノジョ』がランクインしました。

岩井勇気氏。

※本記事には『あっくんとカノジョ』、『ひそねとまそたん』、『メガロボクス』、『グラゼニ』のネタバレを一部含みます。ご了承の上でご覧ください。

―関連記事―

坂本龍一氏にとっては黒歴史?『王立宇宙軍 オネアミスの翼』楽曲制作秘話を岡田斗司夫が語る

『だがしかし』ハジメちゃんが物議を醸したあの回に主演声優らがコメント「いかがわしさがありますね(笑)」


4位 『あっくんとカノジョ』

『あっくんとカノジョ』
(画像は『あっくんとカノジョ』公式サイトより)

岩井:
 4位は『あっくんとカノジョ』。これは安定ですよ。

――岩井くんが好きそうなやつですよね。

岩井:
 これは面白いですよね。あっくんの家に呼んでいましたよ。妹がまたチャチャを入れるんですよね(笑)。のんたんのことを妹が気に入っているから、ベタベタしてあっくんとイチャイチャできないような関係を作って……。

 あと同級生の男の子、あの子も謎なんですけど、4人で家に行った展開がありました。 『あっくんとカノジョ』は5分くらいですかね?

――5分アニメです。実質はもっと短いかな。

岩井:
 最近の5分アニメで1番面白いかもしれない。

――岩井くんの好きなラインですよね。

岩井:
 エロスもないし、明確な萌キャラみたいな感じのもいないんだけれど、展開で惹きつける感じがいいですよね。

――コメントでは、「ツンを愛でるアニメ」(笑)。

岩井:
 そうだね。あっくんのあのツンの部分「うるせえよ、黙れブス」みたいなところも良いんだけれど、それに対して、のんたんのリアクションが1番良いんですよね。毎回言いますけど(笑)。あんな彼女いたら最高ですよね。

のんたんこと、片桐のん。
(画像は『あっくんとカノジョ』公式サイトより)

――分かった上で対応していますからね、ツンの時の。

岩井:
 現実にいたらああいう子ってすごくイイ感じの彼女だなって思いますね。「うるせえよ、ブス」って、ツンとされていても「一緒に帰ろう」って言って……。

 ずっとそういうテンションでいるって彼氏側が思って、それに甘えてツンとしていたら急に浮気されていたりするからね(笑)。結局モテるからね。

――現実はね(笑)。

岩井:
 結局のんたんみたいな子はモテるんで。急に二股かけられていたりするからね。

――急に「別れる」って言いますからね(笑)。

岩井:
 そう。あんなにいい子だと、逆に何を考えているか分かんないよね。でも、のんたんは違いますからね。のんたんは浮気しませんよ。

3位 『ひそねとまそたん』

『ひそねとまそたん』
(画像は『ひそねとまそたん』公式サイトより)

岩井:
 3位いきましょう。3位は『ひそねとまそたん』。新しいDパイ【※】の子が3人来ました。ツンとした女の子と巨漢の女の子、何を考えているか分からない陰な感じの子。あのキャラデザはわりと癖になりますよね。

※Dパイ
ドラゴンパイロット。Dパイになれるのは適性評価を受けた若い女性のみで、そのドラゴンに選ばれた(受け入れられた)娘でなければ搭乗できない。彼女たちには「自分を好きになれず、心に空白を持っている」「自分を不完全だと思い、OTF(ドラゴン)といることで初めてアイデンティティーを見いだせる」という精神面の共通点がある。

――ちょっと古い昭和のアニメっぽいかなって思われがちだけど、よく見ると全然違う今っぽさもあるキャラデザですからね。

岩井:
 そうですね。主人公がみんなの仲を取り持とうとするんだけど、裏目に出てしまう。1週間4人で無人島訓練みたいな感じでドラゴンと一緒に行かされるんですけど、そこでの展開があったり、Dパイの巨漢の女の子(日登美真弓)が1回ブチギレるシーンとかありましたね。

日登美真弓
(画像は『ひそねとまそたん』公式サイトより)

 居酒屋の時からキレそうな感じはあったね。ツンとしたDパイの女の子に「だらけやがって」って言われて、手羽先の骨をバキッと(笑)。

 あそこでちょっとヤバイと感じていましたね。訓練の後に1回更衣室でツンとした女の子、星野さんに持っていたシャンプーみたいなのをグシャグシャと潰して「ドラゴンは物じゃないんだよ」と言っていましたけども……。

 そこにきての無人島ですから仲良くなれるんでしょうか、というところなんですけど。星野さん以外の3人は仲良くなった感じはありましたね。一緒に火をおこしてお芋食べていましたしね。星野さんだけ外れていますけどね。

 (コメント)「はなの舞はガチで基地内にある」そうなんだ。なんか商品はよく出てくるよね。ジョアも出てきたし、はなの舞もちゃんと出てきたし、提供があるのかな。現実のヤクルトとかね。

――もしスポンサーだったら、いいアニメの使い方だと思いますけどね。僕も好きで見ているんですけど、梶くんが喋ると「梶だな」って思うんですよ(笑)。

岩井:
 そう。梶さんが喋ると梶さんだなってなるね。

――メカニックなのに、「おー主人公がいるな」って(笑)。

岩井:
 分かるね。

――梶裕貴すごいね。

岩井:
 存在感がすごいよね。たまにしか出てこないんだけど……。

――「整備しときましたよ」のあの一言が梶ってなる。梶感の強さがやっぱりすごいな。

岩井:
 エレンの感じよりかはメリオダスの感じだね。諏訪部さんも存在感あるよね。男性陣はありますね。

――あと釘宮さんも。釘宮さんいるなって、ガッツポーズしたくなる。

岩井:
 そうだね。一瞬で分かるもんね。新井里美さん出ている?

――新井さんは根暗っぽい莉々子。

岩井:
 やっぱりあれ新井さんなんだね。ああいうおばさん声好きだから。

 また主人公が余計なこと星野さんに対して言っていましたね。ああいう人って、直そうとしないからね。「言っちゃうんですよ」って言って、言っているからね(笑)。

――見ていて腹立って「何だこいつ?」って思うんですけど、「何だこいつ?」って思わせる久野ちゃんの演技すごいな! っていうところに戻っちゃう。

岩井:
 たしかに。あの声は憎めない声していますよ。

「アニメ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング