話題の記事

横幅わずか5センチの小さなメダルゲームを作ってみた! 電動駆動で実際に遊べるギミック搭載

 今回紹介するのは、まちゃつさん投稿の『世界最小でキーホルダーなメダルゲーム作ってみた』という動画です。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 ゲームセンターで見かける“メダルゲーム”。メダル落としとも呼ばれるもので、マシン内部の押し板が動いていて、メダルを投入することで中のメダルを押し出すあのゲーム機です。

 投稿者のまちゃつさんは、メダルゲームをキーホルダーサイズで作りました。およそ横幅5.1センチ、奥行き7.5センチ、高さ3.8センチ。このサイズなのに押し板が電動駆動し、実際に遊べます。

 通常のメダルでは大きすぎるため、直径8ミリの円形部品を使って遊びます。メダルを投下すると、押し板の動きによってメダルが当たり口に落ちていきます。

 中を見るとシンプルな構造。モーターの回転をウォームギヤとウォームホイールで伝達し、そこから伸びたネジで押し板を動かしています。

 ウォームギヤとウォームホイールも3Dプリンターで作りました。試しに印刷したものが問題なく動いたそうです。最近の3Dプリンターの精度の高さはすごいですね。

 小ささがかわいくて、見ているだけでワクワクしてしてきます。実際に動いている姿を見たい方は、ぜひ動画をご視聴ください。

視聴者コメント

ちっさ
かわいい笑
たのしい
いいね
おおおおおおお

文/高橋ホイコ


▼動画はこちらから視聴できます▼

世界最小でキーホルダーなメダルゲーム作ってみた

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

超本格的なメダルゲームを自作してみた! 実機さながらのギミックも搭載し、作者も「最高傑作」と云う完成度がすごい

子供の頃の夢が実現! メダルゲームを自作した猛者あらわる ボール抽選機能付きの本格的な完成度に「Σ(゚Д゚)スゲェ!!」「見てて飽きない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ニコニコ技術部」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング