話題の記事

LEGOで可動橋を作ってみた! ゴッホの「アルルの跳ね橋」から「羽田可動橋」まで動きを再現

 今回紹介したいのは、むにむにさんが投稿した『【LEGO】ゴッホ『アルルの跳ね橋』と『スラウエルホフ橋』と『羽田可動橋』を作った』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

LEGOで可動橋を作るシリーズ3回目。 今回はゴッホ『アルルの跳ね橋』と『スラウエルホフ橋』と『羽田可動橋』を作った。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 レゴで可動橋を作っている投稿者のむにむにさん。可動橋とは、橋桁などが動くことで船を通れるようにしている橋のことです。今回はゴッホの「アルルの跳ね橋」、オランダの「スラウエルホフ橋」、首都高速の羽田可動橋を作りました。

 まずはゴッホの絵画にも登場するアルルの跳ね橋。カラフルなブロック遣いが印象派的です。

 ロープが巻かれながら二つに分かれた橋桁が上がり、またピタリと閉じます。

 次はオランダのスラウエルホフ橋。

 2本のアームがしっかりと橋の一部を持ち上げました。この橋は「空飛ぶ橋」とも呼ばれています。その大胆な動きに「なんて直接的な!」「うーん豪快」「力技だなぁ」とコメント欄が盛り上がりました。

 そこを船がスーッと通り抜けます。

 次は羽田可動橋。

 橋桁がクルリと回る旋回橋構造のこの橋は、1998年以降使用停止中です。

 今では動くことのなくなった可動橋まで見事再現したむにむにさん。ぜひ動画でその滑らかな動きをご覧ください。

視聴者のコメント

・かっこいい
・なんか芸術的
・色使いが印象派
・工夫がたくさんあって素敵
・こんな仕組みもあるのか
・面白い

▼動画はこちらから視聴できます▼

【LEGO】ゴッホ『アルルの跳ね橋』と『スラウエルホフ橋』と『羽田可動橋』を作った

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

レゴでパナマ運河を再現してみた! 水門を開閉して水位差を乗り越える仕組み“閘門(こうもん)”がロマンの塊

レゴで『こち亀』の列車砲や勝鬨橋を作ってみた! 数々の思い出深いシーンの再現に「懐かしすぎるw」「細部のこだわりが熱いw」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ニコニコ技術部」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング