話題の記事

農機具の鍬(くわ)の柄の部分をベースに改造してしてみた! 本物のベースと変わらないクオリティに「次はエフェクター踏んでるところがみたい」

 今回紹介する動画は、ひょう’ a.k.a 妄’さんが投稿した『鍬の柄ベースでEGO-WRAPPIN’のサイコアナルシス弾いてみた』です。

 EGO-WRAPPIN’の『サイコアナルシス』のベースパートをベースに改造した鍬の柄で演奏しています。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 ベースが聴かせる曲ってかっこいいですよね。これは鍬の柄で作られたベースです。

 一体どんな音がするのでしょうか?

♪〜♪〜♪〜

 音色は本物のベースと言われても分からないほど! EGO-WRAPPIN’の『サイコアナルシス』のスウィング・ジャズのサウンドに自然にマッチしています。

 ひょう’ a.k.a 妄’さんの腕前の素晴らしさと相まって、曲の最後まで聞き入ってしまいます。「3弦しかなく、弾きにくい」とご自身のブログでコメントされていますが、そんなことは微塵も感じさせません。

 まさか楽器にできるとは思わない鍬の柄。制作費は5000円ほどだそうです。持ち運びも便利そうで画期的ですね。

視聴者のコメント

最高
次はエフェクター踏んでるところがみたいです
作ろうかなぁ

▼動画はこちらから視聴できます▼

鍬の柄ベースでEGO-WRAPPIN’のサイコアナルシス弾いてみた

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

小学生の頃、誰もが演奏した“ほうきギター”を、本当に弾けるように改造してみた

琴? ギター? 謎の技術で作られた自作弦楽器で『Lonely Woman』を弾いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「演奏者」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング