ニコニコニュース

話題の記事

作業が効率的に!? 手首の傾きで自動で出し入れされる「動くマウス」を作ってみた

 今回紹介するのは、yyzさん投稿の『動マウス』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

動くマウスをつくりました。


 仕事や趣味でパソコンを触っている時に、「キーボードとマウスの距離がちょっと遠いな」と感じる人は多いのではないでしょうか。
 そんな状況を改善する方法を、投稿者のyyzさんが考えました。

 それは「物理的に距離を縮める」という手法です。

 上記の画像の様に、キーボードとマウスの間が近ければ近い程好ましいです。
 つまり、この距離を最短にするには「マウスの方が手に来ればいい」ということになります。

 この思想を現実にすべく、設計と制作に移ります。

 初めに、トラックボールとサーボモーターを用意します。
 こちらに、加速度センサーを使うことで、手首の角度が変わった時に判定できるようにします。

 手を傾けた際の重力の変化を感知することで、手が傾いているか判断します。

 これでようやくマウスの設計を決めたので、実際に制作していきます。

 CADでデータを作成し、3Dプリンターで出力します。

 今回使用する回路を作りますが……。

 なぜかモーターが動かない事態に。調査すると、どうやら電流が足りなかったようです。

 電池を追加することで、なんとか問題を解決しました。yyzさんいわく「電圧が微妙だけど、四捨五入するとヨシ!」とのことです。

 完成したのがコチラ。動画制作者にやさしいグリーンバックになっています。

 手首の傾きによってマウスが出たり戻ったりして、キーボードやマウスをスムーズに使い分けることが出来ています。

 動画の最後では、実は「マウスではなくトラックボールである」という衝撃の事実に気づいてしまいました……。

 こちらの制作過程をもっと見たい方は、ぜひ動画をご視聴ください。

視聴者のコメント

カッコいい
かしこい
どこのご家庭にもあるCADと3Dプリンタ()
キビキビ動いてcool
その理屈はおかしい


▼動画はこちらから視聴できます▼

動マウス

―あわせて読みたい―

ツルツル滑る素材「テフロン」でお箸を作ってみた ラーメンもミニトマトもほぼ掴めなかったが、予想外のメリットが明らかに?

猫の肉球マークの焼跡ができるトースターを作ってみた まるで猫が踏んづけたような見た目に「猫踏んじゃったw」「すごい」など反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「作ってみた」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング