話題の記事

恋に一途な元気っ娘の裏の姿とは。『泣きたい私は猫をかぶる』は切なくも不思議な青春ファンタジー

 ある女の子が、大好きな男の子に会うため“猫になる”ちょっと不思議なラブストーリーの行方やいかに。

 Netflixにて独占配信中の長編アニメーション『泣きたい私は猫をかぶる』のコミカライズ版が、ニコニコ漫画「コミックNewtype」にて連載中です。

 人間としての自分と、猫としての自分の狭間で揺れ動く主人公の想いにご注目ください。

ニコニコ漫画『泣きたい私は猫をかぶる』エピソード一覧

作者:黒丸恭介(@BlackKyou
協力:「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

“無限大謎人間”、略して“むげ”

 主人公の笹木美代(ささき みよ)は、中学2年生の女の子。

 今日も朝から元気に「頼ちゃーん!」と友人に声をかけ、弾けるような笑顔を見せます。

 そんな彼女は現在、同級生の男子である日之出賢人(ひので けんと)に片想い中。

 登校中の彼の後ろ姿を見かけた美代は、すぐさまローファーを脱ぎ捨ててにじり寄っていき……。

 大胆にもヒップアタックをかましたうえで、みずからのお尻を叩きながら「決まった!」とひと言。

 な、なんなんだこの娘。まったく思考が読めません……!

 このような美代の自由過ぎる振る舞いに、ついたあだ名が“無限大謎人間”

 だれが呼び始めたか知らないが、いまでは“むげ”と略され周囲の生徒たちに浸透していたのでした。

 そしてクールな日之出は、彼女の奔放な行動や言動を苦手としている模様。

 まるで水と油のような相性の悪さを感じさせるふたりですが、こんな調子でむげの恋が実る日はくるのでしょうか?

縁日で謎の猫面を手にするむげ

 一見、勝手気ままな自由人に思えるむげですが、日之出を想う気持ちは真剣そのもの。

 そもそも彼女のこの片想いは幼少期以来のものであるなど、意外な一途さも持ち合わせていました。

 それだけに中学生になって日之出に再会できてからというもの、むげは舞い上がりっぱなし。

 「日之出と会ったのもお祭りの日だったな」なんて昔を懐かしめば、ひとりで縁日を歩く時間すらも夢心地のようです。

 しかし、そんな彼女の心に暗い影を落とすのが実の母・美紀との関係性。
 
 むげの父と母は離婚をしており、現在は父とその婚約者のもとで暮らしているのですが、美紀としてはなんとかヨリを戻したいようで……。

 自分が子どもなのをいいことに、勝手な都合で巻き込もうとしてくる母に対して、怒りをあらわにするむげ。

 「私に話してもわからないことなら、話したって無駄だよ!」と至極真っ当なセリフとともに、彼女は駆け出してしまうのでした。

 走り続けるなか、むげの脳裏にはまたしても日之出と初めて出会ったあの日の記憶が。

 ただしそれも、いまとなっては遠い日の思い出。心の拠りどころを見失った彼女は、喧騒の中をさまよい歩き続けます。

 そして、もはや日之出との思い出や彼への想いすらも自分の勘違いなのでは……とドン底に沈みかけたとき。

 ふと顔を上げた彼女の前には、妙な猫のお面を売る出店の店主の姿が。

 「待ってたよ、つけてみるかい?」と、店主は特徴的な猫目を細めて言います。

 その言葉に誘われるがまま、むげはこの不思議な力を持った猫面を手にすることになったのでした。

日之出との謎の思い出とむげの猫かぶり

 妙な出店での一件はさて置き、その後も日之出に猛アタックをかけ続けるむげ。

 開けっ広げな彼女の態度は見ていて微笑ましいのですが……。

 縁日でのできごとを踏まえると、むげの快活さの裏にはさまざまな感情が渦巻いていることも明らか。

 もちろん根っからの性格というところもあるのでしょうが、なんとなく彼女の振る舞いが空元気のようにも思えてきます。

 しかしながら、どれほど日之出に塩対応されようとまったくめげる様子のないむげ。

 友人の頼ちゃんはそんな姿を見ていてさすがに心配になったようで、彼に憧れる理由を尋ねてきます。

 するとむげが語り始めたのは、雨の祭りの日に彼とふたりにきりになったというエピソード。

 なにやら例の幼少期の思い出とも様子が違うようで、これはいつの出来事なのか。もしや彼女の妄想……ではないことを祈りたいところです。

 日之出との関係性についてますます謎が深まるなか、帰宅したむげは部屋に隠してあったあのお面を手に取ります。

 「私は私で勝手にするんだから」と、猫面を見つめた彼女は……。

 まるで魔法をかけられたように、一瞬にして白猫の姿に!

 こうして仮初の姿となった彼女の向かう先など、ひとつしかありません。

 そう、彼女が目指したのは日之出の家。

 彼はこの猫の正体がむげであることなど知るよしもなく、“太郎”と名付けてかわいがっていたのでした。

 むげが日之出の笑顔を引き出すことができるのは、あのお面の不思議な力で猫になっているこの瞬間だけ。

 果たして彼女は、どうすれば本当の自分を見つけてもらえるのか……!?

 この恋路の続きが気になった方は、ぜひ現在発売中のコミックス1~2巻をチェックしてみてください。

『泣きたい私は猫をかぶる』コミックス第2巻
Amazon購入ページはこちら

(画像はニコニコ漫画『泣きたい私は猫をかぶる』より)
 

ニコニコ漫画で『泣きたい私は猫をかぶる』を読めるのはこちら

ニコニコ漫画公式サイトはこちら

―ニコニコ漫画おすすめ漫画記事―

・美少女4人の義理のパパになる異世界生活? 『転生賢者は娘と暮らす。』は社畜過労死のち平穏まったりスローライフな物語

・お兄ちゃん限定で反抗期真っ只中!? 『反抗できない!いばらちゃん』のツンデレ全開ムーブがひたすら可愛い

・ほのぼの日常から怒涛のシリアス展開。『君は死ねない灰かぶりの魔女』116歳の魔女に甘やかされる至福…な同居生活が崩壊して?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「マンガ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング