ニコニコニュース

話題の記事

海外で見つけた“偽物ポケモングッズ”を集めてみた。「魔改造ピカチュウ」「色違いゼニガメ」など癖のありすぎる怪しいグッズたちを紹介!

 今回紹介するのは、そわそわさんが投稿した『海外で見つけた【偽ポケモングッズ】ゆっくり解説 (約21種)』という動画です。音声読み上げソフトを使用して、ポケモンのニンフィアをモチーフにしたNYN姉貴の派生キャラクターNYNフィアが、海外で見つけた偽ポケモングッズについて紹介していきます。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

うぴー主が海外で見つけた偽ポケモングッズを紹介する動画です☆


台湾で見つけたピカチュウ

NYNフィア:
 台湾で見つけたピカチュウの常夜灯です。お値段は約300円でした。さてこのピカチュウですが、なんか目が残念ですね。

NYNフィア:
 目にハイライトを入れようとした形跡がありますが、諦めてしまったようです。頭には穴が開いていますが、これは放熱のため仕方がないですね。

NYNフィア:
  後ろを見ると尻尾が真っ茶色になっています。

NYNフィア:
 せっかくの常夜灯ですので点灯させてみるとこんな感じです。可愛いですね。この商品もそうですが、尻尾はしょっちゅう間違っているので少し解説を挟みます。

NYNフィア:
 ピカチュウの尻尾は付け根側が茶色で先っぽが黄色というのが正しいです。時々色を逆に記憶していたという人も見かけますね。さらによく見ると色の切り替わる部分はギザギザになっています。よく覚えておきましょう。まぁ後ろ姿が印象に残らないのはしょうがないかもしれませんが。

 知らなかったとしてもグッズを作る前にちゃんと確認すればいいだけの話なのですが、なぜ間違ってしまうんでしょうかね。不思議ですね。なお尻尾の色が間違っているのはまだ可愛い方で、のちにもっとひどい尻尾が登場しますのでお楽しみに。

 台湾で見つけた偽ピカチュウグッズの特徴から、海外でよくある偽ピカチュウグッズの共通項が見えてきました。

タイで買ったキーホルダー

NYNフィア:
 次のグッズは、タイで買ったピカチュウのキーホルダーです。目が横に伸びていてちょっと気持ち悪いですね。定価は135バーツとちょっと高めでした。値切らせて100バーツで売ってやろうという魂胆が見える価格ですね。私もそのくらいの値段まで値切ったような記憶があります。

NYNフィア:
 後ろ側ですが、尻尾が真っ黄色です。さらに尻尾の一部を押すと口が光って音が鳴ります。先ほどの常夜灯みたいに体全体を光らせた方が可愛いと思うのですが、実用性重視なんですかね。

 このタイで買ったキーホルダーについて「高すぎる」「クレシンみたいな目」との声が寄せられました。

偽ピカ6体セット

NYNフィア:
 次は、ニセピカ6体セットです。ガチャガチャで一回約200円で販売されているのですが、あれ、なんか(イラストと)雰囲気違わない? ガチャを回してもよかったのですが、6種セットが1500円くらいで売っていたので安定をとってそちらを買いました。なんか割高だけど、ガチャで6種揃えようとしたらもっとかかりそうだから仕方ないですね。

NYNフィア:
 問題のピカチュウですが、一匹を除いて尻尾が真っ黄色です。そのうち3体は尻尾がダメなのを除けば、割とよく出てきていると思います。

NYNフィア:
 残り3体のうちこの1体は少し顔の形が変です。別に大きく間違っているわけではないので、キャラクターの造形の難しさを感じます。

NYNフィア:
 このピカチュウも一見よくできているように見えますが、なんと尻尾が横から生えています。そんな生物いるカイナ。よく見ると繋ぎ目が見えるので製造上の都合でこうなってしまったんでしょうね。

NYNフィア:
 最後の一匹ですが、タイで買ったキーホルダーのピカチュウと形がそっくりです。同じ設計データを利用して作ったのでしょうか。国を超えてニセポケグッズが流通している可能性が微粒子レベルで存在している……? なお品質の方はどっこいどっこいですね。

 偽物ピカチュウの6体、それぞれの偽物具合に視聴者からは「そこはかとないコレジャナイ感が可愛い」「右から3番目が初代っぽい」との声が寄せられました。

やる気のない陶器ピカチュウ

NYNフィア:
 続いては陶器のピカチュウ2体です。貰い物なのでお値段は知りません。大きい方は後ろの模様の塗りにやる気が感じられない以外は良くできています。小さい方は電気袋の色がピンクなのは誤差だとしても、耳が明らかにピカチュウのそれとは違います。別のキャラクター用の型を無理やりピカチュウにしてみた感じでしょうか。

NYNフィア:
 そしてこのピカチュウの尻尾が大問題なのですが、ついにトレードマークのギザギザ尻尾ですらなくなりました。確かにこっちの方がネズミっぽいかもしれませんが、そろそろピカチュウなのかどうかも怪しくなりそうです。

 陶器ピカチュウ2体の偽物具合に「右ちょっとプーさん混じってるな」「右はピカチュウというか狐のキャラクターに見える」との声が寄せられました。

魔改造ピカチュウ

NYNフィア:
 続いては釜山のロッテモールで発見したピカチュウです。まずロッテモールは屋上があるのですが、そこに設置されていました。正直今まで見た中で一番ヤバいセンスをしています。

NYNフィア:
 電気袋を無視しゴテゴテに取り付けられたライト、青い縞模様、イっちゃってる目、どれをとっても最悪です。ここまで来るとネタ的には面白いのですが、ひとつ気になるのはロッテといえば日本でも韓国でもポケモン公式とコラボしているのに、こんなものを設置してしまって大丈夫なんですかね。

 改造された韓国のピカチュウの乗り物ですが、コメント欄では「素直に気持ち悪いっすね」「怖い」との声が寄せられました。

色違いワニノコ

NYNフィア:
 ついでに韓国で見つけたピンクのワニノコです。色違いでもこんな色ではないのでなぜピンクになったのか分かりません。

塗り忘れピカチュウ

NYNフィア:
 続いては中古屋で見つけたグッズです。こちらの筆箱は一見まともに見えますが、裏を見るとなんと塗り忘れが複数あります。塗り忘れくらい誰だってやらかすだろうけど、製品に印刷してある絵でこのレベルの塗り忘れは擁護できません。

NYNフィア:
 偽物業者は公式絵のコピペすらまともにできないのか。このことが原因なのかわかりませんが約43円という安い値段をつけられていました。

色違いゼニガメ

NYNフィア:
 続いてはシンガポールで見つけた偽グッズです。ヒトカゲ(メタモン)とかゼニガメとかの人形が売られていますが、なぜかゼニガメだけとんでもない色をしています。先ほどのワニのこといい水タイプは、ピンクにされる決まりでもあるのでしょうか。

色違いポケモン服

NYNフィア:
 こちらの服に至ってはピカチュウ以外まともな色をしていません。青いライチュウの破壊力すごいな。

NYNフィア:
 隣の服は割とまともなのにどうしてこうなった。

過去最低レベルのキーホルダー

NYNフィア:
 次に紹介するキーホルダーですが、過去最高レベルに低品質です。まずバリが残りまくっているし、足の模様はよく分からないことになっています。さらに尻尾は真っ黒だし、顎の下にも影のつもりなのか謎の黒い物体があります。

NYNフィア:
 裏面は真っ黄色でやる気のなさがうかがえます。右のピカチュウの尻尾はどうなっているかというと、ないです。ちなみにこのキーホルダーは歩道橋の階段の踊り場で売られていました。

NYNフィア:
 写真を撮っていなかったのでイメージですが、こんな感じで無許可と思われる露店に並べられており、猫やネズミも売られていました。

NYNフィア:
 露店を広げていると警察に怒られるような場所では、このように売り子が商品を持って売り歩いていることが多いので、偽物を探している人はチェックして見ましょう。

 過去最低レベルの品質のキーホルダーと、それを売っている場所について「しっぽへのこだわりが強すぎるッピ!」「危険薬物かな?」との声が寄せられました。

著作権ガバガバサトシ

NYNフィア:
 続いては、台湾の地下鉄で見つけたものですが、乗車マナーを呼びかけるポスターにサトシ君がいます。

NYNフィア:
 車内のモニターにもいました。アニポケ無印のサトシのようですが、なんか太った? それにしても地下鉄公式が著作権ガバガバで大丈夫なんですかね。

 著作権が大丈夫なのかと心配になる台湾の地下鉄サトシ君について「後ろ姿で顔が見えないし服装が一致してるだけだしぎりぎりラインかな」「ままはっきり言ってないから大丈夫やろ(遠い目」などのような肯定的な意見が寄せられました。

ピカチュウパンケーキ

NYNフィア:
 台湾の屋台ではピカチュウ型のパンケーキみたいなものも売っていました。味は、美味しいです。

どこにでもいる偽物ポケモン

NYNフィア:
 ゲームコーナーにも偽ピカチュウたちがいました。なんだこのゼニガメ。

NYNフィア:
 デパートでもなんかイベントをやっていましたが、これは公式ってことでいいのかな。ピカチュウの着ぐるみですが、日本のものと比べるとクオリティーが微妙ですね。

NYNフィア:
 さて感想ですが、ポケモングッズは本物偽物問わずいろいろな国で見かけますので、ポケモンの世界的な人気がうかがえますね。(株)ポケには悪いですが、偽ポケモングッズは面白いのでこれからもたくさん製造していただければと思います。

 各国に様々な偽物ポケモンが製造され売られていることが分かりました。クオリティーは日本と比べると微妙ですが、ポケモンの世界的な認知度と人気さを知ることができました。

 解説をノーカットで楽しみたい方はぜひ動画をご視聴ください。


▼動画をノーカットで楽しみたい方は
こちらから視聴できます▼

海外で見つけた【偽ポケモングッズ】ゆっくり解説 (約21種)

―あわせて読みたい―

台湾で見つけた“フシギな日本語”を集めてみた。「ステルス性のある食器」「耐久性があるナイ・カッター」などユニークな製品を画像付きで紹介!

『ポケモン』ヒマナッツが瀕死になった分だけ現実でヒマワリを栽培!? ハイペースにヒマワリの種を植えていく様子に「地植えじゃないと間に合わなそう」と心配の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「教育」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング