ニコニコニュース

話題の記事

「莫斯科(モスクワ)華撃団」の機体が強すぎる!? アニメ『新サクラ大戦 the Animation』第3話の見どころを紹介

 「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会が、2020年4月23日にニコニコ生放送にて放送された。

  『サクラ大戦』シリーズの最新作『新サクラ大戦』では、新機体「霊子戦闘機」に搭乗し、都市の平和を守りながら歌劇団としても活躍する新たな「帝国華撃団・花組」が結成される。

 ここでは『新サクラ大戦』から1年後の世界を舞台としたテレビアニメ作品『新サクラ大戦 the Animation』3話の見どころをピックアップし、書き込まれたコメントと合わせてお届け。また、本放送内でのコメントデータを抽出したうえで、盛り上がったシーンTOP3も紹介していく。

(画像は『新サクラ大戦 the Animation』の公式サイトより)

見どころ1:「莫斯科(モスクワ)華撃団」の練度と機体性能が圧巻!

(画像は「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会より)
(画像は「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会より)

 ひとつ目の見どころは、強力な「降魔」を「莫斯科(モスクワ)華撃団」が圧倒するシーン

 帝都にこれまでとは異なる「降魔」が来襲し、神山誠十郎が不在の「帝国華撃団・花組」はうまく連携が取れず苦戦を強いられる。

 くしくも帝都に訪れていた「莫斯科(モスクワ)華撃団」が応戦することとなり、しっかりと統率の取れた動きによって「降魔」を圧倒。隊長の不在が影響して、足並みが乱れていた天宮さくらたちは力の差を見せつけられるのだった。

 このシーンでは、「莫斯科(モスクワ)華撃団」の統一感のある機体による連携が披露される。また、「降魔」にとどめをさしたリーダー機のビーム兵器は、高出力なことが伝わるド迫力の描写となっていた。

 「莫斯科(モスクワ)華撃団」の連携と武装を見た視聴者からは「連携が取れてる」「ビーム兵器w」といったコメントが寄せられていた。

見どころ2:東雲初穂のパンチを受け止めるレイラが強すぎる!

(画像は「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会より)
(画像は「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会より)

 ふたつめの見どころは、「莫斯科(モスクワ)華撃団」隊員のレイラが東雲初穂のパンチを片手で止めるシーン

 突如、帝都に現れた「莫斯科(モスクワ)華撃団」は、1度壊滅するも再建したことを語り、「帝国華撃団・花組」が保護していたクラーラを連れ戻そうとする。

 記憶を失っているクラーラは困惑し、その提案を拒否するも「莫斯科(モスクワ)華撃団」は強引な姿勢をくずさない。

 見かねた東雲初穂がそれを止めようとするが、「莫斯科(モスクワ)華撃団」隊員のレイラが「では、実力をもって奪還するまでです」と挑発。その言葉を受けた東雲初穂がくり出す一撃をレイラは片手で制するのだった。

 ここでは、腕っぷしの強い東雲初穂の打撃をしのぐ、力強さを見せるレイラに衝撃を受ける展開がくり広げられた。身体能力の高さを見せるレイラに「!?」「つよい」「強キャラだった」といったコメントが書き込まれた。

見どころ3:「降魔」に一矢報いる東雲初穂機の戦闘が見ごたえバツグン!

(画像は「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会より)
(画像は「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会より)

 3つ目の見どころは、東雲初穂機が特殊な「降魔」に渾身の一撃を見舞うシーン

 今回、帝都に来襲した「降魔」は、すばやいうえに「帝国華撃団・花組」の武装が通用しづらい難敵となっていた。

 一同が苦戦する中で、ごうを煮やした東雲初穂は単機で「降魔」に突撃。隊列が乱れるも、なんとか東雲初穂機をアシストするメンバーのかいあって、「降魔」に一矢報いることに成功するのだった。

 このシーンでは、東雲初穂機の跳躍時に機体を推進させるジェット噴流が細かく描かれる、見ごたえバツグンの描写がくり広げられた。さらに、一定の推進後に画面が白く反転するカットが挟まれ、パワフルさが大きく強調されている。

 必殺の一撃をくり出すべく飛び上がる東雲初穂機に「い・ま・よ!」コメントが多数寄せられた。

『新サクラ大戦 the Animation』第3話盛り上がり指数TOP3

「新サクラ大戦 the Animation」第3話上映会におけるコメント数のグラフ。

※コメント盛り上がり指数:1分間あたりのコメント数からそのシーンの盛り上がり度を編集部独自に算出した数値。

1位:カミンスキーが「莫斯科(モスクワ)華撃団」の新生を宣言!

(画像は「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会より)
(画像は「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会より)

 もっとも盛り上がったのは、「莫斯科(モスクワ)華撃団」隊長のカミンスキーが部隊の復活を宣言するシーン(①04:17ごろ)

 壊滅したはずの「莫斯科(モスクワ)華撃団」が帝都に訪れ、隊長のカミンスキーが部隊再建までの経緯を説明する。

 カミンスキーいわく、特命任務中に謎の敵から攻撃されてしまい、部隊は多大なダメージを受けた模様。しかし、隊員たちは不死鳥のごとく復活。彼女たちがつけている仮面は、その際に負った火傷を隠すためとのことだった。

  カミンスキーのうさん臭い態度や謎だらけの説明に「あやしい」「せやろか」といったコメントが書き込まれた。

2位:巨大な「降魔」の出現にコメント多数

(画像は「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会より)
(画像は「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会より)

 2番目に盛り上がったのは、巨大な「降魔」と「帝国華撃団・花組」が対峙するシーン(②14:16ごろ)

 帝都に来襲した「降魔」は1体のみだったが、非常に巨大かつすばやい個体となっていた。「帝国華撃団・花組」の面々が搭乗する機体に対し、3倍以上の大きさはあろうかという「降魔」は猛威を振るう。

 そのサイズ差が伝わってくる対峙シーンに「でかい」「デカ過ぎんだろ」と驚く反応が寄せられた。

3位:新オープニングテーマに「慣れてきた」コメントが!

(画像は「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会より)
(画像は「新サクラ大戦 the Animation」3話上映会より)

 3番目に盛り上がったのは、新オープニングテーマのイントロ後のメロディが流れるシーン(③01:54ごろ)

 シリーズおなじみのイントロ後が大きく異なる展開の新オープニングテーマ。

 第1話では、新曲にコメント欄が「!?」と驚きの反応で一色となっていたが、3話目にして聞きなれてきた視聴者たちからは「慣れてきた」とのコメントが書き込まれていた。

―あわせて読みたい

・アニメ『新サクラ大戦 the Animation』第2話の見どころを紹介。新たな「三式光武」が披露される胸熱展開!

・ペコリーヌに怒るキャルがツンデレかわいい! アニメ『プリンセスコネクト!Re:Dive』第2話の見どころを紹介

・かぐや様が策士すぎ! 久々にガチの頭脳戦が勃発!? アニメ『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』第2話の見どころを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アニメコメント分析」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング