ニコニコニュース

話題の記事

北九州市のド派手な新成人は「どんな美容室」で「どんなオーダー」をしているのか?現地の人気ド派手ヘアサロンに乗り込んで取材してきた【成人式】

気になるカット料金

──事前に伺っていた料金の情報をコチラでまとめてみました。

──正直どれがどんなヘアスタイルなのか分からないので、教えてもらえませんか。

MAC:
 ドレッドっていうのは基本的にはアフロをかけるんです。アフロをかける作業で2時間、3時間かかるんすよ。そっから編むのがドレッド。

ドレッド。画像はMACさんのInstagramより引用。

MAC:
 ブレイズはストレートのままで編めるんやけど、エクステをつけて三つ編みにする。ドレッドとブレイズの差は、アフロかかってるか、かかってないか。

ブレイズ。画像はMACさんのInstagramより引用。

MAC:
 コーンロウは三つ編みは三つ編みなんやけど、地毛をちょっとずつ取りながら、三つ編み作っていく。

コーンロウ。画像はMACさんのInstagramより引用。

──コーンロウは時間もかからないから、金額もちょっと抑えられるんですね。

MAC:
 そうそう。基本的には作業時間で金額を決めていますね。

──カラーアートはどんなものなんですか?

MAC:
 カラーアートは、ブリーチ、カラー剤だけで絵を描くんです。クリッパーアートになると、バリカンを使って切るんすよね。切ったあとにブリーチで抜いたりするんすけど。細かい絵になると「1ミリだけ色を残したい」とか、そういう作業になります。

カラーアート。
クリッパーアート。

──ちなみに「シャネル」のこの人は……。

画像はMACさんのInstagramより引用。

MAC: 
 クリッパーアートですね。客がシャネル好きやったんで。ヴィトンもしたことある。

一同:(笑)

MAC: 
 成人式でドレッドにする人は、12月ぐらいからお店に来だすんですよ。

──へぇー! どうしてですか?

MAC:
 
作ってから少し時間が経った方が格好いいんですよ。作りたてって、びしっと根元が見えるんです。その境目がちょっと消えるぐらいがいい。「前からやってましたよ」みたいな。

──作りたてより、馴染んでる方がかっこいい。

MAC:
 「この日に合わしてやっただろ」って言われちゃうからね。

──北九州市の成人式っていつ頃から派手になったか覚えてます?

MAC:
 2000年ぐらいかな。沖縄の成人式が派手やったやないですか。それを見て髪の毛派手にしちゃえ! みたいな感じでやりだしたのが最初なんです。沖縄が派手でワシャワシャしとるから、小倉も負けじと頑張りだして。

──じゃあ、2000年頃には、TRIBEにも派手な髪の毛にしてくれっていう若者たちが来てたんですか?

MAC:
 来とったですね。でも、成人式より先に夏祭りのほうが派手になっとったです。祭りで派手にやったから成人式でもやりたいみたいな。

カットに欠かせない「事前カウンセリング」

──MACさんのお店では、カットの内容を事前にカウンセリングするとのことですが、どんなことを話すんですか?

MAC:
 エクステ何本ぐらいつけるか決めて、色を決めて、金額ある程度決めて。それで終わりです。もう半分決まった状態で、残り半分は当日の気分で作っていく感じ。

──当日のライブ感に任せる感覚でしょうか?

MAC: 
 うん。完璧には考えない。カウンセリング受けた時点である程度の時間の枠を決めるんですよ。これ3時間で終わるな、4時間ぐらいかかるな、とか。

──じゃあ、カウンセリングはお客さんの要望をかなえるためでもあり、MACさんの工数の計算でもあるわけですね。

MAC:
 そうですね。だから、完璧に決めないです。編み込みもそのときの気分で編んでいく。

──カウンセリングの段階でお断りした要望なんかもあるんですか?

MAC: 
 断ることもある。前にあったのが、地毛がちょっとしかないのに、「エクステつけてリーゼントしたいんですよ」って。
 エクステでリーゼントって格好よくならないんですよ。あと金額が高くなるのが嫌で。単純に考えても6、7万円ぐらいいくんやけど、それだけもらっても格好よくならないから。

──「これはやりたくない」みたいなオーダーは、断るってことですね。

MAC:
 そうそう。中途半端になるのが一番イヤだからね。

成人式の当日は大忙し

──成人式当日も、もちろんお客さんはいらっしゃるんですよね?

MAC:
 30人ぐらい来るんかな。

──それは当日の朝早くからですか?

MAC:
 いやいや、式典の日の前日の朝からですよ。僕の店では前日の朝から大忙しですね。

──じゃあ、前日の朝にセットした人は、式が始まるまで崩れないように、どこかでおとなしくしてるんですか?

MAC:
 セットと言っても一般的なヘアーセットとは違って、うちは編み込みとか頭に模様入れるやつがメインだからね。そういうのはなるべく式の当日か前日にやらないと。

──バリカンを使う髪型は剃りたてピカピカの状態が1番きれいだからってことですか?

MAC:
 そうそう。

──成人式シーズンの売り上げが知りたいです。

MAC:
 年明けから成人の日までに250万円ぐらい売り上げた年がありましたね。5~6年前の話だったかな。

──10日間ちょっとでですよね。すごいです。

MAC:
 夜中だろうが、お構いなしにガンガン電話がかかってくるんですよ(笑)。

──今年の成人式は、何か面白いオーダーありましたか?

MAC: 
 今年は今んところ楽しみなのはおらんね、まだ。 
※取材は2019年12月

──来ないは来ないで、ちょっと寂しかったりするんでしょうか?

MAC:
 寂しさはあるかなあ。でも、「来んかなあ」と思ったら、大体ギリギリで飛び込みが来るんです。

──千手観音が来たのが12月28日ですもんね。

MAC:
 バカはギリギリでやってくる。

一同:(笑)

MAC:
 お利口さんは前もって予約取るけん。

──急に「アレやりたい! 」って思いついて電話するんでしょうね。

MAC:
 たぶん、彼らにはまだ火がついてないですよ。どうしようかな、どうしようかなって考えてる段階。で、ぽんって考えが浮かんで「うわー! TRIBE行こう! 」みたいなね。そんな感じと思うんですよ。

──衝動的な。

MAC:
 まぁでも無茶なオーダーはやってて楽しいですよ(笑)。ばかなこと頼まれると、自分も楽しくできるみたいで。

──口頭で髪型のイメージを伝えれば、あとはMACさんが考えてデザインしてくれるんですか?

MAC:
 そうだね。でも、イメージ通りじゃなくて、そのイメージの倍ぐらいインパクトのあるものを作りたいんですよ。

──おお! オーダーしてたのよりも、想像以上にすごいものが来たぞって。

MAC:
 そうそう。

──それは、完成したら皆さん喜びますよね。

MAC:
 喜ぶですよ(笑)。SNSに写真載せてるけど、イメージを超えられたやつしか載せてないよ。

今までで一番大変だった髪型

──今までやった中で、一番大変だった髪型って何ですか?

MAC: 
 フィッシュボーンっちゅうのがあるんですよ。NBAのアイバーソン選手がやってた髪型で。

──これですか?(写真を見せる)

MAC:
 そうそう。これ、編み込みを230本ぐらい作ったんですよ。1列編むのに3時間かかってる。半分までいくのに10数時間かかっとうけ。

──10時間も! その間お客さんはどう過ごしてるんですか?

MAC:
 テレビ見て、座っとくね。

──終わるまで帰られないんですか。「続きは明日」とかではない?

MAC:
 もう一気にやってしまわんと、テンションが持たないんですよ。 何日かに分けることも出来るんですけどね。だから、自分の勝手です(笑)。

──じゃあ、もうお店に1日、このお客さんだけっていう感じですよね。

MAC:
 そう、だから、金額にするとやっぱり20万円ぐらいになっちゃう。でも、「値段が高いからしたくない」だったら、ほかんとこ行ってしたらいい、できる人おらんよ。

──それだけ時間がかかってれば、見合った金額になるってことですよね。

MAC:
 これを3万でやってくれる人がいたとしても、それなりの仕上がりにしかならないんじゃないかな。

──TRIBEと同じようなヘアスタイルが出来るお店もあったりするんですか?

MAC: 
 ありますけど、レベルの高い店は日本でも3店舗ぐらいだと思っています。やっぱり、人マネのオリジナル感がない店が多いよね。

 コーンロウとかでも、一番難しいのって真っすぐ編むことなんですよ。曲げてしまうと、デザイン的にどうとでもなる。真っすぐ編めてる写真を載せてる店、ほとんどないですもんね。

──街でまっすぐのコーンロウ探しちゃいそうです。 

MAC:
 なかなかおらんですよ。6本ぐらいのコーンロウやったら、数ミリ程度ずれても形になるんですけどね。12本ぐらい並べるとなると、1カ所だけぼーんと太くなっとったりする人もいます。

──髪の量と合わせて均等に編んでいかなきゃいけない。

MAC: 
 そうそう。だけん、真っすぐ編むときは気合い入れますね。

──本領発揮ですね。コーンロウとかブレイズじゃない、いわゆる一般的なカットもやってくれるんですか?

MAC:
 普通のお客さんも来ますよ。 割合で言えば特殊カットと半分ぐらいかな。

──その割合は昔から変わらずですか?

MAC:
 いや、昔より特殊な髪形をオーダーするお客さんは減ってるね。今は祭りでも派手なヘアはダメなんですよ。

──どういうことですか?

MAC:
 小倉祇園太鼓って小倉の祭りがあるんですけど、昔は祭りの3日間、金髪にしたり、色入れたり、ドレッドしたり、編み込んだりして出てたんです。今はそういう髪型にすると祭りに出れない。お酒も禁止になったんです。それで今、若い子が祭りに行かなくなったんですよね。

──祭りが荒れちゃったから禁止、ということなのでしょうか。

MAC:
 喧嘩とかいらん事する人がいるからね。 夏は昔に比べて暇になりましたよ(笑)。

──なんとも修羅の国感あるエピソードで(笑)。

<了>


【店舗情報】
TRIBE 本店
福岡県北九州市小倉北区弁天町3-15
南小倉駅から徒歩2分 バス停・清水交差点・下車徒歩2分

ご予約はコチラから

お店で「記事を見た」と言うと、TRIBEオリジナルステッカープレゼント!
(数に限りがございます。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「インタビュー記事」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング