ニコニコニュース

話題の記事

“魚が美味しい居酒屋”の見極め方、知ってた? 「日本さかな検定1級」所持者がアツく語る「こんな刺身を出す店には行くな」

 今回紹介したいのは、さかなでのみましょうさんが投稿した『刺身が●●な店には絶対行くな!魚がマズい居酒屋を見分けるポイント』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

※東京の繁華街(新宿、渋谷など)のエリアをイメージしています。 また、動画内での評価は個人の見解です。


 日本さかな検定の1級を持つマツイくんと、そんなマツイくんの魚食文化熱にシンパシーを抱くナベさんが“魚料理の美味しいお店”の選び方について語ります。

 お店選びで「ぐるなび」や「食べログ」などで画像を見た際のポイントからはじめます。

 ここに美味しそうな刺し盛の画像があります。

 しかし「もうアウト!」と厳しいマツイくん。

 5点盛りを頼んでこの5種類だったら完全にアウトで、魚料理は頼まない方がいいお店とのこと。理由は、画像の「ホタテ、サーモン、マグロ、タコ、甘えび」は冷凍ものと養殖ものだからだそうです。

 冷凍や養殖が悪いわけではなく、美味しいし素晴らしい技術。ただ、日本には何千種類も魚がいるのに何故その5種類なのか。すでに切ってあり、盛り付けるだけの冷凍もののお刺身もあるので、それなんじゃないかと勘ぐってしまうそうです。

 こんな刺し盛を出すお店の店名に「魚」が付いていたりするとか。

 ということで、「魚種で選べ!」とマツイくん。

 さらに「旬を入れてほしい」と。

 養殖物の良さはどこでどう食べても同じ味なこと。基本的に美味しい。でもお魚料理を、と行ったお店で出たらがっかりしてしまいます。

 ネットでお店を調べる際について「どういうところがポイントなの?」と尋ねるナベさんへ、「まずは刺し盛を見てください」とマツイくん。生の貝や牡蠣などが入っているとポイントが高いそうです。

 生の貝は日持ちしないので毎日仕入れている可能性が高く、生の牡蠣は温度管理の知識があるということで信頼できます。

 また、刺し盛に技があるお店もいいそうです。

 季節のあしらいで花が乗っていたりすると「お~乗ってる~!」となると笑顔を見せるマツイくん。

 こういうお店の特徴は、過剰な演出をしていないこと。炙りしめ鯖ボーン!とか、ドライアイスがモワ~ッとかはないそうです。

 SNSで「今日はこんな魚入荷しました」という発信をしているお店もすごく信頼性が高いとのこと。

 1つの魚種で違うメニューを出していたりと、魚のメニューが多いお店も色んな努力をしているのでオススメ

 そのお店の画像を検索して、毎回刺身の盛りの違う写真が出てくるお店を「最高だよね」とナベさん。

 そんなお店には「すぐ行く!」と楽しそうなお二人でした。

視聴者のコメント

・まあわかる
・それを言っちゃあw
・タメになったわ~
・面白かった
・参考になります

▼動画はこちらから視聴できます▼

刺身が●●な店には絶対行くな!
魚がマズい居酒屋を見分けるポイント

―あわせて読みたい―

玉ねぎ炒めも放置で楽チン⁉︎ 水も油も使わずに作る「サバ缶キーマカレー」が美味そうすぎる

釣り is 格闘技…? バスを狙ったはずが、主級の鯉をヒットしてしまった釣り人の“バトル感”がすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「生活」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング