ニコニコニュース

話題の記事

今期見逃せないアニメは? 2019秋クールおすすめタイトル8選。バトルアニメが豊富で心が躍るクールになりそう!

 2019年も10月に突入し、間もなく秋クールが本格スタートしようとしている。

 新しいアニメが始まることにワクワクが止まらない時期ではあるが、同時に“今期はどのアニメを見よう?”と、悩ましい日々を過ごしている方も多いだろう。

 そこで本記事では、今期見逃せない注目アニメをピックアップ。今回は、“心が癒される萌えアニメ”、“胸が熱くなるバトルアニメ”の2軸にわけておすすめタイトルを紹介していこう。

心が癒される萌えアニメ4選

1.『ぼくたちは勉強ができない!』

(画像は『ぼくたちは勉強ができない!』PVより)

 2019春クールにも放送された『ぼくたちは勉強ができない』が秋クールにて帰ってきた!

 原作は「週刊少年ジャンプ」で連載されているラブコメ漫画。学園が誇る3人の天才美少女達の志望大学合格のため、教育係に就任した成幸は、得意科目以外ポンコツな彼女達を導くことに。

 1期では、うるかを覗いたメンバーが成幸との“恋”を意識してそう(?)な様子まで描かれていたが、2期となる今回はそんな青春真っ盛りの彼女達が、成幸とどんな絡みを見せていくのか!? 萌えまくれること間違いなしのタイトルだ。

文系の天才美少女“古橋文乃”。天文学の道を志しているが数式を見るだけで頭が真っ白になる模様。
(画像は『ぼくたちは勉強ができない!』PVより)
理系の天才“緒方理珠”。アナログゲームが好きだが、相手の感情が読めず、対人戦では最弱。好きなゲームで人の感情を理解し、勝利するために心理学を志望している。
(画像は『ぼくたちは勉強ができない!』PVより)
水泳の天才“武元うるか”。スポーツ推薦に英語が必要となってしまい、教育係の成幸に教わっている。中学の頃から成幸を異性として意識している。
(画像は『ぼくたちは勉強ができない!』PVより)

▼1話上映会は10月7日(月)22時より▼
「ぼくたちは勉強ができない!」1話上映会

2.『私、能力は平均値でって言ったよね!』

(画像は『私、能力は平均値でって言ったよね!』PVより)

 JKだった主人公が、マイルという12歳の美少女に転生、第2の人生を歩んでいくというお馴染みの“異世界転生モノ”となっている本作。元の世界のとある経験から平均的な能力を欲し、普通の幸せを求めようとする彼女なのだが、実際にはそうはいかず……? 

 そんな本作では、マイルと共に歩む3人の美少女キャラクター達に注目してほしい。というのも、3人がそれぞれツンデレ、おねにいさま、温和でたわわなお姉さんといったさまざまな属性を堪能できる。

 PVからも“癒し”しか感じないので、本編の癒され度は相当なハズ! 萌えアニメ愛好家なら絶対見逃せない!!

ハンターランクEの魔術師、通称“赤のレーナ”。15歳。厳しく見える態度は相手を思いやっての行動という典型的なツンデレ属性を有する。
(画像は『私、能力は平均値でって言ったよね!』PVより)
騎士の家に生まれたメーヴィス。17歳。父と兄弟の姿を見て育ったため、立派な騎士になろうとしている。外見のせいか男性と間違われる。
(画像は『私、能力は平均値でって言ったよね!』PVより)
ポーリンは魔術師志望の14歳。おっとり温和な雰囲気の女子で、反則級のたわわの持ち主。商家に生まれたため、お金のチェックは厳しめ。
(画像は『私、能力は平均値でって言ったよね!』PVより)

3.『ライフル・イズ・ビューティフル』

(画像は『ライフル・イズ・ビューティフル』公式サイトより)

 現時点(記事執筆時)でPVが公開されていないため、アニメ描写を見ることは叶わないのだが、原作漫画がニコニコ漫画で読むことができたので、チェックしてみたところなかなかに萌え度のポテンシャルを感じる作品だった。

 作品の内容は、ビームライフル競技と女子高生を組み合わせた4コマ漫画で、序盤のストーリーを見る限り日常系のほのぼのアニメとして視聴できそうだ。

 本作で注目してほしいのは、アニメーション制作が“Studio 3Hz”であるという点だ。『プリンセス・プリンシパル』、『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』と、美少女ならびに銃が絡むアクション作品を過去にも制作している、言うなればその道のスペシャリスト。前情報じたいは少ないが期待したいタイトルだ。

4.『放課後さいころ倶楽部』

(画像は『放課後さいころ倶楽部』PVより)

 複数のプレイヤーでワイワイ楽しむボードゲームを題材とした本作。メインキャラクターは4人の女子高生で、彼女達がさまざまなボードゲームを通じて、仲間達との友情を深め、成長していく青春ストーリーが描かれる。

 そんな本作の売りは何といっても登場するボードゲームが実在するものであるという点だろう。つまり、本作を通じてボードゲームの遊びかたを学び、登場キャラクター達のようにボードゲームに触れることもできる。

 登場する美少女たちはかわいいし、ボードゲームのワクワク感はハンパないし、非常に楽しみなタイトルだ。

▼1話上映会は10月6日(日)24時より▼
「放課後さいころ倶楽部」1話上映会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「アニメ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング