ニコニコニュース

話題の記事

“肉眼では見えない赤外線LEDキューブ”を全力で作った…? カメラを通さないと見ることすら出来ない作品に「達成感あるな」の声

 今回紹介するのは、ぽんずさんが投稿した『目に見えない赤外線LEDキューブを作ってみた』という動画です。再生数は6万回を超え、「ニコニコ技術部」カテゴリランキングで最高で1位を記録しました。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

見えねぇ


 肉眼では見えない作品に全力を注いだ動画が話題です。赤外線LEDキューブを制作、大電流化やリモコン化などの改造を施しました。肉眼では見えないものに、高度な技術を大量投入しています。

 赤外線LEDの光は、肉眼では見ることができません。しかし、カメラで撮影すると見ることができます。このLEDを使ってキューブを作りました。

 10mAで光らせたところ、LEDが薄暗かったため150mAに改造。トランジスタアレイを使ったり、LED電源用にDC-DCコンバータを積んだりしています。

 LEDは光が拡散するように、表面をやすりで削ります。

 赤外線LEDは、よくリモコンに使われています。動画投稿者は“せっかくなので”とLEDキューブを赤外線リモコンにしてしまいます。まったく仕組みはわかりませんが、部屋の電灯を明るくしたり、暗くしたりできています。

 ネタとしておもしろいかなと作り始めた赤外線LEDキューブですが、本当に何も見えず、作っていて悲しくなったそうです。見えないにも関わらずかけた情熱に「なぜベストを尽くしたのか」などのコメントが寄せられました。

視聴者コメント

愛すべき馬鹿
達成感あるな!
草生えるわwww
こういうの大好きw
なかなか面白いじゃん

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

目に見えない赤外線LEDキューブを作ってみた

―あわせて読みたい―

実際に演奏できる! ディテールを追求した“紙製”グランドピアノが圧倒的なリアリティを持って完成

“奴隷がぐるぐる回すヤツ”を3Dプリンターで作ってみた。努力が全く報われない赤ロボットに「これが社会の縮図」と同情の声集まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ニコニコ技術部」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング