ニコニコニュース

話題の記事

新作アニメを全て視聴する人は0.4%! ニコニコアニメ国勢調査アンケートから見るアニメ視聴者の生態

 2019年2月20日20時より、ニコニコ生放送にて『Nアニメ運営生放送』が放送された。

 番組では、ニコニコ代表の栗田穣崇氏、ニコニコのアニメ企画を担当する田村和也氏、情報サイト“Nアニメ”のサイト担当の指田みなと氏の3名が前回に引き続き登場。

 Nアニメというサイトを改めて知ってもらうための紹介を行うとともに、これまでの運営の裏話、ニコニコアニメ国勢調査といったコーナーも展開された。

左から、栗田穣崇氏、田村和也氏、指田みなと氏。

▼Nアニメ運営生放送(2話)のタイムシフトはこちら▼
第2話 アニメを語ろう『Nアニメ運営生放送』

運営の皆さんの仕事に着目

 運営の仕事にスポットを当てるコーナーでは、実際に運営の中の人がどのような仕事をしているかを紹介。

 ”ドワンゴ会社員田村さん”、“隣の指田さん”と題し、出演者2人のおもな仕事内容について触れられた。

ニコニコ超会議2019

 2019年4月27日・28日実施予定のニコ超2019の準備を進めている田村氏。前回のニコ超では『ポプテピピック』や『干物妹!うまるちゃんR』関連ブースを展開。

 こちら裏話として、”もちかえれる竹書房”が高さという点で消防法に引っかかりそうになり、修正をしていたことが語られた。

 ニコ超2019でもアニメの世界を体感でき、来場者が楽しめる体験型ブースを仕込み中。加えてステージイベントも準備中とのこと。

カスタムキャスト

 スマートフォンで配信中のアプリ『カスタムキャスト』に関しても取り組んでいる田村氏。

 様々なアニメ作品とのコラボレーション展開が進む本作では、『けものフレンズ2』、『幼女戦記』とのコラボが開催中であることが告知された。

アニメ情報のじかん by Nアニメ

・番組名:アニメ情報のじかん by Nアニメ
・初回放送:2019年2月27日21時30分~

▼七海えみなちゃん出演の番組はこちら▼
アニメ情報のじかん#01 by Nアニメ

 指田氏の仕事として紹介されたのは、2019年2月27日より放送がスタートする新番組『アニメ情報のじかん by Nアニメ』。

 この番組ではVTuberのえみなちゃんがアニメ情報をお届けしていくとのこと。

 ちなみに、えみなちゃんは指田氏がベースを、栗田氏が仕上げを担当。「8歳という年齢設定にほっこりしてもらいつつ、幼稚園の先生という職業設定にバブみを感じてもらいたい」というのがコンセプトらしい。

 また放送内のアンケート機能にて、えなみちゃんの名字や靴下やアホ毛などのコーディネートが行われた。結果、

靴下は二―ソックス
アホ毛は短めのが2本
ネイルはなし
苗字は七海

に決定。完成したえみなちゃんの活躍は「アニメ情報のじかん」でお楽しみに。

運営の裏話

 また、出演者の2人だけではく、Nアニメ公式Twitterの中の人について語られるシーンも。

 ここでは普段はあまり明かされないTwitter運用の体制やルール、中の人がどのような点を注意してツイートしているかなどが紹介された。

・Nアニメ公式Twitterは5~6名によって運用。一挙放送や上映会の告知、特番、Nアニメサイト上での新情報、コラボ・プレゼント企画などをツイートにて展開。

・ツイート投下までのフローが細かく、ルールに沿って仕込み・確認を実施。間違えのない正しい情報のツイートを心掛けている。

・中の人の1人“Iの3”さんの手紙:同じ言い回しやボキャブラリーの枯渇に苦労している。拘りは作品に優劣をつけない、絵文字無し、1つのツイートで作品を理解してもらえるように工夫している。頑張ったツイートはニコニコ式センター対策とのこと。

・中の人の1人“Iの4”さんの手紙:やりがいを感じる時は、告知解禁のタイミングでいち早くツイートを投下できた時。皆さんにいち早く情報を伝えるためにこれからも努力していきます。

2名の手紙を代読する田村氏。

ニコニコアニメ国勢調査

 ユーザーの皆さんの意識調査と題し、これまでNアニメで実施してきた様々なアンケートとその結果が番組中に公開。

 「普段何でアニメを見ているか」「新作アニメを平均何作品見るか」など、アニメ視聴者の生態に迫るアンケート結果が発表された。

アンケート1:普段、アニメを何で視聴していますか?

 視聴媒体について、1位のPCの多さに驚く出演者。組み合わせの1位に関しては指田氏曰く「大画面で見たい」という気持ちはわかるとのこと。

 ちなみに栗田氏と田村氏もPCでの視聴が多いらしく、栗田氏に至っては3~4窓に分けて視聴しつつ、同時進行でスマホゲームもプレイしていることが語られた。

アンケート2:普段、アニメの情報を何で調べていますか?

 情報収集の1位はTwitterという結果に。情報がタイムリーに流れてくるだけでなく、フォロワーとの意見交換もやりやすいのが要因なのではとコメントする指田氏。

 違うアンケートでも情報収集系ではTwitterが上位に来ることが多いことを田村氏が補足しつつ、Nアニメの公式Twitterも引き続き注力していきたい旨を明かした。

アンケート3:新作アニメを1クール(3ヶ月)の間に平均で何作品視聴しますか?

 1クールの視聴アニメ数の結果が表示されるや栗田氏は「31作品以上って本当!?」と驚愕。田村氏も同意しつつ「凄いですね」とコメントしていた。

 ちなみに出演者の視聴数に関して、指田氏は11~15作品、栗田氏と田村氏は5~7作品らしい。

アンケート4:新作アニメの中から、どの作品を見るかを決める際の決め手は何ですか?

 新作アニメの作品視聴理由について、1位の直感という結果に驚愕する出演者達。この直感に関して分析した田村氏は「ずっとアニメを見続けることで何かが養われているのでは?」とコメント。

 なお、新作アニメに関して田村氏は放送開始前に原作があるものは必ずチェックしてから視聴しているとのこと。

アンケート5:アニメ本編に関連したコンテンツや商品の中で購入したり参加したりするものはありますか?

 関連コンテンツに関しては上記のとおりとなった。こちらではニコニコの利用者に地方勢が多いという点から、コラボカフェ、イベントやライブなどに参加するといった結果に注目。

 地方の方にもしっかりと情報を提供していく姿勢でこれからも臨んでいきたいと語る栗田氏。

アンケート6:2018年に放送されたアニメの中で、あなたが一番好きなアニメ作品は何ですか? また、その理由も教えてください。

 “アニメ総選挙2018年間大賞”とは別に実施されたアンケート結果を公開。3強のタイトルは変わらずだが、『宇宙よりも遠い場所(よりもい)』と『ゾンビランドサガ』の順位が逆転する形に。こちら、アンケート回答者のコメントも以下のように発表された。

・『よりもい』:「1クールアニメの完成形を演技・演出などから垣間見た」「毎回の盛り上がりが最後まで続くことに驚いた」「笑いあり、涙ありの素晴らしいアニメ」

・『SSSS.GRIDMAN』:「かっこいい」「ロマンが詰まっている」「新鮮なのにどこか懐かしい」「女の子のスカートがやる気ある短さだった」

・『ゾンビランドサガ』:「意外性や驚きが満載だった。聖地巡礼もしたい」「とがった部分を長所にしていた」

アンケート7:好きな声優はいますか? いる場合は、好きな声優の名前を教えてください。

 好きな声優に関するアンケートについて。順位よりも回答として挙げられた声優の人数(全250人)に驚く声も。ちなみに、栗田氏は『エンゲージプリンセス』という作品にも携わっていて、キャスティングの参考になると上記結果に喜びをあらわにしていた。

アンケート8:カラオケでアニソンを歌いますか? 歌う場合は、よく歌う曲名を教えてください。

 アニソンを歌うか?というアンケートに対して、歌うと答えたユーザーの回答曲数が171曲という結果に。これらのほとんどが前年号の曲になること信じられないといった反応も見せていた。

 放送で発表されたアンケート結果は以上。なお、上記を含む全てのアンケートの結果はニコニコインフォにて公開中なので、気になるユーザーはぜひチェックしてみてほしい。

・「Nアニメ運営生放送 事前アンケート」結果詳細

▼Nアニメ運営生放送(2話)のタイムシフトはこちら▼
第2話 アニメを語ろう『Nアニメ運営生放送』

無料アニメや最新情報は「Nアニメ」をチェック

ーNアニメ運営生放送関連記事はこちらー

おっ○い毎日放送企画がボツになった理由は「理解が及ばなかった」ニコニコアニメ担当が明かす”いまだから話せるアニメ企画の裏話”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「アニメ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング