ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

「白人コンプレックスが原因じゃない」日本のアニメや漫画のキャラが白人顔になる理由

 岡田斗司夫氏による毎週日曜日配信のニコニコ生放送『岡田斗司夫ゼミ

 4月23放送分「質問回答SP」では、視聴者から質問を募集。「日本のアニメや漫画のキャラはなぜ白人顔なの?」という疑問に回答した。


「日本のアニメや漫画のキャラはなぜ白人顔なの?」

岡田:
 外人さんからみたら、特に欧米の人から見たら、日本のアニメやマンガのキャラクターは、白人みたいにみえる問題というやつですね。

岡田:
 「美人とされるアニメキャラは、白人の人種形質を持つ。」という研究なんですけど、本当の日本人、アニメの中の日本人、正面から見ても体型が違う。よく言われるんですけど、日本人の胴回り、女の子の胴回りというのは、ワコールの研究によると長方形なんですね。

 それに比べて白色人種というか欧米人というのは楕円形なんですよ。なので日本人の胸板っていうのは、どうやってもウエストがスリムに見えにくいということがあります。

 日本人というのは背骨が真っ直ぐ、アニメの中の日本人というのは背骨がS字になっている。つまりみんな白人コンプレックスみたいなものがあって、白人っぽく描いてるんじゃないか? という指摘が多いそうです。

岡田:
 日本人と白人の顔つきの差というのを、例えば目と眉の間が狭い、目と眉の間が広いという白人と日本人の差は、こういうふうにあるんですけど、アニメキャラとか見たら全部白人ぽく描いているよ。

 言われてみればその通りなんですよ。じゃあなんでそうなのか。本当に白人コンプレックスがあるからなのかというと、僕が考える仮説は違います。実はですね、欧米の人たちが見えるような人種的な特質というのか、癖というのが、僕らには見えないんですね。

 例えばアジア人というのは目が細いとか、肌の色が黄色いと言われるんですけど、僕らにはそういう風には見えてないんですよ。日本人にも色白という言葉があるんですよ。

意図して白人ぽく描こうとしている訳ではない

岡田:
 何かっていうと、日本人の色の、肌の色の範囲で白いか黒いかが問題なのであって、世界基準のような白い黒いという話は僕らはしてないんですね

 鼻が高いというのは、日本人の鼻の範囲の中で高いか低いかであってですね、欧米のようなドイツ系トルコ人とか、どっちでもいいですけど、そういうふうなことがごく自然と描いてこれる人っていうのは、人種が混ざっている国、環境に住んでいるんですね。

 そういうふうな環境に住んでいる人たちは、人種ごとの差が気になるんですね。つまりアフリカ系だから髪の毛がちりちりだって、考えるんですけど、僕ら日本人は、日本人の中、東洋人の中でのくせ毛とかそういうものを考えるだけなんですね。

 でも日本に住んでいるのは、90何%が東洋人なので、人種ごとの差ではなくて、東洋人の範囲の中の差をマンガの中で描いているだけなんですよ。だからマンガの中のキャラクターが白人ぽく見えるのではなくて、東洋人の中で主役っぽい顔を描いていくと白人的な特徴に見えるだけなんですね。

岡田:
 それがなんで、白人的な特徴なのか黒人的な特徴なのか、メキシコ人的な特徴じゃないのかといわれても、僕ら日本人は日本人の黄色人種の顔の配列の中で描いていったら、勝手にそうなってしまう。その絵柄も手塚治虫の頃から、ずっと一定というわけでなくて、ブームによってどんどん変わるわけですね。別に外国の白人の女の子が、萌えキャラみたいな顔をしているとは誰も思わないわけですよ。

 なので、あくまで同じ人種ばっかりが周りにいて、その中での差異を描いてしまうので、どうしても東洋人を描いているように見えないというのが、回答だと思います。

この記事に関するタグ

「アニメ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング