話題の記事

連続で何個も練れる「ねるねるねるね」装置のガチ度がすごい! タブレットから遠隔起動するなど高度な技術をぜいたくに使用

 今回紹介するのは、シンカイデジタルトランスポートさん投稿の『ねるねるねるね専用装置』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

装置は、うp主とうpの先輩で開発をしました。
うp主は、ハード・エレキ・ソフト(マイコン)を、先輩は、ソフト(Linux・バックエンド・効果音の作成)を担当しています。


 連続で練れる「ねるねるねるね専用装置」を投稿者のシンカイデジタルトランスポートさんが制作しました。「ねるねるねるねガチ勢」「努力の方向音痴」と称賛されています。

 コーヒーで一服しているところに、おもむろに装置を持ってきました。お菓子を練るだけにしては、結構な大きさです。

 まずは、装置に粉をセットします。1ばんの粉と、2ばんの粉をそれぞれのケースに入れます。

 ケースを装置にセットします。

 水を入れたペットボトルにホースを差し込みます。ペットボトルごと装置にセットします。

 しかくカップを切り離したトレーを本体にセットします。

 タブレットからスイッチオンします。スタートボタンを押し、「ノーマル」か「マイルド」を選択。「LET’Sねるねる」を押すと、装置が動き始めます。

 「ねるねるねるねるねるねるねーるね」との歌が流れ、トレーとコップが移動をはじめます。コップには粉が、トレーには水が投入されます。

 トレーに水を入れ終わると、カップが逆さまになりダイナミックに粉を投入します。

 輪っか状のアームが回転し、撹拌が始まります。トレーの位置を動かしたりするなどして、均一に混ざるように工夫がされています。

 アームで粉を混ぜている間に、カップは2ばんの粉を受け取ります。

 2ばんの粉をトレーに投入。混ぜると色がピンクに変わり、ふくらんできました。

 完成です。アームがトレーから離れ「テーレッテレー」との音が元気よく鳴ります。トレーを入れ替えれば、そのまま2回目が始まります。連続でどんどん作れます。

 はみ出しているところはありますが、けっこうきれいにできています。機械立てのねるねるねるね。味の感想は「うまい!」の一言でした。

 ねるねるねるね専門店でも開業するつもりなのだろうか……というほどに高度化したマシンです。なのに、さらにIoT化を進めているとのこと。家の外から操作できるように開発しているんだそうです。

視聴者コメント

おもむろに取り出すにはデカすぎる。
最初に見たねるねる装置と比べるとガチすぎるw
まさかの遠隔機能www
うp主は組み込み屋さんか何か?
汎用性が有りそう。後ねるねるへの愛を感じるwww

文/高橋ホイコ


▼動画はこちらから視聴できます▼

ねるねるねるね専用装置

―あわせて読みたい―

「ねるねるねるね」を練らずに作る装置が画期的! ついに登場した発明に「なん…だと…」「お前が回るんかーい!」

これぞ“VIP仕様”のねるねるねるね⁉ 「大人のねるねるねるね」を高級レストラン風に盛り付けてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「ニコニコ技術部」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング