話題の記事

誰でも人気コスプレイヤーをキヤノン最新カメラで撮影できる! コスプレイベント「acosta!」カメラマンもレイヤーも無料で楽しめる特設ブースをご紹介

※この記事はキヤノンマーケティングジャパン株式会社の提供でお送りします。

 9月10日、11日の2日間。池袋サンシャインシティは色とりどりの衣装に身を包んだコスプレイヤーと、その姿を撮影するカメラマンで大きな賑わいを見せていた。
 この日は、東京・池袋の東口ほぼ全域を巻き込んだコスプレイベント「acosta!」が開催されていた。

 このイベントの特徴は、なんと言ってもその規模感の大きさ。
 コスプレイベントはホールや公園を貸し切って、限られたエリア内でコスプレするものが多いが、「acosta!」はサンシャインシティを中心に一部のゲームセンターや飲食店など池袋東口一帯のさまざまな場所でコスプレを楽しむことができる。

 「acosta!」のキャッチコピーは「撮れる! 遊べる!」。その言葉通り、プロカメラマンによる撮影サービスなども楽しめるようになっている。
 カメラやプリンターなどでお馴染みのキヤノン(Canon)は体験型のブースを出展した。キヤノンは「コスプレ文化を盛り上げていきたい」という想いから、長らく「acosta!」などのコスプレイベントに参加している。

 今回の「acosta!」では、プロカメラマンによる撮影や、キヤノンの最新型カメラを借りて人気コスプレイヤーを撮影できるサービスなどを提供。そのブースの模様をコスプレ写真と共にお届けする。

 

誰でもプロカメラマンに無料で撮影してもらえるサービス

 コスプレイヤー向けに用意されていたのが、サンシャインシティ4Fの展示ホールで行われていたのはプロカメラマンによる撮影サービス。
 参加料金は無料、整理券を受け取った人であれば誰でも利用可能となっている。撮影してもらったデータは後日受け取ることができるというシステムだ。

 撮影場所の背景はホワイトペーパー。大人数の撮影でもスピーディーに綺麗に撮れるよう、カメラマンが4灯ものスタンドライトを用意していた。
 カメラマンは被写体をより魅力的に写すために、リラックスできるような会話をしたり立ち位置をアドバイスしたりと、ステキな写真を撮影するために声を掛けながら撮影していた。

 『ヴィジュアルプリズン』のコスプレをしていた利用者のめびなさんここりんさんは「プロに撮影してもらうことはなかなか無いので」と利用してみたそう。
 『ウマ娘』のコパノリッキーのコスプレでサービスを受けたすいさんは「もともとこのサービスがあることは知っていて、このためにリッキーちゃんの衣装を作りました」と話してくれた。

 『ツイステ』(ディズニー ツイステッドワンダーランド)のコスプレで参加したアイさんわぁるどさんに話を伺うと「普段はコスプレをあまりしないため、撮ってもらうことに慣れていないのでドキドキしました(笑)。」と口に。
 ソーシャルゲーム『#コンパス戦闘摂理解析システム』より、零夜のコスプレをしていた麻耶さんは「キャラクター特有のポージングとか、自由にやらせてもらえてよかったです!」と満足げな様子で語っていた。

最上位機種を借りて人気コスプレイヤーさんを撮影

 コスプレイヤーだけではなく、カメラマンも楽しめる「EOS R SYSTEM 試用貸出体験」ブース。
 こちらは最上位機種のEOS R3を含むキヤノンの最新カメラ全5機種RFマウントのレンズ15種以上の中からひとつを借りて、人気コスプレイヤーさんを撮影できるというコーナーだ。この日は、コスプレイヤーのえい梨さん、伊波ユリさん、桃兎ももさんの3名を撮ることができた。

 ここでは2420万画素のAPS-C機・EOS R10を借りて、伊波ユリさんを撮影したカメラマンに話を聞いた。「AF(オートフォーカス)の性能がいいので、誰でも人物を撮りやすい」と驚愕した様子。
 このように普段からカメラに慣れ親しんでいる方でも新たな機種を試して遊べるほか、コスプレイヤーさんが軽々とポージングを決めてくれるため撮影初心者の方でも十分に楽しめるブースになっていた。

キヤノンEOS Rシリーズをじっくり触って購入の参考に

 「EOS R SYSTEM ハンズオン」ブースでは、キヤノンのEOS Rシリーズをじっくりと触ることができる。

 最新機種を手に取った参加者の方々は「意外と軽い」「重そうに見えるけど手に馴染む」などカタログスペックだけではない新たな発見もあったようで、驚きの声をあげる人が続出していた。
 スタッフが常駐しており、来場者の質問に対して丁寧に説明をしている様子も印象的だった。

ミニフォトプリンターでコスプレ写真をシールに!

 ミニフォトプリンターを体験できるブースでは、「iNSPiC」などのミニプリンターを使ったシール作成ができるようになっていた。

 ミニフォトプリンターは、持ち運び可能なサイズながらも、フィルターで色を重ねることにより鮮やかな発色のシール作成が可能になっている。専用アプリと連動すれば加工した写真を印刷できるので、コスプレイヤーの方でも非常に使いやすいだろうと思う。
 例えば、併せ(ふたり以上で同一作品などのコスプレをすること)で記念に1枚撮っておきたいと思った時、その場でシールを作成して複数人でシェアすることもできる。

池ハロでもカメラマンのためのイベントを企画中!

 10月29日から30日に行われる「池袋ハロウィンコスプレフェス2022」でも、キヤノンはコスプレ文化を盛り上げるための催し物を企画!

 キヤノン製の最新機材を無料貸し出しして人気コスプレイヤーを撮影できる「ガチ撮影エリアSupported byキヤノンマーケティングジャパン株式会社」では、紗愛さん、本田夕歩さん、あまねるみさん、猫田あしゅさん、YuiRiさん、まおとさんが出演予定。

 また、キヤノン製の最新機種を触れるコーナーも設置予定。普段なかなか触れない機種を触ったり、キヤノンの社員さんにカメラ選びの相談も可能となっている。
 気になっている方は、ぜひ池ハロにも足を運んでみてほしい。

Infomation

池袋ハロウィンコスプレフェス2022
開催日時:2022 年10月29日(土)・30日(日)
両日10時~18時 ※会場によって開催時間が異なります
ステージ11時~16時30分/更衣室利用9時~18時 
※チケットにより利用時間が異なります。

公式サイトはコチラ 

公式Twitterはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「コスプレ」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング