話題の記事

ずんだもんが自分の演技に追従して動き、笑い、涙目になる立ち絵登場! VTuberの仕組みが使えるモデルが動画制作に便利そう

 今回紹介するのは、しゃちくさん投稿の『【立ち絵配布】ぬるぬる動くずんだもんVtuberモデルを解説します【VOICE VOX実況】』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

みんな大好きずんだもんのVtuberモデルをつくりました。
これで誰でもずんだもんになれるのだ!
動画ではVOICE VOX実況の立ち絵として使用するための導入手順・操作方法・録画方法を解説します。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 しゃちくさんが、ずんだもんの立ち絵を制作し公開しました。この立ち絵、自分で演技して動かすことができます。

 ゆっくりムービーメーカーといったツールを使って動画に立ち絵を入れる場合、表情を豊かにしようとするとセリフごとにパーツを選んだりと時間がかかります。そこでVTuberと同じような仕組みを使って作業を楽にしようと考えました。

 Vモデルとなったずんだもんは、かわいくぬるぬる動いています。

 顔は左右45度、上下は30度程度動きます。首を傾けることもできます。

 目線もかなり追従します。目のパチパチに反応して、耳がピコピコします。目を見開くと黒目が収縮。びっくりしたような表情が作れます。

 キーバインドで、「赤面」「キラキラ目」「ハート目」「バッテン目」「ハイライトオフ」「白目」「青ざめ」「涙目」「涙を流す」といった表情を作れます。

 ポーズもキーバインドが当てられていて、「腰に手を当てる」「腕を上げる」「ジャンプ」といった動作ができます。

 モデルを使うために必要なソフトウエアは「VtubeStudio」。課金をする必要が出てくるかと思われます。

 全体の流れとしては、VTubeStudioで立ち絵をトラッキングし、その立ち絵の映像をOBS Studioで録画。動画編集ソフトで背景映像とクロマキー合成します。

 慣れてしまえばとんでもなく楽に作業ができるそうです。動画では、導入方法や、リップシンクの設定、録画の方法についても、詳しく解説しています。

視聴者コメント

天才のそれ
なんというハイテク
かわいいな、おい
ぬるぬる動くなあ
うむ、これは良いものだ

文/高橋ホイコ


▼動画はこちらから視聴できます▼

【立ち絵配布】ぬるぬる動くずんだもんVtuberモデルを解説します【VOICE VOX実況】

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

ずんだもんとボイロたちが「ぴこぴこ」言うだけの曲に謎の中毒性!今こそかわいいに全振りしたずんだもんが必要なのだ

「働く…働く…毎日寝て起きて…また働く」の無限ループが怖すぎる! 新入社員が社畜思考にはまっていくボカロ曲『勤労ループ』がぞわっとする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「作ってみた」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング