話題の記事

『呪術廻戦』特級呪具・游雲をDIYで作ってみた。「売ったら5億をくだらない」アイテムを材料費1000円で作る猛者現る!

 今回ご紹介する動画は、ギャクヨガ-武器防具作る人の投稿した『【呪術廻戦】特級呪具「游雲(ゆううん)」の作り方』です。

投稿者をフォローして新着動画をチェック!


 コスプレーヤーのギャクヨガさんが、劇場版『呪術廻戦0』の作中で夏油傑が使用している特級呪具・游雲を作ります。

 まずはパーツの切り出しです。「COSボード」から一通りのパーツを切り出します。COSボードとは、コスプレ造形向けのボード素材です。軽くて柔らかく、曲げても折れず、簡単には破れません。アニメショップ、ホームセンター、ネット通販などで購入できます。

 ダイソーのEVAスポンジシートやコスプレボード等でも代用することができるそうです。

 型紙は動画の説明欄から入手することができます。

 次は組み立てです。水道のパイプをベースとして使います。パイプを3つに切り分けます。「パイプカッター」という専用の道具やのこぎりを使って切りましょう。

 切った水道のパイプにCOSボードを貼り付けます。「ボンドG17」という接着剤を使っています。ボンドG17はホームセンターでも100円ショップでも入手することができます。

 パイプとボードの療法にボンドを塗り、しばらく時間が立ってから貼り付けます。

 隅のパーツには瞬間接着剤を使用します。貼り付けたらハンダゴテの熱を使って模様を彫ります。彫っているときに出る煙を吸い込まないように、換気を良くして作業しましょう。

 グルーガンで装飾を施します。グルーガンとは樹脂のスティックを熱で溶かして打ち出す道具です。

 パイプの先はボードと瞬間接着剤で蓋をします。

 3本できたら塗装を施します。

 コスプレ造形用の塗装下地「造形ベース」を塗ります。これを塗ると塗料のノリが良くなるそうです。アクリル絵の具の下地の「ジェッソ」や水で少し薄めた木工用ボンドでも代用できるそうです。

 ベースカラーとしてラッカースプレーで全体を灰色に塗装し、塗料を塗ります。エアブラシを使ってもラッカースプレーを使っても、どちらでも大丈夫だそうです。塗料はプラモデル用のMrカラーを使用しています。

 色を塗り分けるためにマスキングテープを使用します。塗り分けたい形に切り抜き、本体に貼ったらその上から塗料を塗ります。

 マスキングテーブを剥がすと、この通りきれいに模様が塗れました。

 グルーガンで装飾した部分を銀色に塗ります。

 鎖にも塗料を塗ります。塗料のノリがよくなるように「メタルプライマー」という下地を塗り、ラッカスプレーで黒く塗ります。

 塗り終えた鎖を、グルーガンで本体に接着して……

 「游雲」の完成です。全長240センチ、重量800グラム。制作時間は5時間、材料費の目安は1000円とのことでした。意外とローコストで作れるんですね!

視聴者のコメント

しゅごい
作中でも扱いづらい言われてるんだよなあ

▼動画はこちらから視聴できます▼

【呪術廻戦】特級呪具「游雲(ゆううん)」の作り方

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

『呪術廻戦』に登場する特級呪物「両面宿儺の指」を作ってみた! 禍々しさまで漂わせる作品に「うわ、やば」「わお…」の声

『鬼滅の刃』宇髄天元の日輪刀を作ってみた! 大きな2本の刀の迫力に「これはド派手だw」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「作ってみた」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング