ニコニコニュース

話題の記事

米津玄師の『Lemon』と『Flamingo』をスイーツで表現。“まるごとレモンゼリー”と“フラミンゴのシュークリーム”の完成度に「経験と知識とアイデアの宝庫」

 今回紹介するのは、Minlyさん投稿の『LemonのゼリーとFlamingoシュークリーム』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

米津玄師ファンの知人とのお茶会用に曲名にちなんだスイーツ2種作りました。
とても好評でした(^▽^)


米津玄師さんの楽曲『Lemon』と『Flamingo』にちなんだスイーツを作ります。
 
まずは、『Lemon』にちなんだ「まるごとレモンゼリー」の作り方です。材料はこちらになります。
 
レモンは水洗いして、水気を拭いておきます。レモンの4分の1をフタになるようカットします。安定するように底の部分も薄くカット。
 
スプーンで中の果肉をくり抜きます。くり抜いたらラップして冷蔵庫で冷やしておきます。
 
くり抜いた中身はガーゼに包んで絞り使う分量を取り分けます。
 
 
耐熱容器に砂糖と水半量、水でふやかしたゼラチンを入れ、レンジで1分半くらい加熱。レンジから出して一度よくかき混ぜます。残り半量の水とレモン汁も加えて混ぜます。
 
ゼリー液は熱いと皮に入れられないので、氷水でボウルを冷やすと早く冷めます。冷やしておいた皮の器にゼリー液を流し、あとはラップして2時間以上冷やして固めます。
 
次に、『Flaminngo』にちなんだフラミンゴのシュークリームの作り方です。シュー皮の生地の材料はこちらになります。
 
 
シュー皮の生地を作り、しぼり袋に生地を詰めます。
 
 
大きいしずく型にしぼり出します。あと、3~4㎜くらいの丸口金でフラミンゴの首と頭もしぼりました。
 
 
胴体部分は200℃に予熱したオーブンで霧吹きで水をかけてから、200℃で20分、180℃に下げて20分、その後160℃に下げて10分焼きました。使用オーブンにより差が出るので調整が必要です。頭と首の部分は180℃のオーブンで15分ほど焼きました。
 
カスタードクリームの材料はこちらです。
 
耐熱ボウルに材料全部入れて混ぜます。加熱前に一度こすと滑らかに仕上がります。
 
ラップしてレンジで1分加熱して混ぜるを繰り返し、ゆるいとろみがついたら加熱終了です。トレイに移して、表面に張り付くようにラップして冷やします。
 
デコレーションの材料はこちらです。
 
シューを上下半分に切り、さらに上側を半分にカットします。
 
 
イチゴチョコを湯煎で溶かし、シリコンハケでチョコを優しく塗ります。羽部分には全部塗って、チョコを常温で固めます。
 
頭部にもチョコをかけて、余分なチョコを切って固めます。チョコが固まってからアイシングで顔やくちばしを描きます。
 
いちごのクリームの材料はこちらになります。
 
 
材料をボウルに入れ、泡立てます。ふわふわになったら完成。
 
カスタードクリームを大さじ1の生クリームで混ぜてゆるめて、胴の下側の皮に詰めます。あとは、カスタードの上にいちごクリームを盛り、羽をのせて、首をクリームに差し込んだら出来上がりです。
 
 
 
『Lemon』と『Flamingo』にちなんだスイーツの完成です。
こういうの好き
これ出てきたらめちゃめちゃテンション上がる
すごすぎて声が出てしまったww
可愛くて食べるの勿体ないな~
何と無駄がないw
経験と知識とアイデアの宝庫
 


▼おいしいスイーツの製作過程をノーカットで視聴したい方はコチラ▼

LemonのゼリーとFlamingoシュークリーム

ーあわせて読みたいー

植木鉢……と見せかけて、これぜんぶスイーツなんです。遊び心満載のお菓子作りに「これは草はえてる(笑)」

『ポケモンGO』のポケモンたちをスイーツ化! ケーキで作ったピカチュウ、ヒトカゲ、ゼニガメが並ぶ姿にフシギダネ「解せぬ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

「料理」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング