ニコニコニュース

話題の記事

「アメリカ人ほどカーチェイスが好きな民族はこの世にいない」日本がアメリカに”カーチェイスムービー”で勝てない理由を評論家が解説

 4月29日放送の『岡田斗司夫ゼミ』にて、視聴者から届いた「なぜ、日本人はハリウッドのようなすごいカーチェイスを作ることが出来ないのか?」という質問に、評論家の岡田斗司夫氏が回答。岡田氏は「日本人はアメリカ人ほどカーチェイスが好きではないから」と、きわめてシンプルに、日本では良質なカーチェイス映画が存在しない理由について解説しました。

岡田斗司夫氏。

─関連記事─

『レディ・プレイヤー1』のライバルは『ポケモンGO』だった? 「映画というジャンルが負けてしまうかもしれない、というスピルバーグの恐怖心が作った映画」

本日公開『レディ・プレイヤー1』を100倍楽しむ方法を評論家がレクチャー。「デロリアン」「AKIRAバイク」80’s映画ネタがてんこもり

『エイリアン: コヴェナント』はこういう視点で観れば楽しめるぞ! 評論家がオススメする「コヴェナントの楽しみ方」


世界中でアメリカ人ほどカーチェイスが好きな民族はいない

 劇場では見られなかった『ベイビー・ドライバー』をDVDで見ました。カーチェイスのアクション物で、すごくかっこいい映画でした。
 なんで日本映画にはこんなかっこいいカーチェイスがないのか不思議でたまりません。
 道路を自由に使えないからでしょうか?
 優秀なスタントマンがいないのでしょうか?
 車を壊すお金が無いからでしょうか?

岡田:
 ――という質問をもらいました。

 日本の映画の中のカーチェイスで、「わあ! スゲェ!」というのがあんまりないのは、“道路交通法による制限”とか“警察を含めたお役所が映画製作に協力的じゃない”とか、いろんな理由が挙げられるとは思うんですけど、やっぱり、僕が思う一番の理由は、日本人は、アメリカ人ほどカーチェイスが好きじゃないからなんですよ。と、いうよりも、アメリカ人ほどカーチェイスが好きな民族なんて、この世にいないんですよ。

 アメリカ人のカーチェイス好きというのは、もう、ほとんど病気レベルで。あいつら、何かというとカーチェイスなんです。

海外の人間には日本人が作るような“萌えアニメ”が作れないのと同じ

 例えば、日本人には“萌え”や“かわいい”というのがわかるし、キャラクターを生み出すことにも慣れている。その上、「これはかわいい」、「これはかわいくない」と見分けられるくらい、すごく目が肥えてるじゃないですか。

 そういう国民だからこそ、世界中の人から見たら「なんで日本人は、あんなものを次から次へと思いつくんだ?」というくらい、すごい萌えキャラクターやかわいいデザインを思いつけるわけですよね。

 それと同じように、アメリカ人というのは、他の国の人達が引くほど車が好きだから、カーチェイスにかける気合も、工夫も、努力も、他とは比較にならないんです。その結果、すごいカーチェイスが作れるんですよ。

『カーズ』(画像はAmazonより)

 そういった、アメリカ人の車好きに関しては、とりあえず『カーズ』と『アメリカン・グラフィティ』を見てください。この2作品を見れば、「アメリカ人にとって、車というのはなくてはならないものなのだ」というのがわかりますから。よろしくお願いします。

▼下記バナークリックで番組ページへ▼

─関連記事─

『レディ・プレイヤー1』のライバルは『ポケモンGO』だった? 「映画というジャンルが負けてしまうかもしれない、というスピルバーグの恐怖心が作った映画」

本日公開『レディ・プレイヤー1』を100倍楽しむ方法を評論家がレクチャー。「デロリアン」「AKIRAバイク」80’s映画ネタがてんこもり

『エイリアン: コヴェナント』はこういう視点で観れば楽しめるぞ! 評論家がオススメする「コヴェナントの楽しみ方」


「映画」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング