ニコニコニュース

話題の記事

本日公開『レディ・プレイヤー1』を100倍楽しむ方法を評論家がレクチャー。「デロリアン」「AKIRAバイク」80’s映画ネタがてんこもり

 スティーブン・スピルバーグ監督の新作映画『レディ・プレイヤー1』が4月20日から全国公開されます。本作は近未来を舞台に、VR(バーチャル・リアリティ)で巻き起こる冒険を描いたもので、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『機動戦士ガンダム』など様々な作品からキャラクターが登場することでも話題となっています。

 映画解説者の中井圭さん、女優の岡村いずみさん、放送作家の鈴木裕史さんが出演する映画情報番組「シネマのミカタ」では本作品をピックアップし、中井さんが簡単なあらすじをわかりやすく解説。イメージに通ずるものがある作品として、細田守監督の『サマーウォーズ』を挙げ、本作を“スピルバーグ版『サマーウォーズ』”だと語りました。

『レディ・プレイヤー1』。
(画像は『レディ・プレイヤー1』公式サイトより)

―人気記事―

「俺が倒れた時のために曲を全部覚えてくれた」アニソンの帝王・水木一郎が明かす、24時間1000曲ライブ成功の裏にあった影山ヒロノブとの感動男気エピソード

もっともクソアニメを愛したのは○○県! 『ポプテピピック』が1位を獲得した2018年冬アニメアンケート結果を都道府県別でランキング


舞台は2045年。VRの世界でどんな姿にもなれる

左から中井圭さん、岡村いずみさん、鈴木裕史さん。

岡村:
 これはみなさんの期待度がすごく高いみたいですけれど。

中井:
 スピルバーグさんという人は本当に幅が広いなと僕はいつも思うわけですよ。

スティーブン・スピルバーグ監督。
(画像は『レディ・プレイヤー1』公式サイトより)

鈴木:
 いま、日本に来ているのは、きっとこれの宣伝で来ているんだよね。

中井:
 そうですね。元々はアーネスト・クラインという作家がいるのですが、その人の小説の『ゲームウォーズ』という原作がありまして、それをスピルバーグが映画にしたのが、この作品です。設定は2045年。その世界はVRが普及しているわけですよ。VRとはバーチャル・リアリティ、つまり仮想現実なんですけども。

 その世界にオアシスというバーチャル・リアリティがあるんですけども、みんなその世界にどっぷりハマっているわけです。 本当にみんなやっていて、VRの世界なのでその中に入っちゃうと、自分はアバターの姿なんですね。なので、何にでもなれるわけですよ。自分の好きなものになれる。 

『レディ・プレイヤー1』。
(画像は『レディ・プレイヤー1』公式サイトより)

 自分のキャラクター設定して、その世界の中でいろいろなミッションをクリアしたりとか、生活をしたりとかするわけですよ。そんな中、オアシスはものすごい力を誇っているんだけども、オアシスを開発した創設者のジェームズ・ハリデーさんという人が亡くなってしまうんですよ。そして遺言を残すんですね。

 その遺言は何かと言うと、「俺が死んだら三つの謎をオアシスに残す。三つの謎を解いたやつには、オアシスの運営権と俺の遺産をやる。」と。

岡村:
 すげえ。

鈴木:
 そこまでゲーム感覚なのな。

岡村:
 遺産いくらあるんや。

中井:
 40兆円とか、なんかそんな感じ。

岡村:
 (パンフレットを見て)56兆円だって。ヤバイ。

中井:
 そういう状況なんです。そうなるとみなさん、どっぷりハマっていますから「それ欲しい」と参加者は思うし、ライバル企業みたいなものがあって、そこさえ抑えてしまえばVRのオアシスを使った利権とかをいろいろ使って、さらに自分の会社が儲かるっていうことがわかっているので、そこにプレイヤーを何百人と送り込むわけです。

『レディ・プレイヤー1』。
(画像は『レディ・プレイヤー1』公式サイトより)

 そんな中、17歳の青年の主人公がいるんですけども、その人がいわゆるゲーム仲間と一緒に、オンラインだから実際には会ったことはないんだけど、バーチャルの仲間とその三つの謎を解きにいくというのが、この『レディ・プレイヤー1』。これは見たらわかるのですが、ものすごいVR世界が繰り広げられているので、IMAX3Dなどの劇場がいいと思います。

岡村:
 めっちゃ没頭しちゃう。

中井:
 かなり序盤からぶっ飛ばしていて、アクションシーンがすごいです。わけがわからないことになっています。

初見では見きれない! デロリアン、チャッキー、ガンダム……さまざまなキャラクターが登場!

中井:
 ほとんどVRのシーンなんですよ。まずVRのなので、何にでもなれるのがポイントという話をしましたけれども、いわゆる80年代のキャラクターとかアニメとかゲームとか漫画とか、映画のキャラクターだったりっていうものにもなれるわけですね。

 なので、予告編にも出ていましたが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアン。主人公の男の子がカーチェイスをするんですけど、そのシーンはデロリアンに乗り込んで、デロリアンで走るんですよ。

『レディ・プレイヤー1』。
(画像は『レディ・プレイヤー1』公式サイトより)

岡村:
 ポスターが既に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』っぽい。

中井:
 僕らが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を1、2、3と見ている中で、デロリアンが走っているじゃないですか。それよりも、より躍動してデロリアンが走っています(笑)。本家よりもデロリアンが躍動しています(笑)。

鈴木:
 技術がだいぶ進化したからな。

中井:
 そうです。

岡村:
 それは夢があるな。

中井:
 逆に僕からしたら嬉しいんですよ。今この時代にデロリアンが走っているっていうのが。

岡村:
 確かに。

中井:
 新しいデロリアンの絵が見られるのも。本当にいろいろなキャラクターが出てきます。ちょっとだけ言うとですね、ブラッド・バード監督の『アイアン・ジャイアント』とか、チャッキー【※】もいますね。

※チャッキー
ホラー映画『チャイルド・プレイ』シリーズに登場するキャラクター。

岡村:
 チャッキーって何だっけ。

中井:
 殺し屋人形のチャッキーですよ。 

『チャイルド・プレイ』。
(画像はAmazonより)

岡村鈴木:
 あぁ~!

中井:
 あとは『ストリートファイター』から春麗(チュン・リー)とかね。

岡村:
 ガンダムもいる。何でもありだ。

中井:
 日本に対するリスペクトもすごく強いので、三船敏郎とかね(笑)。

鈴木:
 なるほど(笑)。

中井:
 まさに大友克洋さんの『AKIRA』の金田正太郎のバイクが出ていたりとか、一回見ただけでは全部追いきれないです。

鈴木:
 細かいところまで作り込まれているんだな。

中井:
 いろいろなキャラクターが画面の端まで出ているんですよ。いっぱい出まくっているので、うわ~っていう。

岡村:
 小ネタ探しが楽しそう。

中井:
 『キングコング』とかいろいろ出ているんですよ。ですので、何回も見て発見が楽しいっていうのがあります。

「映画」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング