ニコニコニュース

話題の記事

ウェディングドレスを3Dモデルで再現。レースの透明感にもこだわったクオリティに賞賛の嵐「ふんわり感がちゃんとある」「変態的なクオリティ」

 今回紹介するのは、アラン・スミシー@MMDさんが投稿した『【MikuMikuDance】綺麗なドレープを描くロングスカートを物理演算で作ってみた』という動画です。再生数は3万回を超え、「ニコニコ技術部」カテゴリランキングで最高で1位を記録しました。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

「スカートの人」ことアラン・スミシーです。こっち系の動画は久しぶりです、3年ぶりか・・・。
技術的には以前公開したのと同種の技術の発展形で「Bullet Physicsを使ったBDEF4ボリュームスキニングによるロングスカートの実装研究」というところでしょうか。

その技術をロングスカートに応用してドレープが出るように設定しました。スカート自体は5層ポリゴンになっていまして、すべてが別々の比率でスキニングしてあります。
中を覗く(紳士注意w)と3層のインナーが綺麗に変形してるのがわかります。

あたしはうっとりループが止まらない・・・・・。

 「MikuMikuDance(ミクミクダンス、略称:MMD)」で作られたドレスが変態的クオリティと絶賛されています。とても美しい!

 MMDは3Dモデルに動きを指定して3DCGアニメーションを作るソフトウェア。このソフトウェアで、ここまで繊細にスカートの動きを表現する技術には、目を引くものがあります。

 人が回転する動きに合わせて、ロングスカートがなびきます。

 上から見ても、美しいねじれ。レースの透明感にもリアリティがあります。

 人がスカートを蹴り上げる仕草をすれば、スカートはきれいに跳ね上がります。

 アラン・スミシーさんのブロマガには、技術解説が掲載されています。神のようなクオリティですね!

視聴者コメント

綺麗だなぁ
すげえ…
ふんわり感がすごい
変態的なクオリティ
レース感がちゃんとある

文/高橋ホイコ

―関連記事―

『東方Project』河城にとりをステンレスで作ってみた。フルメタル仕様のボディが放つ“幻想郷エンジニア”の弾幕を受けてみろ!

ピアノ演奏に連動してキラキラ音符が舞い踊るAR演出システム。魔法だと信じて疑わないコメントも「本当は魔法だろ?知ってんだ俺」

この記事に関するタグ

「ニコニコ技術部」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

2018 秋アニメ一覧 Nアニメ

アクセスランキング