ニコニコニュース

話題の記事

アニメ『おそ松さん』2期が大爆死した理由を現役漫画家が解説「腐女子をからかうアニメだったはずが、逆に取り込まれてしまった」

過剰で下品な下ネタで空回りしてしまった

山田:
 女子を引かせなきゃいけないと思って、ものすごい下ネタが多かった。このすべてが見事に空回りしていって、過剰に下品になっちゃってしまってるなっていうのがあって。

乙君:
 空回っちゃったんだ。

山田:
 そう。だからポストモダン【※】は、型があったのをズラすからポストモダンなの。自分自身がそれになってしまって。

※ポストモダン
現代という時代を、近代が終わったその後の時代として、特徴付けをしようとする言葉。

乙君:
 型になってしまって。

山田:
 どこにも行けなくなっちゃう。だから笑えなくなる。だからそうすると今度、メタをメタでやるんだよ。今週の回なんかだと、イヤミが「今更“ざんす”なんて言ったってウケないざんすよ」とか言い出して。

乙君:
 あら。

山田:
 プロデューサーが出てきて。イヤミが一緒に自殺をしようとするんだよ。

乙君:
 え?

山田:
 「あと2回なんで、そこまで我慢してくださいよ!」みたいなことをプロデューサーに言われるみたいな。

乙君:
 なるほど。うん。

山田:
 俺達も何て言ったらいいかわかんないじゃない。大体お前は鉄板の「シェー」というギャグがあるじゃないか。みたいなことを延々やるんだよ。いや、面白いんだけどさ。

乙君:
 うん。

山田:
 だから、それで何が見えてくるかっていうと、やっぱりメタ、メタ、メタの地獄みたいなものがあって。人の目線を気にしすぎるがゆえに動けなくなっていった『おそ松さん』2期というのが、もしかしたらあったんじゃないかなという気がするよね。

乙君:
 なるほどね。だから反骨心とかがある人らが一度天下を取っちゃったら、体制側に回っちゃった時に、戦う対象がなくなっちゃって、自分をパロディ化してしまうしかない。それがこっち見てる側としたら、もう痛々しいというか、最初の勢いどこに行った? となる。俺達はあのパンクな感じが好きだったのに。

山田: 
 その通り。

乙君:
 何も壊すものがなくなっちゃったと。

山田:
 ねえ。でも、途中から「頑張ってるなー」とは思ってた。イントロ回とかも実際面白かったし。

乙君: 
 2期はアレだけど、また3期あれば吹っ切れて、新しい感じに変わるかもしれないし。

山田:
 そうだね。だから、この後も見てみたいよな、っていうね。

―関連記事―

『ポプテピピック』に『おそ松さん』──“変化球アニメ”が期待に応え続ける難しさをアニメ大好き芸人・ハライチ岩井らが語る

『おそ松さん』2期「ベタなアニメは作らない」退路を断つ覚悟が現れた第1話――『十二大戦』『アイマスSideM』注目の秋アニメ第1話総括

 

この記事に関するタグ

「アニメ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ
公式Twitterをフォロー

アクセスランキング