ニコニコニュース

話題の記事

北朝鮮“マスゲーム”の練習時間が明らかに「朝9時から夕方5時までの練習を半年以上」元・朝鮮総連職員が語る

 北朝鮮の潜入ライターとして活躍するニポポ氏が、2月21日放送の「北朝鮮スリーパーセル問題から犯罪まで「北朝鮮の車窓から」【ニポポのニコ論壇時評】」にて、北朝鮮出身の父と在日韓国人二世の母を持つライター・安宿緑氏に、多人数が集まって体操やダンスなどを一斉に行う、北朝鮮では定番の集団演技「マスゲーム」について質問。

 安氏は、「9時~17時まで、半年以上練習をする」と語り、北朝鮮の可憐なマスゲームの知られざる裏側が明らかになりました。

左からニポポ氏、安宿緑氏。

マスゲームの練習時間は「1日8時間」

ニポポ:
 いろんな施設があったりするんですけれども、中でも気になるのが、「綾羅島メーデー・スタジアム」。

綾羅島メーデー・スタジアム。 画像はWikipediaより

 マスゲームをやるような、15万人収容スタジアムがあるんですけれども、あのスタジアムの中って入られたことありますか?

安:
 ありますね。

ニポポ:
 おおー! すごい! あれで15万人収容して、マスゲームとかやるわけじゃないですか。あのマスゲームの15万人の人たちって、どうやって練習していくものなんですか?

安:
 あれは、1日何時間で、どれくらいの期間練習するの? みたいなことを聞いたんですけど、私が聞いたのは、半年以上は練習すると言っていて。

ニポポ:
 ですよね。

安:
 授業もつぶれるし、9時~17時くらいでずっと練習をすると言っていましたね。

ニポポ:
 フルタイムで練習じゃないですか。

安:
 そう言っていましたね。それを半年以上。

ニポポ:
 すごいなー。かなりガッチリですよね、あ、いい質問がありましたよ。「マスゲーム、間違えたらどうなるの?」と。

マスゲーム。 画像はWikipediaより

安: 
 時々1人間違えている人とかいるんですけど、まあそんな。

ニポポ:
 怒られはしない?

安:
 大丈夫でしょう、という感じ。

ニポポ:
 ワザとじゃなければね。

安: 
 そうですね。

ニポポ:
 (コメント)「監獄行きじゃないか」とかね(笑)。なんというか、全員が参加者であり、観客じゃないですか。あれ、純粋に観に来るだけのお偉いさんとかもいるもんなんですか? 要は参加せずに、客席から観ているという。

安:
 参加側は、選ばれて参加をしています。

ニポポ:
 選ばれてるんだ。

安:
 平壌の各学校から学生がもちろん動員されるし、芸術団系の人は全部動員されるし、動員されてない人はもう普通の観客なんで、チケットを買って観に行くという。

ニポポ:
 なるほど。チケット代がいくらくらいするのですか?

安:
 チケット代は、ちょっとわからないですね。私は招待客みたいな感じで行ってたので。

ニポポ:
 いいなあ。

安:
 ただ、一応A席・S席とかあって。曖昧ですが、7千円って言ってたかな?

ニポポ:
 まあまあな額ですよね。

安:
 いや、これは観光客レートなんで。

ニポポ:
 なるほど。あれって毎年やってるもんなんですか? 昔は定期的に聞いてたけど、最近はあんまり。

安:
 最近はやってないですよね。

ニポポ:
 ですよね。となると、あのスタジアムってもう全然使ってないの?

安:
 使ってますよ。

ニポポ: 
 何に使われるんですか?

安:
 あれは国際親善試合とかに使われてますね。

ニポポ:
 サッカーであったりとか。

安:
 そうですね。ブラジルのサッカーのクラブチームが、その練習試合に結構来たりするので。

ニポポ:
 あ、意外と交流あるもんなんですね。

安:
 そうですね。

ニポポ:
 サッカーが人気あるのはわかるんですけど、他に人気な競技とかありますか?

安:
 サッカー以外では、バスケや卓球など、満遍なくですね。特に人気があるのがサッカー。

ニポポ:
 やっぱりね。野球とかはあんまり人気ないもんなんですか?

安:
 全然ないですね。

金の卵を求めてスカウトマンが奔走「北朝鮮のスポーツは人材で勝負するしかない」

ニポポ:
 スポーツを教える機関というか、スポーツ専門の体育学校というような存在ってあるの?

安:
 ありますね。

ニポポ:
 それは何歳くらいから入れるんですか?

安:
 最近出来たものなんですけど、サッカーの英才教育校っていうのがありまして、そこは7歳くらいから入れますね。

ニポポ:
 ユースの頃から。

安: 
 そうですね。北朝鮮が小さい時から上手い子を全国からかき集めて、英才教育をして、その国ごと、サッカーのレベルを底上げするというのをやりたがっているみたいで。

ニポポ:
 なるほどね。

安:
 上手い子ばっかり集めて、寄宿生活とかさせて、というのがヨーロッパにもあるんですけど、北朝鮮でもそれを何年か前からやってますね。

ニポポ:
 なるほど。今回みたいな冬季五輪の種目というのは、どの辺でやってるものなんですか? サッカーってイメージしやすいじゃないですか。学校でも空き地でも出来るし。冬季五輪の、雪とか氷が必要な競技でいうと、中国側の施設があるんですかね?

安:
 一応アイススケート場があって上手い子が使っている、という感じ。上手くないとやらせてもらえないですからね。

ニポポ:
 そこの吸い上げというのは、平壌のエリートの人たちからのみ吸い上げられるものなんですか?

安:
 いや、スポーツや芸術に関しては、担当者が自分の足で、全国を周るんです。

ニポポ:
 すごい。スカウトマンが、村々を周って「お前いい足してるな」みたいな。

安:
 そうそう。学校の体育の授業とかを見て、すごいド田舎の山間部の名もない学校でも、ものすごい金の卵が埋もれてるかもしれないじゃないですか。なので、満遍なく行くんですよ。

ニポポ:
 偉いな。そういったきめ細かいことがされてるとかいうイメージはあまり持ってなかったもんね。

安:
 やっぱり、お金がないじゃないですか。だから人材で勝負するしかないので。

ニポポ:
 なるほど。

安:
 だから才能の発掘にかけては、ものすごい手間とお金をかけています。先行投資ですね。国威発揚の意味もあるし。

ニポポ:
 なるほど。

この記事に関するタグ

「スポーツ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング