ニコニコニュース

話題の記事

“戦力の放棄”“交戦権を認めない”憲法九条の問題点と改正案を青山繁晴議員が指摘「”自衛権の発動を妨げない”と定める。これで問題がなくなる」

 自民党議員の山本一太氏が番組ホストを務める「直滑降ストリーム」に同じく自民党議員の青山繁晴氏がゲストで登場し、日本の憲法改正をテーマに対談しました

 憲法九条一項・二項で明記された「戦力の放棄」と「交戦権を認めない」という条項について、安倍晋三首相が新たに三項を設けようとしている点に「憲法はなるべく簡素にすべき」、「三項で自衛権の発動を妨げなければ一瞬で問題が解決する」と青山氏が解説を行いました。

左から山本一太氏、青山繁晴氏。

―関連記事―

「商売のルールを中国に勝手に作られている」中国との商売に“軍事込みの圧力”が必要な理由を自民党議員が解説


「憲法はなるべく簡素な方向にすべき」

山本:
 青山議員に憲法改正についてお伺いします。

 たとえば自民党の中だと総理が提案した一項【※1】をそのまま残して、二項【※2】も残して、三項で自衛隊を明記するという案と、二項は削除しないといけないという案。その二つの大きな意見の違いで自民党内は揺れていて、五百籏頭先生【※3】は「なんとなく一項、二項を残して些末な感じになってしまうのは心配だ」と。

※1日本国憲法第九条一項
一項「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

※2日本国憲法第九条二項
二項「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」

※3五百籏頭先生
五百籏頭真。いおきべまこと。政治学者・歴史学者。専門は日本政治外交史、政策過程論、日米関係論。日本政治学会理事長、日本学術会議会員を歴任。

 五百籏頭先生は「自衛隊という存在を憲法に書くというのはどうか」と。それより、「あらゆる手段を尽くして国民を守ると書けばいい」と。「三項目で日本にできる貢献をやると書けばいいんじゃないか」と仰っておられましたが、そこのあたりはどうですか。

青山:
 五百籏頭さんは「袋小路に入ってしまう」と仰ったんですね。僕は第三の案を昨年12月20日の憲法改正推進本部に提案して、そのときは誰にも相談せずに出したんですけれども、5人に支持されたんです。

 元々は僕は当然二項を削除する、つまり陸海空軍だけならまだしも、「その他の戦力も全部だめ」と書いてあって、何よりも致命的なのは最後の一行で「国の交戦権を認めない」と。憲法学者はいろいろ仰っているけれど、まともに読めば相手が国だったら拉致されようが、土地を奪われようが、何もできないと言っている規定ですから、これは当然削らなきゃだめなんです。

 でも総理が昨年の5月に突然「二項を残して三項で自衛隊を合憲とする」と仰ったので、流れは変わったんです。

 つまり本丸の九条が改憲に乗ったんですよ。憲法は国会と内閣と最高裁と独立機関の会計検査院のことしか書いてないんですよ。そこに自衛隊だけ突然固有名詞で書かれると、防衛省は防衛省設置法でしか担保されていなくて、自衛隊は憲法に明記されるから全部入れ変わってしまう。

山本:
 憲法の役割まで書かないといけないですね。

「三項で自衛権の発動を妨げない」これで問題が解決する

青山:
 僕は新提案をするまでに、自衛官の方も国民の方もたくさんの人間に会って話を聞いたのですが、「いまの自衛隊を固定するなんてやめてください」と、血の涙のような言い方なんです。

 というのは、総理が仰る、既に定着している自衛隊というのは、災害救助隊ですから。一度も本来任務【※】を果たしたことがないんですよ。本来任務を果たしたときに流れ弾で一太さんに当たっただけで殺人罪とかで裁かれますよね。現に自衛隊のヘリの事故のために整備士は普通の法律を適用して調べられているわけですから。

※本来任務
自衛隊における国土防衛や治安維持などの活動のこと。

 だから自衛隊は本当は国会で証言すべきだけど、させてもらえない。申し訳ないけど総理もそこをよくご存じないまま自衛隊を定着させようとしているんです。

 一項、二項を残さないと公明党だけじゃなくて国会発議まで至らないから、あるいは「国民投票のリスクが残るから二項を残しましょう」と、でも三項で「前二項は自衛権の発動を妨げない」これだけです。

 二項のネガティブな面、その他の戦力もだめだし、交戦権もだめというのが全部吹っ飛ぶんです。一瞬で問題がなくなってしまうんですよ、自衛権の発動はOKですからね。それと同時に集団的自衛権がどうのこうのって言ってくる人が出てくるでしょう。それはちゃんと法律に書き込めばいいのであって、憲法はなるべく簡素な方向にすべきです。

 かと言って、この案で押し通せというのではなく、逆に伸び代を作ったんです。自衛権の前に何か制限をつけたいとか、いろいろなご意見は党内のすり合わせ、それから公明党との調整、あるいは野党の志ある方々とのすり合わせで、完成させればいいんです。

山本:
 集団的自衛権の話になってきて、総合的に認めるかという議論にもなってくるかと思うんです。

青山:
 僕は認めないほうがいいと思っています。平成20年の自由民主党の憲法改正草案と文言はよく似ているんですよ。その代わり24年草案は「二項を削除して国防軍を作って軍事裁判所を置く」という主旨になった。それは少なくともいまは通りませんから、二項を残したまま文言をいただく。

 自由民主党の中でも一回よく揉んだ、石破茂先生をはじめ、みんな苦労して作った案でしょう。その努力を無にしたくない。一つの叩き台としてきょうは発言させてもらえて、僕としてはヒストリカルな日でした。

「政治」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング