ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

『ちはやふる』で話題の “競技かるた”「神様が微笑んでくれた」新クイーン鶴田紗恵六段(22)誕生

 2017年1月7日。新春恒例、競技かるたの日本一を決定する『第63期名人位・第61期クイーン戦』が、小倉百人一首の一番目の句を詠んだ、天智天皇にゆかりのある滋賀県の近江神宮で行われた。

 今年の第63期名人戦は、初の防衛を目指す川崎文義名人(28)に対して、5年ぶり4度目の出場となる三好輝明八段(33)が挑戦し、名人が挑戦者を退けた。クイーン戦では、二度目の防衛を目指す坪田翼クイーン(34)を挑戦者鶴田紗恵六段(22)が破り、新クイーンの座についた。

 自陣渡り手や囲い手、囲い手破りにお手つき、更には勝敗を決する運命戦など見どころの多いクイーン戦だが、その中でも注目したいのは、表彰式の際、川瀬達男九段が触れた場面。

 一敗して後がない坪田選手が「ちはやぶる」を取り、二回戦の勝利にリーチをかけた87枚目、坪田選手の陣に一字決まり「たかさごの」の札を送り、自陣に同じく一字決まり「さびしさに」の札を残した直後の88枚目だろう。

 95枚目の詠み札は「たかさごの」であったが、坪田選手の攻めを鶴田選手が阻止、以降坪田選手が選択した「さびしさの」が最後まで詠まれることはなく運命戦98枚目。鶴田選手の自陣にある「よのなかよ」が詠まれこれを死守、決着した。

 勝利後のインタビューで鶴田選手は、「相手が最後の一枚になってもどこでも取ろうと思った」と語った。この逆転劇について、北野嘉文七段は「二回戦は、後がない坪田選手のペースで、鬼気迫るものがあった。しかし、鶴田選手は最後までついて行き、最後5枚差になっても全部取る気持ちで行ったと勝利後に語っていた。そこにかるたの神様が微笑んでくれた。」と解説した。

 ニコニコ生放送では今回の『第63期名人位・第61期クイーン戦』がタイムシフト試聴が可能となっている。
 大人気漫画 『ちはやふる』の影響で人気急上昇中の“競技かるた”。これを機にあなたも視聴してみてはいかがだろうか?

「アニメ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング