ニコニコニュース

話題の記事

「あいつが儲かるなら俺も儲かるはず」仮想通貨ブームは“日本人の習慣”によって巻き起こった? 【話者: 津田大介×東浩紀×夏野剛】

 仮想通貨を発行する取引所「コインチェック」がハッキング被害を受けたことにより、580億円相当の資産が不正流通された「コインチェック騒動」。

 この騒動を受けて、思想家・東浩紀氏、メディアアクティビスト・津田大介氏、ドワンゴ取締役・夏野剛氏が急遽集合。「仮想通貨について言いたい事を言う生放送」と題し、仮想通貨の現状や抱える課題について、お酒を囲んで気兼ねなくしゃべる生放送を行いました。

 3人のトークは、「夏野剛氏が所蔵するワインの総額が3000万円」という話題をきっかけに、「デジタルコンテンツに対する懸念点」、「消えた電子書籍は保証されるのか? 」、「仮想通貨の取扱に不可欠となるウォレットの秘密鍵は持ち主死亡時に継承されるのか?」など、様々な話題に言及。

 そして、この騒動の根幹は、小学校にあるという話題で激論を交わしました。

左から東浩紀氏、津田大介氏、夏野剛氏。

─関連記事─

「どう考えても賭博」580億円流出のコインチェック騒動を受けコメント【津田大介×東浩紀×夏野剛】


【朗報】夏野ワイン3000万、仮想通貨へ

津田:
 3000万円くらい? ああワインでね。

東:
 ワインで3000万円だって、みなさん聞きました? もう1回、ワインで3000万円。これどんどん拡散していきたい。「【朗報】夏野ワイン3000万円、仮想通貨へ」そういうスレッドをたてて欲しい。

夏野:
 でも手元には……。

津田:
 これ東さん、すごいこと言っていた。ワインだけで3000万円の人が、ローンを組むということは、どういう単位なんだろうって。

夏野:
 だから、お金がないから。

東:
 でも、とりあえずキャッシュで1億5000万円ぐらい頭金で払ったわけでしょ。

夏野:
 払えてない。払ってない。

東:
 そういう感じでしょ? 「残りも3000万円ずつ返すんだけど、これでもな……」みたいな。

夏野:
 しかも株が売れないから、1億5000万は、キャッシュで払えない。

津田:
 ああ、だからキャッシュ以外の資産が、1億5000万以上あるって今ので証明されたよね。

東:
 だから「【朗報】夏野資産2億、ワインセラー3000万円、仮想通貨へ」とか、そういうスレを立てるしかない。

夏野:
 でも、そんな2億3000万円を持っていたって、東京じゃ、どうしようもないよ。しかも現金じゃないと。

東:
 今、名言もいっぱい来た。2億3000万円持っていてもしょうがないと。

津田:
 東京ではね。

ちょっと待て、そのワインに実体はありますか?

東:
 「仮想ワイン」(コメント)って書いてあったけどさ、実際本当にワイン持っているんですか? ワインのなんとか権みたいなヤツじゃないの? 仮想ワインじゃないの? 購入券みたいなヤツ。

夏野:
 俺の場合は、ここが難しくって、実物だから問題なのよ。俺は、実物だから保存状態とか、個人で持っているのは普通売れないんですよ。つまり資産価値がない。

東:
 どこかに預けているんでしょ? 

夏野:
 俺は自分の家にある。あと会社にもあるじゃん。預けているのは、500本。

東:
 でも預けているやつは怪しいよね。それ、仮想ワインかもしれない。

夏野: 
 え? 本当はないの?

東:
 本当は、アイコンを見ているだけで、自分のアカウントに入ると画像が出てくるだけで……。

津田:
 飲み込むの? ワインを飲み込むの?

夏野:
 どうしよう?

津田:
 何人かのユーザーで共有されたことになっていて、引き出すと言った時に用意する。

東: 
 だって、どう見ても画像だよ。

夏野:
 いや、わかんない。

東: 
 それでイギリスの会社へ行ったら、変なアパートの一室とかで、実体もない可能性もある。

夏野:
 いやいや、それはちゃんとしている。

東:
 あったの?

夏野:
 うん。それ用の。俺の知り合いが5人くらい行っているから。

東:
 いやいや、まだわからないな。これ仮想ワインの可能性あるよ。

夏野:
 だって、イギリス王室御用達で、2つの家紋がついているんだけど。いや、わからないよね。

東:
 わからない。俺たちネット界はわかるもん。

夏野: 
 いやワインの世界は、そこはちゃんとしている。

東: 
 夏野さんは、ワイン詐欺で騙されて欲しいな。マジで、ワイン詐欺で3000万円を失ったりして欲しい。

津田:
 (笑)

夏野:
 ええ、でも預けているのは。

東:
 「実体がないことが判明! ワインは1本もなかった!」みたいな。「本当に騙された気持ちです」とか言って(笑)。

津田:
 でも、それを受けて。夏野さんが畑とか耕しているけどね。ワインだらけの、ワイン畑。「俺、マイニング【※】に行く」みたいな。

※マイニング
仮想通貨の取引記録を取引台帳に追記する作業は有志のコンピューターリソースを使用しており、追記作業を行った者は、見返りとして仮想通貨が新規に発行される。この新規発行に至る一連の行為を「マイニング」という。

東:
 ワイニングだ! マイニングじゃなくてワイン畑だから、ワイニングだね(笑)。

夏野:
 でも、ファンドはあったよ。

東:
 ワインファンドの詐欺みたいなヤツありましたね。それいいな。ワイニング。それこそが本当のマイニングじゃん。土を耕してさ。

夏野:
 でも、本当に思うんだけど、俺が今、ここで死んだとするよね。うちの奥さんは、そのBBR(Berry Bros. & Rudd )というワイン商社に500本のワインを俺が持っていることは知らないわけよ。しかも、イギリスの会社は俺が死んだこともわからない。単に連絡が取れなくなるだけで。そうしたら、500本のワインは吹っ飛んじゃうね

津田:
 確かに。

「経済」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ

アクセスランキング