ニコニコニュース

新着ニュース一覧

元気に「こんにちは!」 イクラが孵化する瞬間を71時間ぶっ通しで見守ってみた

 いつも世間をお騒がせするニコニコの良心「今月のいきもの」シリーズ、年末年始はスペシャル特番として『イクラ丼71時間ぶっ通し生配信』が行われた。

 整然と配膳されたイクラ丼(並盛り)、地面に書かれたサケの二文字、バックにはサケの一生の図解が描かれ、かなりシュールな画に見えるが……

イクラ丼をアップにした図

 どんぶりの中にご飯に見立てた白い砂を敷き詰め、その上に鮭の卵(イクラ)を盛り付けたもの。

 よく見るとイクラの中に黒い粒が確認できる。このイクラは、孵化間近の有精卵が約200個敷き詰められており、一部の卵は発眼していることもわかる。

 一枚目の写真からも確認できる通り、撮影しているのは水槽の中。このイクラ丼は上越市立水族博物館のちょっと変わったサケの受精卵の展示で、ドンブリ上で繰り広げられる新しい生命誕生の瞬間を視聴者みんなで見守ろうという企画。

 そしてイクラ丼を眺めること40時間と50分……。

 元気に「こんにちは!」第一号くんの誕生です。その後も次々と孵化していき盛り上がった放送も終了間際には、イクラ丼がしらす丼状態に……。

 ちなみに有精卵は受精日からの積算温度で孵化する事がわかっており、平均水温の積算が一定温度に達すると孵化するとのこと。(あくまでも、自然温度に近い温度、高温だと卵が死ぬ)

 ということで、2017年の幕開けを彩った生命誕生の瞬間を、ぜひ確認してみてはいかがだろうか。

 

孵化が始まる貴重な瞬間は放送開始40時間50分ぐらいから!

関連記事

新着ニュース一覧