ニコニコニュース

話題の記事

無駄づくりYouTuber藤原麻里菜の珍発明“スタバ風メッセージをカップに書いてくれるマシーン”を『空想科学読本』著者が絶賛「技術的にはすごく難しい」

 ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんが番組ホストを、声優の中村繪里子さんがアシスタントを務める、NTTドコモの「多彩で便利なサービス」を駆使し、「楽しいゲスト」と「ゆる~いネタ」で視聴者に驚き・感動を与えるヒントになる番組『吉田尚記 dスタジオ supported by docomo』。

 今回は「dスタ“未来”技術部新発明スペシャル」と題して、発明大好きなYouTuberの藤原麻里菜さん@togenkyoo)、「空想科学読本」シリーズ著者の柳田理科雄さん@KUSOLAB)、声優の田所あずささん@AzusaTadokoro)が登場し、藤原さんが“無駄づくり”と自称する「スタバでメッセージを書いてもらえない人に贈るマシーン」などの発明品に柳田さんが解説を行いました。

左から中村繪里子さん、柳田理科雄さん、藤原麻里菜さん、田所あずささん、吉田尚記さん。

ー人気記事ー

『バーチャルYouTuber』を見て思ったんだけど、“AIによる人類の支配”って軍事力でなくエンタメによって行われる可能性あるよね?

パワハラ、セクハラ、賃金未払い…、『水戸ご当地アイドル(仮)』うめさん脱退騒動に吉田豪・ロマン優光らが言及「悪夢のような人質商売」


「空想科学読本」の柳田さんと「無駄づくり」の藤原さんが登場!

吉田:
 ちゃんとした大学の教授とその研究室の人が来たみたいな感じですね(笑)。

中村:
 改めて自己紹介をお願いします。

柳田:

 空想科学研究所の柳田理科雄です。 

藤原:

 「無駄づくり / MUDA-ZUKURI」というYouTubeをやっています、藤原麻里菜です。よろしくお願いします。

吉田:
 柳田先生は漫画、アニメ、特撮、SFを科学的に面白く検証する「空想科学読本」の著者で、空想科学研究所の主任研究員を務めていらっしゃるということですが、空想科学と発明は関係あるのですか。

柳田:
 それは大いにありますね。漫画やアニメの中で描かれている「こんなのあったらいいな」というのが、最近はどんどん実現してきていますよね。

中村:

 藤原さんはよしもとクリエイティブ・エージェンシーのクリエイターさんなんですよね。どういったものを作っているのですか。

藤原:
 無駄な発明品を作っています。私だけにニーズがあるようなものです(笑)。

吉田:

 いろいろと作品を作っていらっしゃるみたいですが、それをYoutubeにアップロードしていらっしゃるのですか。

藤原:

 そうです。こういうのを作っています(笑)。

一同:
 (爆笑)

藤原:

 ムカつくことはすごくあるのですが、ひっくり返すまでの労力が嫌だなと思って、勝手にひっくり返ってほしいと思って作りました。

田所:
 ひっくり返す労力よりも、作るほうが大変そうだけど……。

藤原:
 やっぱりクリエイターは作るほうに向くんですよ(笑)。

スタバのカップに店員の代わりにメッセージを描いてくれるマシーン

中村:
 きょうは実際にいくつか藤原さんに発明品を持ってきていただきました。早速紹介をお願いします。

藤原:

 こちらはみなさんがすごく欲しいと思うのですが、スターバックスで紙コップにメッセージを書いてもらえない人のためのマシーンです。

一同:
 (爆笑)

中村:

 確かに「Have a nice day!」とか「Smile」とか書いてもらえる人と書いてもらえない人がいますよね。

藤原:

 私は書いてもらえない側の人間なんですけど……。まず何も書いていないカップがあります。そしてこちらがスタンプです。

 このスタンプには「Thank you」と書いてあります。これをインクにつけます。そしてインクがつかないように気をつけながらセットして、本体にはめます。

 セットして、紙コップを入れます。そしてスタンプ部分を強く押します。

 ちょっと失敗しましたけど……。がんばれば、つくっていう……(笑)。あまりインクがつかないですね。

 そういうときは、直接押します。今、文字が「Thank you」ですが、これはレーザーカッターで彫っているんです。これなんかはちょっと反転して見づらいのですが、「佐々木希に似てますね」と書いてあります。

 こういうふうに、書いてほしいメッセージを自分で作ることもできます。

中村:

 青いホルダーみたいなものは市販品で作ったのですか。

藤原:

 いえ、これは3Dプリンターで作りました。

田所:
 すごい技術を使ってる(笑)。

柳田:
 曲面にスタンプを押すというのは、すごく難しいんですよね。技術的には、それがものすごく大きな意味があると思います。

中村:

 カップのサイズが変わるとカーブも変わってきますよね。

藤原:

 そうなんです。トールサイズじゃないとだめなんです。

柳田:

 そして上にいくほど直径が大きくなるタイプの円ですよね。ですからスタンプをセットする側の曲面も、単純な形ではない形なんです。

吉田:

 科学ってすげえな。

「生活」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング