ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

松岡充のポケモン愛が止まらない! 2016年の”ヲタしい出来事”総決算SP

 ロックバンドSOPHIAのボーカリスト・松岡充と、『爆竜戦隊アバレンジャー』の三条幸人(アバレブルー)役を演じた俳優・富田翔の二人がパーソナリティを務める、長寿ニコ生公式番組『松岡充の世の中ヲタしい事だらけ!』。毎回、世の中で起こる“ヲタしい出来事”を取り上げるこの番組だが、12月28日の放送回では年末ということで「松岡充2016ヲタしい総決算SP」と題した、1年間の振り返り企画が行われた。

 仮面ライダーシリーズに通算3度も楽曲提供を行い、『仮面ライダーW』の劇場版では仮面ライダーエターナル役としての出演経験もある松岡充。そんな松岡ならではのヲタしい日々を思い返す企画だったのだが、“ポケモン”の話題に入るやいなや、何かのスイッチが入ってしまったのか、ポケモンGOへの愛をひたすら語るという展開になってしまった。


“松ヲタ教授”こと松岡(右)と、レギュラーのはずなのに番組は欠席しがちのアシスタント・富田(左)。

松岡:
 ポケモン! ポケモンの新しいDSのソフトが出たんですよ。『サン&ムーン』っていう。

富田:
 はいはい。

松岡:
 それの特番に出たんですよ。

富田:
 へー。詳しいんですか? 松岡さん。

松岡:
 まあ、ポケモンはもう『金銀』のあたりからはずっと参加してる。

富田:
 参加してるんですか、ポケモンに?

松岡:
 うん。参加してる。“ポケット”に。

富田:
 ポケットの方ですか? モンじゃない、モンスターとは関係ない方ですね?(笑)

松岡:
 そうそう。ポケにポケに。

富田:
 あの、松岡さん、本当にポケモンやってます?

松岡:
 うん。やってるやってる。全然やってる。

富田:
 『ポケモンGO』?

松岡:
 っていうか、やってないの!?

富田:
 いや、僕も一応やってますよ。

松岡:
 レベル何?

富田:
 えっ? えーと、いつからやってないんだろ……。

番組そっちのけでスマホをいじりだす二人。

富田:
 でも、今年、超流行りましたよね、『ポケモンGO』。

松岡:
 いや、今流行ってんだよ。

富田:
 また流行ってるんですか?

松岡:
 違う、“今”だよ! 見て、(ポケモンGOのレベル)28!

富田:
 すごっ! 本当にすげーやってるじゃないですか!

松岡:
 やってるよー。だって俺、図鑑もすごいよ。ほぼコンプリートだよ。

富田:
 すげえ……(笑)

松岡:
 あとちょっとだったのに、でもまた新しい種類のモンスターが出たから。

富田:
 そうなんですか?

松岡:
 そうなんだよ。

思わず松岡のスマホを覗き込む富田。

富田:
 俺、(レベル)21です。

松岡:
 マジで? 俺は28ですよ。早く追いついてください。

富田:
 でも、一応あれですよ。僕はパートナーポケモンを“コイキング”にしてますよ。

松岡:
 ははははは(笑)

富田:
 この、パタパタしてる様子が一番かわいいなあと思って。

松岡:
 ちょっと見て! この人、パートナーがコイキング! ありえねー! 普通、「気持ち悪い」って言われるんだよ、コイキング(笑)。

富田:
 ずっとパタパタしてるんですよこいつ。やってる時。

松岡:
 コメントでも「コイキングが一番かわいい」って言ってる人いる! おかしい、絶対おかしい!(笑)

富田:
 ほら! 気が合う人もいるんですよ!

富田のポケモンGOの画面上で元気に跳ねるコイキング。

富田:
 松岡さんのパートナーポケモンは何ですか?

松岡:
 俺、ハクリュー。

富田:
 あー、強そうだもんなあ。

松岡:
 俺、ハクリューが一番……ゼニガメの次に好き。

富田:
 人よりでかいですもんね、それ。

松岡:
 めっちゃかわいいよ! だって、耳が“天使の羽”みたいになってるんだよ? 知ってる?

富田:
 本当だ。俺、それ、まだ持ってないです。

松岡:
 もしかして初見? 超かわいくない?

富田:
 横からの角度がかっこいいですね。

松岡:
 かわいいー! かわいいわー! 乗りたーい!

パートナーポケモンである“ハクリュー”を愛でる松岡。


 ここらへんで一旦ストップが入り、『ポケモンGO』の話題は終了したのだが、松岡のポケモン愛がとてもよく伝わる1シーンとなった。

「芸能」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング