ニコニコニュース

話題の記事

残念美人アルベドの暴走が止まらない。18禁すれすれのあのシーンが盛り上がり1位! 『オーバーロード』一挙放送で盛り上がったシーンTOP10

 2018年1月6日にニコニコ生放送で放送された”『オーバーロードII』放送直前『オーバーロード』全13話一挙放送”。

 ここでは、本放送に書き込まれたコメントデータを抽出。コメントが多く書き込まれ、とくに盛り上がったシーンTOP10を発表していく。

―一挙放送関連記事

1位はかつてのライバルたちが集結する王道激アツシーン! 『ガールズ&パンツァー』劇場版上映会盛り上がったシーンTOP10

1位はやっぱりレムとスバルのあの神シーン! 『リゼロ』一挙放送で盛り上がったシーンTOP10

『このすば』最強のお色気シーンを抑えての1位はケモ耳少女が○○れる瞬間。 “アニメ温泉回13作品一挙放送”で盛り上がったシーンTOP10

10位:一挙放送開始かと思いきや声優登場

『オーバーロードII』放送直前『オーバーロード』全13話一挙放送より)

 10位は、生放送開始とほぼ同時にアウラ役の加藤英美里さん、マーレ役の内山夕実さんからのコメント映像が流れたシーン(00:02ごろ)

 一挙放送開始かと思いきや、加藤英美里さんと内山夕実さんのキャストコメントから始まった上映会。マーレ、アウラとは見た目も性別も異なるふたりが「元に戻ります」と冗談を交えたコメントで視聴者を驚かせていた。

 これに視聴者も「!?」「おお」と驚きのコメントを残していた。

9位:EDの美人はアルベドですよ(汗)

『オーバーロードII』放送直前『オーバーロード』全13話一挙放送より)

 9位は、1話のEDにてアルベドが映し出されるシーン(23:40ごろ)

 絶世の美女と呼ぶにふさわしい美貌を持つアルベドは、1話でモモンガにより設定を変更され、残念美人となってしまう。

 そのためなのかは定かではないが、EDアニメでアルベドが映し出された際、彼女だとわかるにも関わらず「誰?」「この美人は一体…」などのコメントが書き込まれる羽目に。

8位:アインズ正妻戦争勃発

『オーバーロードII』放送直前『オーバーロード』全13話一挙放送より)

 8位は、闘技場に集められたナザリック地下大墳墓守護者シャルティアに対しアルベドがビッチと発言するシーン(35:08ごろ)

 モモンガの命令によりナザリック地下大墳墓の階層守護者たちが6階層に集められ、モモンガは統治者としての威厳を見せる。

 そんな中、シャルティアは愛するモモンガの放つ気配にゾクゾクし、下着に変化が!? その姿を見たアルベドはシャルティアをビッチと罵り正妻戦争が勃発。

 ここまでのアルベドの行動を見てきた視聴者からは「おまいう」「おま」など、ツッコミコメントが飛び交っていた。

7位:絶望真っ只中のニグンを熱演する子安武人

『オーバーロードII』放送直前『オーバーロード』全13話一挙放送より)

 7位は、アインズと名乗ったモモンガが“スイレン法国”の特殊作戦部隊隊長のニグンに力の差を見せつけ、絶望を与えるシーン(1:30:20ごろ)

 命を狙われる戦士長ガゼフはアインズに村の者を守ってほしいと語り、ニグンとの戦いへ。そんな彼の危機に、事前に渡しておいた”持っている者と場所の入れ替えるアイテム”を使用したアインズはガゼフと入れ替わる形で戦場へ。

 戦士長に代わり戦場に現れたアインズは、ニグンの切り札である最高位天使をブラックホールにより一撃で消滅させ絶望を与える。圧倒的力の差にニグンは、アインズに命乞いをするのであった。

 絶望したニグンの声優、子安武人さんの演技力に「テラ子安」「子安の演技力最高」といった賛辞が送られていた。

6位:取り返しのつかない最大のミス

『オーバーロードII』放送直前『オーバーロード』全13話一挙放送より)

 6位は、ゲーム仲間であった設定魔のタブラが作ったNPCアルベドの設定をモモンガが変更してしまうシーン(09:27ごろ)

 ギャップ萌えであったタブラの設定で、ナザリック地下大墳墓の守護者統括でありながらビッチとされていたアルベド。いくらなんでもとビッチ設定を消すモモンガは、空いたスペースに“モモンガのことを愛している”と書き加えてしまう。

 そんなアルベドの今後を知っている視聴者たちからか、「おいやめろ」「最大のミス」といったコメントが見受けられた。

この記事に関するタグ

「アニメ・マンガ・ゲーム」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング