ニコニコニュース

話題の記事

吉田豪氏 本人が選ぶ“吉田豪炎上ランキング2017”は『ラストアイドル騒動』が1位に。本人が「超恐ろしい」と語る後日談も掲載

第1位 『ラストアイドル』吉田豪のジャッジに批判殺到

──アイドルオーディション番組『ラストアイドル』のメンバー入れ替えの判定で、吉田豪さんが初期メンバーの長月翠さんではなく、蒲原令奈さんを選んだことに、判定がおかしい、と批判が殺到。大炎上しました。

吉田:
 これが恐ろしいのが、この炎上自体は別にどうでもいいんですよ。このあとの番組のころがし方が本当に恐ろしくて。

徳光:
 と、言いますと?

吉田:
 まず炎上が土曜日の深夜。日曜日の朝電話がかかってきて、また出てくださいとオファーが来て、それで呼ばれて出たのが、最後のバトルの収録の日で、そのラストバトルの審査員に僕を選ぶという、だから完全に伏線を僕にしていくんですよね。

 その時点で怖いじゃないですか。なんで僕をオチにするんだという。しかも予告まで使われて、予告で、僕センターで使われて、えーっと思うじゃないですか。その直後に、つい最近ですよ。池袋サンシャインの噴水広場で、『ラストアイドル』ファミリーが全員集まるイベントをやりますと。

 『ラストアイドル』ファミリーというのは、セカンドユニットも含めてのグループが全部出る。発表せずに、吉田豪出演なんですよ。オファーが来て、なぜか突然ファミリー入りされているうえに、突然吉田豪が出たらどうなるかという実験をするわけですよ。超恐ろしい。

徳光:
 でもある意味、作り手としては、僕はディレクターとかプロデューサーのすごいセンスは感じますよね。変な話、吉田さんを上手く利用してね。

吉田:
 完全に利用ですよ。

徳光:
 それはうまいなと思いますね、商売として。

吉田:
 だって、メンバーより僕に脚光当ててどうするんだよみたいな。

徳光:
 そうなんですけれども、でもそのあとメンバーたちも脚光浴びる形になってきたじゃないですか。

吉田:
 いつの間にか秋元派にされた、とか書いてあるけど、僕と秋元康の接点は、本当に7、8年ないんですよ。会ってないんですよ。知らないんですよ、という。恐ろしい。

徳光:
 すごく接点があるのかなと思っていたんですけれども、7、8年前だったら、AKBがデビューして。

吉田:
 LOFT/PLUS ONEに1回出てもらったことがあって。

徳光:
 秋元さんが出たんですか?

吉田:
 あれ本当奇跡ですよ。2部に秋元康が出たんですけれども、1部がストロング小林ですからね。この2人が並べられるイベントはないんですよ。奇跡ですよ。

一同:
 (笑)

久田:
 なんで出たの?

徳光:
 すごいオールスター戦ですね、これは。

吉田:
 どっちも僕らは好きですけれども、みたいな。

久田:
 そのときの秋元さん、ちょっとワルぶってボタンすごい外していたんですよね。

吉田:
 胸毛を見せる感じで。

久田:
 どうしたんだろう。

徳光:
 そういえば、秋元さんと久田さんもビートたけしさんの共通項は、ネクタイしないですよね。かっこいい。

吉田:
 ちょいワル感ね。

徳光:
 僕ができないんですよね、ネクタイしないと。

久田:
 Tシャツですよね。着たいからだと思っていた。

徳光:
 テレビ出るときは、ちょっとネクタイしないといけない。

久田:
 昔AKBの本を作ることになったんですよ。秋元康さんは、プレゼンとかするときに……。

吉田:
 出なかったやつですね。

久田:
 出なかったやつね。2回くらいあったんですけれども、初めはギリシャ神話の話からするんですよ。ギリシャ神話の話から、どこでAKBに来るのかなと思ったら、なんか結び付けてくるんですよね。それが印象的で。

吉田:
 古舘伊知郎みたいな、古代ギリシャの、みたいな(笑)。

一同:
 (笑)

徳光:
 それこそ秋元さんの発想は、ここのところ全打席ホームランを打ってらっしゃる。

吉田:
 しばらく、10年くらい空振りを続けた時期があって。

徳光:
 チェキッ娘をやったこととか。

吉田:
 チェキッ娘は俺じゃない、とよく言ってますけれどもね。あれは俺じゃないんだって。

徳光:
 CoCoとかもそうですよね。

吉田:
 あれも違いますよ。

徳光:
 乙女塾、違うんですか。

吉田:
 失敗を俺のせいにするな、とよく言っていますから。

一同:
 (笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「芸能」の最新記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング