ニコニコニュース

話題の記事

トランプ政権の抱えるリスクを自民党議員が解説「この時期のアメリカ大統領の支持率として、おそらく過去最低」

 トランプ米大統領に対し3人の女性がセクシャル・ハラスメント(性的嫌がらせ)を受けたと訴えたことが話題となっています。『山本一太の直滑降ストリーム』では、自民党参議院議員の山本一太氏と、コメンテーターの長尾俊介氏が、すでに5人の国会議員が辞職しているというホワイトハウスでのセクハラ疑惑に言及しました。

 またもう一方のトランプ政権のリスクであるロシアとの蜜月関係についても触れ、捜査チームに圧力をかけるのではないかという見方をしている米専門家の指摘を取り上げ、その内容を解説しました。

左から山本一太議員、長尾俊介さん。

-人気記事-

『事故物件アワード2017』1位は“あのアパート”『大島てる』管理人が「圧倒的に1位」と語る事故物件とは

【NHK】受信料の支払いが強制なら“B-CASカード”無しでも見れるようにしないと「契約不履行」になるのでは? 小飼弾氏が言及


拡大するセクハラ疑惑問題をトランプ大統領は乗り越えられるか

写真はトランプ大統領の公式Instagramより。

長尾:
 これはあまり喜ばしいニュースじゃないですけれども、トランプ大統領の支持率の調査を平均しますと40%を切っていて、36.7%です。

山本:
 この時期のアメリカ大統領の支持率にすれば、おそらく過去最低でしょうね。でも最初から支持率は低いからね。

長尾:
 そうですね。そしてその中で、トランプ政権のリスクを二つ取り上げてみました。ハリウッドやシリコンバレーではじまったセクハラ疑惑がどんどん広がっています。

 ホワイトハウス近辺にまできていまして、これが民主党も共和党も両党が接見していまして、今のところで5人の国会議員がすでに辞めているんです。

 もう一つ問題なのは、こういったセクハラ疑惑で辞めている人がいる一方で、チャック・シューマ―さんという方がいて、この人は日本でも割と名前を聞くくらいの方です。

 この方が疑惑をかけられて本人は身の潔白を証明したのですが、ソーシャルメディアでは「あの人、本当はやったんじゃないか」と叩かれています。

山本:
 政治家として次の選挙にマイナスですよね。身の潔白を証明したけれど、印象がつきまとうという。

 この動き、日本の政界に来なければいいなと思っています。僕は大丈夫だけどね(笑)。意外と日本に来たら大変じゃないかな。

長尾:
 しかも両党の議員だけではなく、トランプ大統領自身も……。

山本:
 元祖みたいな人ですからね。

長尾:
 選挙キャンペーン中で大統領になる前なのですが、2014年にある番組に出る直前の待合のバスの中で、「女の子なんてイチコロでできるぜ」みたいな過激な発言をしていました。

 それが全部マイクで収録されていて、クリントン陣営から「こういうことをいっていましたが、どうですか」と訊ねられたときに、「あれは誤解だ」といった後に、「あれは男の話だから、他愛もないことだよ」って暗に認めてしまうんですね。

 それがあるからこそ、どんどん事態が深刻化していくとトランプ大統領自身にも、いろいろな圧力がかかってくるかもしれません。

山本:
 僕、結構驚いたことがあって、「ポリティカル・コレクトネス【※】」というのはアメリカで本当に大事で、誰もタブーとして乗り越えられないと思っていたのに、トランプ大統領は次々と乗り越えていったじゃないですか。

 普通こういう発言だけで政治生命は終わりですよ。

※ポリティカル・コレクトネス
政治的・社会的に公正・公平・中立的で、なおかつ差別・偏見が含まれていない言葉や用語のことで、職業・性別・文化・人種・民族・宗教・障害者・年齢・婚姻状況などに基づく差別・偏見を防ぐ目的の表現を指す。

山本:
 大統領予備選挙の途中で愛人問題が発覚したゲイリー・ハート上院議員だって、あの愛人疑惑で政治家として終わったんですから。

長尾:
 トランプ大統領は最初から「メキシコ人は犯罪者ばかりだ」みたいな過激なことをいっていましたからね。

山本:
 そうだよ、ありえないですよ。それでもずっと生き残って大統領になった。

長尾:
 しかし果たして今回はどうなのかというところですね。

ロシア疑惑捜査でモラー特別検察官の処遇はどうなる?

長尾:
 そして二つ目のリスクですが、ロシア関連ですよね。モラー特別検察官が、トランプ陣営とロシアの選挙キャンペーン期間中からの癒着があったのではないかと捜査をしています。

長尾:
 それに際してコミーFBI長官がクビになったように、トランプ大統領は果たしてモラー特別検察官をクビにするんじゃないかという見方もあります。

 トランプ大統領自身は否定していまして、彼の取り巻きがモラーさん本人もそうですし、モラーさんのチームに対していろいろな嫌疑をかけています。

 ある大学の先生が分析しているものがあります。

長尾:
 「sow public doubt about Mueller and his prosecutors in advance of upcoming criminal trials.(これからの刑事裁判に先立ち、モラー氏と彼のチームに疑念を抱かせる)」とあります。

 要するにモラー特別検察官のチームに対していろいろと嫌疑をかけることによって……。

山本:
 彼らの信用度を下げるんだ。

長尾:
 そうです。

 裁判ではトランプ大統領の側近が呼ばれたときに恩赦をあげたり、「モラーがあんな感じだから、あの人の裁判の恩赦を与えるトランプ大統領の立場もわかるぞ」というようなことをしているのではないかという指摘です。

「政治」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

ニコニコのアニメ情報サイト Nアニメ
公式Twitterをフォロー

アクセスランキング