ニコニコニュース

コミックマーケット93特集

話題の記事

【有馬記念】競馬の“回収率75%の壁”は突破できるのか?――2年連続プラス収支の男が伝授する“勝てる買い方”「オッズは強さの基準ではない」

 12月17日に放送されたニコニコワークショップのテーマはズバリ、「競馬を制する者は世界を制す!」。年間収支でプラスを維持しているという、ニコ生主のよっさんが講師として番組に登場しました。

 高田健志さん横山緑さん飯田祐基さんまろんさんらが共に、よっさんに競馬における「回収率」を高めていくコツについて学んでいきます。

左から高田健志(MC)よっさん(講師)横山緑まろん飯田祐基

―人気記事―

儲かるのは「パチンコ」か「スロット」か? パチスロライターに“楽して儲ける方法”を聞いてみた「今は確実にパチンコのほうが勝てますよ」

-関連記事-

現実世界で競争馬を育てる「リアルダビスタ」始動! ニコニコユーザーが投票で選んだ「母馬候補」は6歳の良血統の有望株

 


思い出に残っているレースは?

よっさん:
 2年間プラス収支、今年も39万。今日5万負けたんですけど。

高田:
 ちゃんと全部収支つけてるんですね。

よっさん:
 去年からなんですけど。

高田:
 2年連続プラスだったら先生になれますよ。ほとんどの人は負けてますからね。

よっさん:
 競馬の回収率75%の壁【※】に悩まされる人が多い中、私は勝ち続けているので、今日は私の勝ち方を生徒さんたちに伝授したいです。

※回収率75%の壁
掛け金の25%を控除としてJRAが天引きするため、回収率は75%に収束していく。

高田:
 今までで一番勝った金額を、どのレースで勝ったかとかをフリップに書いていただければと思います。

 多分、100万円くらい勝ってる人いるのかな………。ちなみに私は100円の3200倍が最高ですね。

一同:
 えー、すげえ!

横山:
 2000年安田記念におきまして、海外馬がキングヘイローとブラックホークを破って……当時三連単とかなかった時代で、馬連で1万4000掛ける200円買ってて……。これが俺が自分で買った馬券で一番……。

高田:
 え、29400円ってしょぼくないですか(笑)。

飯田:
 貨幣価値はいまと変わらないですよね(笑)?

横山:
 過去で一番負けたレースを言うと、有馬記念で副賞に15万賭けたんだよ。あれ帰りの記憶が無いもん……(笑)。

よっさん:
 あれ、4着かなんかですよね。

飯田:
 宝塚記念50万です。みなさんこれ覚えてます? これカレンミロティックを本命にしてたんですよ。13番人気くらいなんですけど、それを本命にしてて、2着付けで買ってて。

 馬連、馬単、三連単全て獲ってですね……。全て獲って50万円。うれしくて緑さんに電話しましたよ。緑さんはボロ負けになってて気持ちよかったわ―(笑)。

横山:
 でもそのあと、パチンコのキン肉マンで全部すったんだよな。

飯田:
 そう(笑)。

よっさん:
 私は今年なんですけど、ローズステークス51万6000円。

一同:
 すごい。

よっさん:
 ひとつ言いたいのは。オッズは強さの基準じゃないんですよ。よく横山緑がオッズの一番人気を強いと勘違いしてる。 

 オッズというのは人気投票なんです。そこから過剰人気とか不当評価を受けている馬が出てくる。この馬はもっとオッズがあってもいいんじゃないかとか。そういうのがあって選んだのが9番人気のラビットラン。この馬は本当に強いと。オッズを全部みて判断してこの馬いくら何でも人気なさすぎだろうと。
 そこで単勝1万5000円、副賞2万5000円賭けたんですよ。それが単勝26倍とかついて。単勝が40万くらいになって、副賞が7倍ついてて14万になったんですよ。

高田:
 3連単とかいったわけじゃないんだ。一点突破でいったんだ。

よっさん:
 私、馬券の買い方に個人的なやり方があって、ほとんど単勝メインなんですよ。

オッズと“強さ”の関係性とは

横山:
 ただ、やっぱり大衆の人気に支持されたから1.1倍とかの馬が出るわけで、それが強さの表れじゃないですか。

よっさん:
 強さのあらわれじゃないんですよ。それは人気投票だからたとえば強い馬が2倍だったら、この馬が2倍になるのかってオッズとデータをみて考えるわけですよ。

飯田:
 よっさんって人の予想をパクってるだけでしょう?

よっさん:
 参考にはしますけど、そんなことはないですよ。結果的に去年と今年で全部プラスになってます。今年収支的に39万プラスですね。
 でも昨日競輪で7万5000円負けて、今日5万負けたから合計12万5000円負けました。

横山:
 一ヶ月の家賃以上に負けてる。

よっさん:
 でもパチスロと競馬で勝ってるんでまぁ大丈夫かなと。

まろん:
 「オッズは強さじゃない」って書いますけど、じゃあ何をもとに決めてるんですか?

よっさん:
 競馬はデータとオッズの両方を見て、釣り合っているかどうか。それが妥当かどうか自分で見て分かるようになれば、競馬で勝てるようになると思うんですよね。

飯田:
 俺、競馬でデータとか言ってるのはおかしいと思うの。よっさんみたいな低学歴がさ、頭の中で考えて情報を処理して考えてるわけでしょう(笑)。だったら競馬新聞とかに関わっている人のほうが情報いっぱいあるし、しかも馬のことをわかってるわけで、それが一番良いに決まってんじゃん。

飯田:
 だから俺の買い方はひとつだけ。信頼できる人の予想を丸パクリしてるの。絶対そのほうが当たると思わない? よっさんは自分のデータが当たる快感に酔いしれてるだけだよ。

よっさん:
 競馬新聞とかの人のは、的中率ですよね。俺は自分でも「当たらない」って言ってるんですよ。回収率で勝負してるから。的中なんていらないと。当たったときに2、30万みたいにデカく獲れたほうがプラスになると思ってるし。でも競馬の予想屋とかは的中率を重視するんですよ。

高田:
 予想屋は、当たらないと何こいつってなるからね。

よっさん:
 的中率をいくら上げたところで結局75%の壁に阻まれるんですよ。俺は讃えられるのが嬉しいんで、メインしかやらないです。

「スポーツ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング