ニコニコニュース

話題の記事

『ボールルームへようこそ』『クズの本懐』『リトルウィッチアカデミア』…2017年アニメ総括ランキング「豊作だが、突き抜けの一本がなかった」

 お笑い芸人ハライチ 岩井勇気氏がお届けする、本音でアニメを語る番組『ハライチ岩井勇気のアニ番』にて、二ノ宮市丸氏をゲストに迎えしました。

 今回の放送では、二人がお互いの「2017年アニメ総括ランキング」のTOP3、『クズの本懐』『昭和元禄落語心中』『ボールルームへようこそ』『リトルウィッチアカデミア』『賭けグルイ』の5作品をピックアップして語りました。

『ボールルームへようこそ』画像は公式Twitterより。

※本記事には『リトルウィッチアカデミア』『クズの本懐』のネタバレを一部含みます。ご了承の上で御覧ください。

ー人気記事-

FGOVRをプレイした“アルトリア・ペンドラゴン役”川澄綾子の感想がステキ「マスターへの尊敬の思い…アルトリアらしさが一切失われてない」

電波ソングブームの先駆け『さくらんぼキッス』は黒歴史? 作詞者・KOTOKO「あれは今後、お葬式で流すだけにして(笑)」


王道を貫いた『リトルウィッチアカデミア』と、現実主義を描いた『クズの本懐』が各々の1位を獲得

左から二ノ宮市丸さん、岩井勇気さん。

岩井:
 2017年総括ランキングです。私の3位が『ボールルームへようこそ』、2位が『昭和元禄落語心中』、1位が『クズの本懐』です。二ノ宮さんが3位『賭ケグルイ』、2位『昭和元禄落語心中』、1位『リトルウィッチアカデミア』です。

二ノ宮:
 今年はいろいろ迷いました。本当は『宝石の国』も入れたかったですし。映画も入れていいんだったら『名探偵コナン から紅の恋歌』も入れたかった。

岩井:
 あれよかったらしいですね。でも『リトルウィッチアカデミア』の1位は、わからなくもないです。全部見たけれど、めっちゃよかったですよ。

画像は『リトルウィッチアカデミア』公式サイトより。

二ノ宮:
 みんなの力で世界を救うんだっていうのは、やっぱり好きですね。

岩井:
 結局、最終的にみんなの力で世界を救うという、ちゃんと王道にいってくれる。

二ノ宮:
 安心するよね。

岩井:
 『クズの本懐』はよかった。ランキングを考えるときに、パッと出てきちゃった。これが一瞬どうなるのかなってワクワクする。恋愛系なんですが、理想論がまったく詰め込まれていないんです。

 現実を煮詰めて濃くしたみたいな。人ってやっぱり浮気するし、居心地がいいほうにいっちゃうし、みたいな。

画像は『クズの本懐』公式サイトより。

二ノ宮:
 あんな青春は過ごしたくないですっていうコメントもありますよ(笑)。

岩井:
 主人公も好きな人がいつつ、同級生で心の拠り所を見つけて、そっちの楽な方向にいくみたいな。汚さみたいなのって全員持ち合わせているじゃないですか。現実とか腹黒さが詰め込まれてる。

二ノ宮:
 学生の話だけど、舞台設定が30代だったら目も当てられないね(笑)。

岩井:
 ドロドロしてるんだよね。主題歌もよかった。ヤリマンの先生もよかった。ああいう人、いるもん(笑)。

『昭和元禄落語心中』を実写化するなら?

岩井:
 『昭和元禄落語心中』は他のコンテンツでやらないのかな。

画像は『昭和元禄落語心中』公式サイトより。

二ノ宮:
 実写とか?

スタッフ:
 実写をやると落語のシーンは冷めると思います。

二ノ宮:
 相当スキルがないと……。

スタッフ:
 
やるとしたら、本当に落語家さんにやってもらうしかないんじゃないですか。

二ノ宮:
 ちょっと小綺麗な俳優がやるんでしょうね(笑)。

岩井:
 声優がそのまま実写をやればいい。関智一さん、石田彰さん、山寺宏一さんとか、どっしりしすぎだもん。

二ノ宮:
 誰もこのチームを揺るがすことができないだろうなという三人ですね。

岩井:
 林原めぐみさんも出てたし。面白いですよ。

「アニメ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング