ニコニコニュース

話題の記事

THE BACK HORN Vo.山田将司が尾崎豊『十七歳の地図』を聴いていた中学時代を語る「自分が歌いたいと思ったのは尾崎さんの影響」

 2018年に結成20周年を控え、10月18日にアルバム『BEST THE BACK HORN II』を発表したTHE BACK HORNのメンバーの山田将司さん松田晋二さんが『WOWOWぷらすと』に登場しました。

 番組内の自身のルーツとなった音楽アルバムを紹介するコーナーでは、THE YELLOW MONKEYの吉井和哉さんやMUSEのマシュー・ベラミーさんとの秘話をMCのピエール中野さん大澤実音穂さんに明かしました。

左から松田晋二さん、山田将司さん、大澤実音穂さん、ピエール中野さん。

-人気記事-

“ヤリマンなのにどうして僕とやってくれないんですか?” 童貞から集めた疑問に答える話題の同人誌。制作秘話と童貞からの反響を聞いてみた

パワハラ、セクハラ、賃金未払い…、『水戸ご当地アイドル(仮)』うめさん脱退騒動に吉田豪・ロマン優光らが言及「悪夢のような人質商売」


やみつきになるTHE YELLOW MONKEYの『SICKS』

大澤:
 自身のルーツとなる9枚のアルバムを選んでもらい解説していただきます。

松田:
 『BUST WASTE HIP』はバンドをやりたいと思うきっかけになった一枚です。

画像は『Bust Waste Hip Original recording remastered』Amazonより。

松田:
 特に中学生の頃に聞いた歌詞のストレートさに、すごいなと思ったのですが、大人になってから聞くとその歌詞がものすごく深いんですよ。

スタッフ:
 洗練されているよね。

松田:
 NIRVANAの『NEVERMIND』を聞いて、サウンドでこんなにエネルギーを伝えられる曲があるんだとものすごい衝撃を受けました。テンポも速いわけでも遅いわけでもなく、隙間のあるロックです。

画像は『NEVERMIND/REMASTERED』Amazonより。

松田:
 THE YELLOW MONKEYの『SICKS』というアルバムはヒリヒリしてるけどポップだし、ものすごくやみつきになって何度も聞きたくなりますね

画像は『SICKS Original recording remastered』Amazonより。

松田:
 吉井さんがソロになられてから、フェスで一回だけ一緒になったことがあって、ものすごく自分を高めて「THE BACK HORNっていうバンドです」っていったら「ありがとう、知っているよ」っていわれた瞬間に腰が砕けました(笑)。

 そのあとの打ち上げでもいらっしゃって、向こうから話しかけてくださって、そういう優しさがある人ですね。

メンバー全員が聴きまくったMUSEの『Showbiz』

松田:
 THE BACK HORNを結成してから、洋楽はメンバー間で共通して聴く曲がなかったのですが、ちょうどその頃にMUSEがデビューをしたんです。

 なんともいえない暗さと、様式美のマシュー・ベラミーの声が聞こえてきたときに「俺たち全員好きなのはこれかもしれない!」となった

画像は『Showbiz ImportAmazonより。

松田:
 そして当時対バンしていたバンドが「俺たちすごいバンドを見つけた」と持ってきたのが、たまたまMUSEだった。俺の家でみんなでMUSEを聴きまくりましたね。

 MUSEは同世代だし、スリーピースであれだけの壮大な楽曲を演奏できるのはACIDMANかMUSEしかいないと思って、メンバーでMUSEのコンサートとか見に行ったりしたんですよね。

 そうしたら楽屋に入れてくれたんです。「ナイスライブ!」っていったら、マシューがケータリングについていたナイフを持ってきて「ナイスナイフ?」みたいな冗談をかましてきたんです。

松田:
 それから「打ち上げに来ないか」といわれたのですが、実は俺らも次の日はライブがあったので「次の日ライブなので帰ります」って(笑)。

大澤:
 めちゃめちゃ真面目(笑)。

松田:
 今思えば「帰る!?」って思いますけれどね(笑)。次に紹介するテイラー・スウィフトは『Mine』という曲がすごく好きでした。

 今はアメリカのポップアーティスト的な存在になっていますけれど、最初のカントリーシンガーの時代を見ると、実はこの『RED』がものすごくいいバランスで、両方が混ざっているんです。

画像は『Red Import』Amazonより。

松田:
 進化途中のいい状態のテイラー・スウィフトが詰まっているんじゃないかと思います。それで実はテイラーは身長が180cmあるんです。

スタッフ:
 コンプレックスなんだよね。

松田:
 もうちょっと華奢に見えたほうがかわいいと思っているのか、ちょっと猫背になっているのがすごく親近感が湧きます。

「音楽」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

アクセスランキング