ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

とある将棋棋士が夕食に桃を8個注文。休憩後に盤の前でおもむろに食べ始めたという伝説的な話

 対局のたびに注目が集まる棋士の食事。インターネットで対局が中継される場合、誰が何を注文したか“画像付き”で紹介されることも多く、将棋中継には欠かせない要素となりつつあります。

 ニコニコ生放送にて中継された『第30期竜王戦 七番勝負』。対局者の2人におやつが運ばれてきた場面では、解説として出演した佐藤秀司七段が過去に目撃した“とある棋士”のおやつにまつわるエピソードを語りました。


盤の前で桃を食べている先生が……

佐藤:
 おやつというか、連盟での対局の時に夕食休憩が終わって、なぜか盤の前で桃を食べている先生がいらっしゃってですね。

佐藤:
 夕食の注文の時にちょうど桃を注文されていたんですね。桃を8個注文して1つ1つ皮を手で剥いて、汁がボタボタとたれているんですけども、それをかぶりついて食べられていました。それ見て、なんか落ち着かなくなるんですよね(笑)。

宮宗:
 すごい(笑)。でも、水分出ちゃいますよね。

佐藤:
 一応、お盆の上で。結局その時はその先生、桃を結局5個しか食べれなかったと思うんですよ。

宮宗:
 でも5個も食べたんですね。

佐藤:
 結局3個余ったんですね。翌月もまた同じ対局室だったんですよ。こういう言い方しちゃ失礼ですけど、学習されたのか今度は桃を4個注文して、それは完食されたかなと思うんです。でもできれば違う対局室で指したかったなと思いましたね(笑)。

佐藤:
 桃って普通1個食べれば満足しませんか?

宮宗:
 うん、そうですね(笑)。

佐藤:
 5個食べる人……大食い大会とかならともかく(笑)。

宮宗:
 よっぽど、お好きだったり。なかなか気合いを入れないと4つとか食べれないですね。

佐藤:
 気合いを入れてもちょっと食べれないでしょう、夕食を食べ終わった後ですよ(笑)。

宮宗:
 そうですね(笑)。

佐藤:
 糖分……。果物ですかね、“果糖”を補給しようということでしたかね。

宮宗:
 なるほど、そんなお話もあるんですね。やっぱり面白いエピソードが多いですね(笑)。

加藤一二三九段
画像は『チョコレートの日も一二三の日 続 加藤一二三九段 特番』より

■関連記事
「名人戦に勝利できたのは“運”」引退が決定した生ける伝説棋士・加藤一二三が将棋人生を語る

“ひふみん”こと加藤一二三氏が引退戦直後に会見を行わなかった理由は「真っ先に帰宅して長年支えてくれた妻に負けを伝えるため」だった

この記事に関するタグ

「将棋」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング