ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

いかりや長介がテレビで見せなかった姿をドリフのメンバーが振り返る「舞台が火事になったとき長さんが一番慌ててたんだよな」

 1977年に放送が開始されたザ・ドリフターズと豪華ゲストによる爆笑コントバラエティ『ドリフ大爆笑』(以下、大爆笑)。ニコニコ生放送では加藤茶さん高木ブーさん仲本工事さんをお迎えし、BSフジで放送された『ドリフ大爆笑』のコメンタリー番組をお送りしました。

 司会を務める高木さんの愛娘・かおるさんの進行で、生放送中に発生した火事のハプニングの話題など、当時の舞台裏や、今は亡き、いかりや長介さんとの思い出を語っていただきました。

左からかおるさん、高木ブーさん、加藤茶さん、仲本工事さん。

―関連記事―

『森脇健児』が芸能界から干された理由がツライ。12本あったレギュラーが突然0本に……

「長年の夢が叶いました」ーーNetflix制作『人間、明石家さんま。』でインタビュアーを務めた吉田豪が撮影の様子をふり返る


「毎週ネタを考えるのが苦痛だった」多忙の当時を振り返る

『ドリフ大爆笑』。画像はBSフジ公式サイトより。

かおる:
 きょう放送するのは『ドリフ大爆笑』の第一回の放送を再編集したものです。当時、加藤さんが33歳、お父さん(高木さん)が43歳、仲本さんが35歳。

仲本:
 若いね!

加藤:
 ものすげぇ遊んでた頃だな(笑)。

かおる:
 その頃の思い出とかありますか?

加藤:
 ただただ忙しかったな(笑)。だからあまり覚えてない。

かおる:
 当時は毎週『8時だョ!全員集合』(以下、全員集合)で忙しい中、月一回のペースで『ドリフ大爆笑』がスタートすると聞いたときは、どんな気持ちでしたか。

加藤:
 新しい仕事が増えるのが嫌だったよ(笑)。

一同:
 (笑)

加藤:
 忙しくなるのがすげぇ嫌だった(笑)。最初は『ドリフ大爆笑』は一週間に一回の放送だったよね。

仲本:
 最初はね。

加藤:
 それが一カ月に一回になったのが、何年か経った後だった。だからそれまでは毎週ネタを考えてたんだよ。

かおる:
 『大爆笑』は収録、かたや『全員集合』は生放送。だから気持ちも全然違いますよね。

画像はニコニコ生放送より。

加藤:
 『全員集合』でやったものを、かぶらないようにやらなきゃいけないからね。それでネタの量も多いんだよ。

高木:
 放送時間も長いしね。

加藤:
 ネタを考えるのが一番つらかったな。最初のうちは、どんどんネタが出てくるからいいの。ところが、出なくなるとピタっと出なくなる。

仲本:
 止まっちゃうね。みんな不機嫌になるしね(笑)。

雷様コントの高木ブーのセリフは素だった!?

かおる:
 視聴者からのお便りが届いています。(メールを読む)主にネタを考えていたのはいかりやさんだとのことですが、三人からも「こんなネタはどうか」など提案したネタはあったのでしょうか。そういうとき、いかりやさんはどういう反応ですか。

仲本:
 長さんは結構厳しかったよな。

加藤:
 ネタ会議で「こういうネタがあるんだけど」というのを、発表するんだよね。周りがドーンとウケるとオッケー。笑わないとボツ。

かおる:

 テストみたいですね。

加藤:
 だからウケないといけないから、ネタを考えて提案するのも大変だったな。

かおる:
 雷様のコントは長さんが提案したんですか。

高木:
 あれは最初、五人でやってたんだよね。

かおる:
 そうだった。そのときは五人全員同じ色の衣装でしたよね。三人になってから色が分けられたんだった。

仲本:
 あれは「高木さんに喋らせよう」というのがテーマだった(笑)。

かおる:
 雷様のネタはお父さんが考えたの?

加藤:
 あれは考えたんじゃなくて、本心だよ(笑)。

高木:
 そうそう、そのまんま(笑)。

一同:
 (笑)

「芸能」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング