ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

各党首「ネット第一声」まとめ【衆院選2017】

 衆議院総選挙の公示日となる10月10日。与野党8党の党首がニコニコ生放送で「ネット第一声」を配信、ネットユーザーに支持を呼びかけた。本記事では、各党首からのメッセージを全文書き起こしたものをお届けする。


自由民主党 安倍晋三総裁

安倍晋三総裁。画像は【ネット第一声】自由民主党 安倍晋三総裁から「国民へのメッセージ」より

安倍:
 ニコ生をご覧のみなさん、自由民主党総裁の安倍晋三です。いつも自民党を応援いただきありがとうございます。

 本日から衆議院総選挙が始まります。北朝鮮の脅威、そして少子高齢化、日本はこの2つの厳しい現実に直面しています。この待ったなしの状況を前にし、私は問いたい。みなさんが日本の未来を、そして子どもたちの未来を。自民党と一緒に切り開いていただけるか否かを。

 1つ目の待ったなしは、「北朝鮮問題」です。日本を取り巻く安全保障の現実は、戦後最も厳しくなっています。北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイルの発射、核実験の強行、度重なる挑発に対し、国際社会の連携を強固なものとするため、私は世界の中でリーダーシップを発揮していきます。拉致、核、ミサイル問題の解決に向け、北朝鮮の政策を変えさせるため、国際社会と連携して圧力を最大限まで高めていきます。危機管理にも全力を尽くし、必ず国民のみなさんの生命と財産を守り抜きます。

 2つ目の待ったなしは、「少子高齢化」です。人生100年時代がやってきます。いつになっても、誰にでも学び直しとチャレンジの機会がある社会。経済的に恵まれない家庭の子どもたちも、意欲さえあれば誰もが進学できる社会。幼児教育の無償化も一気に進め、全ての世代を支える全世代型社会保障へ大きく舵を切ります。これまで約束してきた年金、介護の充実に加え、子育て世代、子どもたちの未来への投資を大胆に進めていきます。

 この選挙は日本の未来を決める選挙です。90年代に新党ブームがあり、2009年にも民主党ブームがありました。しかし、ブームがもたらしたものは政治の混乱と経済の停滞でした。日本の未来を切り開くのはブームではありません。みなさん一人一人の力と、それを支える確かな政策と実行力です。8年前、野党に転落したとき、私たちはみなさんの声に耳を傾けることからスタートしました。

 さまざまな地域に足を運び、膝をつき合わせて話を伺い、いただいた叱咤激励を糧に、政策をひたすらに磨き鍛えました。そして5年前、みなさんから大きな力をいただき、政権を奪還しました。アベノミクス、3本の矢の政策によって、雇用は185万人増えました。この春、若者たちの就職率は、過去最高レベルになりました。若者たちに働く場所がある。自らを手で掴み取るチャンスがある。これこそが夢のある日本ではないでしょうか。

 この国を守り抜く、日本の未来のために、子どもたちの未来のために、あなたの未来のために。私は必ずやり遂げます、みなさんと共に。

希望の党 小池百合子代表

小池百合子代表。画像は【ネット第一声】希望の党 小池百合子代表から「国民へのメッセージ」より

小池:
 希望の党代表、小池百合子です。

 25年前、私はテレビ東京の看板番組『ワールドビジネスサテライト』の初代キャスターを務めていました。当時はバブル経済が崩壊したとはいえ、日経平均株価は2万4千円台、石油価格は1バレル15ドル台という時代でした。

 当時の世界経済の主役は日本企業、NTTや日本の銀行、金融機関が光っていました。ところが、2000年代に入りますと、主役は中国企業に移ります。そして今、GoogleやAmazonなど、アメリカのIT企業が世界を席巻しているわけです。

 一方で、日本の財界を代表するような企業は、いま生き残りに汲々としているではありませんか。バブル崩壊以降、たとえ就職できていても、毎年お給料が下がる、ボーナスも下がる、可処分所得が下がる。そう、これがデフレ経済です。先月よりも今月のお給料が下がる、ボーナスも下がる。これではモチベーションは湧きませんね。

 元気が出ない今、30代以下のみなさんは生まれてこの方、デフレのなかで生きて来られたことになります。日本には物があふれています。なんでもあります。それでも、足りないものがあります。それは昨日より今日、今日より明日がきっといいと思う、その希望ではないでしょうか。私たち希望の党はこれまでの政策や発想を超えて、希望あふれる日本へと政治をリセットしていきます。

 男性はもちろん、もっと女性が活躍できる日本にします。待機児童対策は、東京でどんどん進めています。安倍政権は女性活躍を謳いながら、実は世界144か国中111位と、ずるずると世界のランキングの中で下げているのです。看板に偽りありではないでしょうか。

 深夜のみなさん、病院に行くより学び直し、大学生に戻るというのはいかがでしょうか。子どものみなさん、プログラミング教育も受けて、日本のビル・ゲイツになっていきましょう。障がいがある方もLGBTの方も、みんな輝く日本にしていきましょう。

 2030年をめどに「原発ゼロ」へと行程表を描きます。再生エネルギーや省エネ技術というのは、日本の十八番です。国内でもっと技術を活かして、2030年までに、再エネ比率30%まで引き上げます。北朝鮮情勢が極めて厳しい今、元防衛大臣として、安全保障対策、国民の命と財産、国家主権を守り抜きます。憲法改正も、正面から堂々と論じていきましょう。希望あふれる日本へリセット、国民ファーストの目線で挑戦します。

公明党 山口那津男代表

山口那津男代表。画像は【ネット第一声】公明党 山口那津男代表から「国民へのメッセージ」より

山口:
 ニコニコユーザーのみなさん、こんにちは。公明党代表の山口那津男です。

 衆院選は政権選択の選挙です。日本の政治を安定させ、着実に実績を上げてきた自民・公明両党による連立政権を選ぶのか。それとも、分裂と混乱の野党に政権を任せるのか。その選択が問われているのが、今回の衆院選です。

 今回の衆院選で公明党は、「教育負担の軽減」「高齢者支援の強化」「軽減税率の実施」この3つの政策、実績を訴えていきます。中でも、教育負担の軽減においては、2019年までに幼児教育の無償化を、小学校に入るまでの0歳から5歳までのすべてのお子さんを対象に実施します。私立高校授業料の無償化は、年収590万円未満の世帯を対象に全国で実施します。

 また今年度からは、返済する必要がない給付型奨学金がスタートしています。これをさらに拡充していきます。公明党は、親の経済力によって子どもの学ぶ機会が奪われることがないように、これからも力を尽くしていきます。連立政権に公明党があるからこそ政治の安定が生まれ、さまざまな課題を打開することができます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

日本共産党 志位和夫委員長

志位和夫委員長。画像は【ネット第一声】日本共産党 志位和夫委員長から「国民へのメッセージ」より

志位:
 ニコニコ生放送をご覧のみなさん、こんばんは。日本共産党の志位和夫です。

 今度の総選挙の最大の争点は、ずばり安倍暴走政治をこのまま続けていいのか。ここにあります。この5年間の安倍自公政権がやってきたことはなんだったでしょうか。安保法制、秘密法、共謀罪、憲法違反の法律を、次々強行しました。こんなに憲法をないがしろにしてきた政権はかつてありません。沖縄辺野古の新基地建設を、ごり押しして原発再稼働を推し進める。こんなに民意を踏みつけにしてきた政権もかつてありません。

 そして森友会計疑惑。こんな異常な国政私物化疑惑を引き起こした政権もありません。こんなことが放置されたら日本は法治国家ではなくなってしまいます。憲法を壊し、民意を踏みつけにし、国政を私物化する。この暴走政治をこのまま続けていいのか。どうか今度の選挙で市民と野党の共闘を勝利させ、日本共産党を大きく躍進させていただいて、安倍政権を退場に追い込み、日本の政治を主権者である国民の手に取り戻そうじゃありませんか。

 今度の選挙の対決構造どうなっているでしょうか。よく「三極の対決」ということは言われますが、これは違います。自民党と希望の党は、政治の中身に違いがありません。

 希望の党の公約を見ますと、「安保法制の容認」「9条含む憲法の改定」「原発ゼロ」とは言うのですが、原発の再稼働は容認する。政治の一番の根幹部分では、自民党と言っていることが同じです。本当の対決の構図は、自公とその他の勢力対市民と野党の共闘、ここにあります。

 共産党、立憲民主党、社民党、三党は市民連合のみなさんと政策協定を結んでいます。安倍政権の僕らの9条改定を許さない、安保法制、機密保護、共謀罪、憲法違反の3つの法律は、きれいさっぱり廃止する。福島原発事故の検証がない下での再稼働は認めない。こういう7項目の共通政策で合意しています。互いに努力しまして、全国248の小選挙区で野党勢力一本化が実現しました。

 ぜひ、市民と野党の共闘を、大きく成功させたいと考えております。どうかみなさん、日本共産党を伸ばしに伸ばしていただき、また市民と野党の共闘を成功させていただいて、日本の政治を大きく変える選挙にしていこうではありませんか。よろしくお願いします。

「政治」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー