ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

壮絶ないじめを受けてきた男性が熱弁する“いじめをエスカレートさせない方法”とは?

実際にやって成功した「いじめをエスカレートさせない方法」

左から、あさの☆ひかりさん、ひろゆきさん

野田草履:
 オレが考えて、実際にやって成功した「いじめをエスカレートさせない方法」があるんです。

あさの☆ひかり:
 おっ?

野田草履:
 家に漫画が5000冊ぐらいあったんですけど、例えば「BOYS BE…」とか(人気の漫画)を学校へ持って行くじゃないですか。それを怖い奴の前でわざと読んでいると、その怖い奴が「おい。それ、貸してよ」と言ってくるんです

ひろゆき:
 うん。

野田草履:
 ここからがポイントなんですけど、あえて別のクラスでかなりヤバイと言われてる奴に貸すんです。そうすると、その本は9割方返ってこないけど、時々「おい、ハシモト。これ」って言って、教室にいるオレへ本を返しにくるんです。

 ヤバイ奴が本を返しにきたその様子を見て、いじめっ子たちは「あいつ、やばい奴と友だちなんだ!」って思っちゃうんですよ

ひろゆき:
 あー! そこで関係性があるんだって(信じてしまうわけだ)。

野田草履:
 それで、いじめがエスカレートしなくなります。

あさの☆ひかり:
 それ、すごい!

野田草履:
 この方法は相当、使えます。

ひろゆき:
 ハシモトくん、頭いいね!

野田草履:
 実際、それで成功しました。オレは「如何にいじめをエスカレートさせないか?」しか考えていませんでした。これ、一番いい方法だと思います。


■関連記事
体罰でも愛があれば許される? トランペット奏者・日野皓正氏の往復ビンタ騒動から考える指導者の体罰問題

「デブ税」は導入すべきか 「デブは自制できない罰を与えるべき?」「経済が豊かになるからいい?」

「生主」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング