ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

性的シーン強要か「やるまで終わらねぇぞ」——出演者が暴露で上映が中止に。『童貞。をプロデュース』舞台挨拶騒動を吉田豪らが語る

 8月25日に実施された『童貞。をプロデュース』10周年記念上映舞台あいさつの際、出演者の一人であった加賀賢三さんが、「松江哲明監督に性的シーンの出演を強要された」と述べた後、壇上で下半身を露わにし、暴力行為におよんだ。

 上記の騒動を受けて、9月9日放送の『タブーなワイドショー』にて、吉田豪さん久田将義さんKダブシャインさんがコメント。「パワハラでもあり、昨今のAVの出演強要に近い問題ではないか」と打ち出し、騒動が発生した経緯と問題点について語りました。

松江哲明さん。画像はWikipediaより。

関連ニュース

『地下アイドル運営・本当にあったヤバい話』闇社会との関わりを吉田豪が語る

AV女優の発言を無断掲載した書籍『名前のない女たち』が映画化で炎上。著者「中村 敦彦氏」について吉田豪らがコメント


性的シーン出演の強要は“パワハラ”に該当する

左から久田将義さん、Kダブシャインさん、吉田豪さん。

吉田:
 
これ、結構衝撃的な動画がネットに上がっていましたね。

 童貞の二人のドキュメンタリーのような映画があって、その中でちょっとハードないじりをされていて、その童貞の人が「AV女優は気持ち悪い」とか言っているのに、AVの現場に連れて行かれて、本人が嫌がっているのにフェラチオされる、みたいな流れがあったんですよ。

Kダブ:
 パワハラですね。

吉田:
 パワハラでもあるし、今にしてみれば、AVの出演強要問題に近いんじゃないかとか言われているんですけど。それがいろいろ不本意だったんだけど、小さな規模で上映される作品だったんですよ。本人も当時、ギャラももらっていなくて、それだけだったらいいかと思ったら、意外と評判を呼んじゃって、何年も各地で上映され続けて。

Kダブ:
 10周年だもんね。

吉田:
 なおかつ、その過程で揉めたせいで、許可を得ることもなくどんどん上映がされることとなり、10周年で久しぶりに上映後に話すことになって、そこで脱いでしまって。

映画の上映中止を伝える松江哲明監督のツイート。画像は本人Twitterより。

Kダブ:
 これ、怒っている理由は何? 操を返せ、ってことですか?

吉田:
 操なわけじゃないんですけどね(笑)。当時、出演者さんがひどい目にあった時と同じ状況で、監督に対して「面白ければいいということであなたはやったけれども、これだったら面白いでしょ、フェラチオしなよ」と言って、監督が「絶対に嫌です」というような押し問答を、ずっとフリチンのまま続ける、ということになって。

久田:
 それを舞台あいさつでやっているんですよ。それが動画で上がっているという話ですね。

吉田:
 松江さんはずっと「ここでは話せない」とか、「やらない」みたいな感じで。その後も「あれは暴力であり、1週間の怪我を負った」みたいな、そういう感じの戦い方に出てしまって、今は松江監督側が評判を落としている。

Kダブ:
 パワハラですよね。

久田:
 そう、そういうことですよね。

この記事に関するタグ

「報道」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング