ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

秋アニメ『クジラの子らは砂上に歌う』原作が覇権取れるレベルの名作だった

 原作ありのアニメが放送されれば、その原作が気になるのが自然な流れ。

 ということでここでは、2017年10月より放送中のTVアニメ『クジラの子らは砂上に歌う』(作者:梅田阿比『ミステリーボニータ』にて連載中)の原作を紹介。

▼TVアニメ公式Twitter
『クジラの子らは砂上に歌う』公式Twitter

 世界観やストーリー、ともに今クールの覇権となり得るポテンシャルを誇る本作の魅力を紹介していく。

ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』エピソード一覧

砂がすべてを覆い尽くす壮大な世界が舞台 

ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より

 一面砂に包まれた世界。砂の海を漂流する漂泊船“泥クジラ”が本作の舞台。

 泥クジラには、サイミア(情念動)と呼ばれる不思議な能力を持つ“印(しるし)”と、能力を持たない“無印(むいん)”と呼ばれる人たちが暮らしている。

ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より
ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より

 不思議な能力を持つは“印”は寿命が短く、20代~30代までしか生きられない。

ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より

 逆に“無印(むいん)”は寿命が長く、泥クジラを取り仕切る立場として生きていく。

 本作の主人公であるチャクロは“印”の14歳。泥クジラで起きたことを文字として記録する記録係を務める少年だ。

ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より

 幼なじみのサミや、次期首長と噂されるスオウ、泥クジラ随一のサイミア(情念動)の使い手のオウニなど、泥クジラの仲間たちと穏やかな日々を過ごしていたチャクロ。

サミ(“印”)。スオウの妹でチャクロとは幼なじみ。チャクロのことはあからさまに好き。島の仲間にはときどき夫婦とからかわれる。
ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より
スオウ(“無印(むいん)”)。泥クジラの次期首長と言われている。短命な“印”の寿命を延ばすための研究を続けている。
ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より
オウニ(“印”)。泥クジラいちと噂されるほどのサイミア(情念動)の使い手。泥クジラとは別の世界を夢見てたびたびトラブルを起こしている。
ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より

 そんなとある日、チャクロたちの前に島が現れる。調査へ向かったチャクロは、そこで少女“リコス”と出会う。

ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より
ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より

少女“リコス”との出会いから動き出す物語

ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より
ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より
ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より

 突如として襲ってくるリコスだが、衰弱がひどく意識を失ってしまう。チャクロたちはそんな彼女を泥クジラへ連れ帰り介護することに。

ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より
ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より

 しかし、リコスは新しい世界を見たいオウニによって連れ去られてしまう。そして、チャクロ、リコスとともに彼女が発見された島へ向かう。

 そこでリコスの口から世界の秘密が語られる。

ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より
ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より

リコスとは自分の名前ではなく魂形(ヌース)と呼ばれる生き物の名前であること

自分は兵士であること

自分には感情がないこと

仲間は全員戦いで死んだこと

自分もこのまま死のうと考えていること

ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より
ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より

 そんなリコスに、チャクロはいっしょに暮らしていこうと語りかける。

 感情が少しずつ蘇っていくリコスはそんな彼に何かを伝えようとするが……。

ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より
ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』より

 突如として現れた謎の集団による襲撃。この日を境にチャクロたちの日常は一変してしまう。

 この先どのような展開が待っているのだろうか。チャクロの、リコスの運命は?

物語の続きはTVアニメや原作をチェック

 このように読み進めるごとにその世界に引き込まれるていくのが『クジラの子らは砂上に歌う』のが魅力。

 本作は、2017年10月8日よりTVアニメとして放送中。原作もニコニコ静画で一部無料で読めるので、物語の先が気になった方はチェックしてみよう。

ニコニコ静画『クジラの子らは砂上に歌う』はこちら

ニコニコ漫画公式サイトはこちら

■関連記事
【バブみが高い】巨乳JSが甘えさせてくれる漫画がいろんな意味でヤバイ

アホの覚醒が止まらない。夏アニメ『アホガール』の原作でよしこを超えるアホがいた件

美女にあるまじき顔芸。 夏アニメ『賭ケグルイ』の原作があらゆるベクトルでぶっ飛んでいた

運営も目を逸らすヤバさ。おしっこがテーマのマンガ『うれしょん! 』が異次元レベルで狂っている

プロフィール
竹中プレジデント
フリーランスのライター。現在はニコニコニュースオリジナルにてアニメ・マンガ系記事、ファミ通Appでゲーム記事を担当している。二次元美少女に萌える日々。
Twitter:@takepresident

「マンガ」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング