ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

一発屋として悩むピコ太郎にYOSHIKIがForever Loveなエール「雑音が弾丸のように飛んでくるが、それも聞き入れつつ進んで行く」

PPAP秘話、あの曲はこうして生まれた

画像は、ピコ太郎(PIKOTARO)オフィシャルサイトより

MC:
 周りから反対されていたって言ってましたね。「動画とか作るのは、止めた方がいいよ」みたいな。

ピコ太郎:
 もう6年くらい、こうやって曲を作っているんですけどPPAPって、ちょっとしたクイズみたいな感じだと思うんですね。「ペンパイナッポーアッポーペン」と聞いても意味が分からない(笑)。

一同:
 (笑)

ピコ太郎:
 「アッポーペン……パイナッポーペン……あ! そういうことね」と、クイズの正解を教えていたら、もうウケないじゃん? ってことで、動画に上げてなかったんです。でも、知り合いのプロデューサーの人が、「歌として、良くない?」と言ってくれました。

 それなら、上げてみようかなって。それまでは、ウケなくなっちゃうんで、動画に上げるのをやめようと思ってました。……私は、PPAPは誠心誠意のラブソングだと思ってはいるんですけども。

一同:
 (笑)

放送中、ピコ太郎氏がYOSHIKI氏と『PPAP』と『Forever Love』でコラボする場面も。画像は、ピコ太郎氏ツイッターより。

YOSHIKI:
 音の響きが良いってことなんですか?

ピコ太郎:
 もともと、ピポピポっていう音があったんです。「それに合わせてピコ太郎、曲を歌ってみない」ってことになって。それなら、曲を書こうと思い、ペンを持って「I have a pen.」って言ったら、何それっていう反応をされました(笑)。そこにリンゴがあったので……。

YOSHIKI:
 たまたま、リンゴがあったんだ。

ピコ太郎:
 あったんですよ。それで、なんとなく「ンっ!」って刺して。

YOSHIKI:
 普通、「ンっ!」って、刺します?

一同:
 (笑)

ピコ太郎:
 アッポーペンって言ったら、作家さんが笑ってくれたんです。パイナッポーに関しては20年くらい前から、アメリカの方と会ったら、パイナッポーっ言うとウケたんですよ。

YOSHIKI:
 けっこう発音が難しいですもんね。日本では、パイナップルって言うけど。

ピコ太郎:
 パイナッポーなんて、言う人はいないんですよね。それで、「日本人のバストは、日本語で、パイパイと言うんだよ。パイパイとおっぱいで、パイパイおっぱいパイナッポーです!」って(笑)。

MC:
 小坂さんが言ってたんですね(笑)

ピコ太郎:
 「ナイストゥーミートゥー、パイパイおっぱいパイナッポーです」で……パイナッポーもつけようよと(笑)。アッポーとパイナッポーと……確かに言われてみれば響き重視ですね……。

YOSHIKI:
 やっぱり、Lが最後に来ると発音が難しいんですよね。

ピコ太郎:
 私は、馬場世代ですから、アポーになっちゃいますからね。

MC:
 ジャイアント馬場ね(笑)

ピコ太郎氏に助言「自分の道を進むと雑音が弾丸みたいに飛んでくる」

ピコ太郎:
 最近は、はっきりと言われますもん。「お前、いつまでいるんだ」って、すごく言われます。

MC:
 正直言って今年には消えるんじゃないかと、言われていましたね。

ピコ太郎:
 去年の10月に言われていました。「もうテレビで見ないね」とも言われましたよ。まぁ、そう言った人は「私はテレビ見ないけど」って付け加えてましたけど(笑)。

一同:
 (笑)

YOSHIKI:
 やはり、そういう意識でおられるということは、もうその一線を越えているということだと思います。

ピコ太郎:
 なるほど。

YOSHIKI:
 僕がデビューして30年くらい経つと思うんですけど、色んな球とか飛んでくるんですよ。それを蹴るのか、避けるのか……色んな技があると思うんですよね。何があろうが、自分の道を進むっていうのは、雑音が大きいものから、小さいものまで、弾丸みたいにいっぱい飛んできますから。

ピコ太郎:
 インターネットが来る前の時代から、そういった雑音は、たくさんあったってことですよね。

YOSHIKI:
 そうですね。色んなことがあって、そこはもう、まったく無視していたわけではなく、たまに良い厳しい意見とかがあると思うんですよ。ある種、それも聞きつつ、自分の道を進んでいく。

ピコ太郎:
 軽く酔っぱらってきましたね。

一同:
 (笑)

「芸能」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング