ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

「私はメンタルが弱い人間です、すぐ泣きます。どうしたら強くなれます?」←という悩みに対し「我慢せずにトイレに行って泣けばいいと思います」

 岡田斗司夫氏による毎週日曜日配信のニコニコ生放送『岡田斗司夫ゼミ』。

  7月30日放送分にて、視聴者から寄せられた「私は小さいことですぐに傷つくメンタルが弱い人間です。しかもすぐ泣きます。」という悩みについて岡田氏が回答した。


視聴者からのメール:
 「私は小さいことですぐに傷つくメンタルが弱い人間です。しかもすぐ泣きます。もういい大人なのに恥ずかしいです。必要以上に自分を責めてしまうのが、原因かなと思います。泣いてもいいことは何一つないのに、涙を止めようとしても止まりません。泣くから年下にも舐められてしまいます。異性からも面倒くさい奴だと思われて、敬遠されます。どうしたらメンタルが強くなりますか? 些細なことで泣いたりしない人間になりますか?」

岡田:
 ということです。こういう人苦手ですよね。普通そうです。俺も苦手です。真面目に答えると、【メンタルがすぐに傷つく】と【すぐに泣く】って書いてるんだけども、これは現象と理由とを混ぜちゃってるんだよね。

 つまり、「すぐに泣く」っていうのはこれ現象じゃん。ホントに身体の外に現れている現象で、「傷つきやすい」っていうのは、現象ではなく理由を自分なりに推察しているんだよね。メンタルが弱いに至っては、自分でそれをメンタルが強い弱いっていう価値基準の上で判断してるんだけども、これが混ざっているのが悪いと思う。

 例えば泣くっていうのは、あがり症で人前で顔が赤くなるのと同じだよね。汗かきとかお腹が痛くなって下痢しやすいという僕の症状と全く同じで、肉体の反射なんだよ泣くっていうのはね。だからすぐに顔が赤くなっちゃうあがり症の人はそれをすごく気にするし、下痢症の人も気にするし、汗かきの人も気にするんだけども、そういう肉体反応みたいなものなんだよね。

 それに対して、「自分は傷つきやすいダメな人間なんだ」とか、「メンタルが弱い」というラベルを貼っちゃうから、余計に落ち込む。単なる肉体的な反応に対して、それにラベルを貼ってしまって、そのラベルの部分に自分で傷ついちゃうから、なんかすごくしんどくなる。

 具体的に言うとね、一度泣き出すと止まらないんだったら、人前で泣かないように工夫するのがいいと思うよ。俺、人前でお腹が痛くなったら、会話の最中だろうが何であろうが間髪入れずトイレに行くっていうのをやるんだけども、同じように泣きそうになったら、どんなシチュエーションであっても、その場を離れてトイレに行った方が多分マシなんだよ。

 トイレに行くのを我慢して、一人で泣くというのを我慢して、延々その場で頑張って泣いちゃダメなんだとか、ほらまたこんなふうに思われるというふうにすると、ドンドン状況を悪くしちゃうから。お腹が痛くなったらトイレに駆け込むのと全く同じで、泣きたくなったらトイレに駆け込んで、トイレで散々泣けばいいと思うよ。

 僕だってお腹が痛くなったらトイレから30分出て来れないから、同じように泣きそうになったらトイレに行って30分泣きゃあいいと思うんだけどね。本質的な解決策じゃないんだよ、僕が言っているのは。

岡田:
 こういう性格を治す方法は実は基本的にはないし、メンタルを強くすると言っても君が泣きやすいのはメンタルが弱いからではなくて、泣きやすい肉体を持っているから、そういう反射をする肉体を持っているから、これはもうしょうがないんだよね。

 じゃあどうするのかというと、歳をとって鈍感になるのを待つしかないんだよ(笑)。人生は40歳超えたら、もうこんなことなくなっちゃうからね。なんであんなに泣けたんだろう? って思うようになるから、それまでは不安の方が多いと。結論、早く歳をとれ(笑)。

 こういうのって、自分の中ではデカい問題で、どうしたらいいんだろう、どうしたらいいんだろうって思うんだけども、逆に言えば、30代40代になってきたら、なんで泣けないんだろう? とか、逆にそれまで泣けなかった人が、なんでこんなに涙もろくなってしまうのかっていうのが多いからね。

 人生って多分35歳か45歳くらいのところで、全部のルールがくるっと逆になるゲームみたいなもんだと考えておいたら、今の状況が全てだと考えたら、なんかこう追い込まれるししんどいと思うんだけども、実は35歳か40歳くらいで全てのルールがぐるっと変わってきちゃうと思っておいた方が楽になるんじゃないかと思います。

関連動画

この記事に関するタグ

「生活」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング