ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

5分で分かる“ピクサー映画”の特徴「泣くタイミングが用意されてる」「実はブラックジョークが大盛り」

 サブカル評論家のDr.マクガイヤーさんが、世間のオタクトピックを語りまくる番組『ニコ生マクガイヤーゼミ』。今回紹介する特集は、「ピクサー」について。

 『トイ・ストーリー』や『ファインディング・ニモ』など、数々のタイトルを世に放った映画制作会社・ピクサー。書籍編集者のしまさんさんがアシスタントとして話題に加わり、「ピクサー映画の特徴」について語りました。

■関連記事
ピクサーの“神ってる”社員待遇! 本社で働く日本人が語るクオリティの高いものが作れる理由

日本初! 『トイ・ストーリー』を制作したピクサー・スタジオに生潜入の様子を独占レポート

画像はAmazonより

ストーリーに最も重きを置く「Story is king」というフレーズ

左からDr.マクガイヤーさん、しまさんさん

マクガイヤー:
 ピクサー映画の特徴という話をしましょう。まずフレーズとして、「Story is king」という、ストーリーが一番大切だというものがあります。

しまさん:
 ピクサーがアニメを作る時に大事にしている22か条みたいなのがあるじゃないですか?

マクガイヤー:
 2条なんですけどね

しまさん:
 2条なんですか?

マクガイヤー:
 結局2つ大事にしているキャッチフレーズがあって、1つは「Story is king」。ストーリーが最強。

しまさん:
 物語がすべてだと。

マクガイヤー:
 CGって、いかに技術の高いCGを作ってもお客さんは感動しない。とにかくお話、脚本が大切なんだということで、これを練り上げるまでは作らない。だって皆さんわかりますよね。『バグズ・ライフ』と『アンツ』というのがあって、同じような見かけですけれど、どっちが今まで残っているかといったら、バグズ・ライフなわけですよ。

しまさん:
 アンツ、きもいな。

マクガイヤー:
 これ、シルベスター・スタローンが声をやっていたりしますよ。

しまさん:
 そうなんだ。アンツっていつ? バグズ・ライフより前?

マクガイヤー:
 これ結構、同時期なんです。バグズ・ライフの方がちょっと前かな。

しまさん:
 まだバグズ・ライフの方が見られるなあ。

マクガイヤー:
 アンツも今見ると、そんなにつまんなくはない。これはドリームワークスにいたカッツェンバークが指揮、制作総指揮をしたやつなんですけど。

しまさん:
 そうだったんだ。

マクガイヤー:
 これが、本当にすごくて、『ファインディング・ニモ』と『シャーク・テイル』というのがあったんですが、みんな『シャーク・テイル』のことなんか忘れています。

しまさん:
 シャーク・テイル、きもいな。

マクガイヤー:
 これは、その主人公の魚をウィル・スミスがやっていて、どうせウィル・スミスがやるんなら、顔もウィル・スミスに似せようということで、こんな顔になっている。

しまさん:
 ホントだ、ウィル・スミス顔だね。

マクガイヤー:
 後ろのシャークも、『タクシードライバー』の人、誰だっけ?

『タクシードライバー』画像はamazonより

しまさん:
 タクシードライバーの人?

マクガイヤー:
 出てこない。マーティン・スコセッシの映画によく出る人が出てるんだけど。なんだっけ(笑)。

しまさん:
 なんで、これが出てこないの? もう。

マクガイヤー:
 デニーロがやってる。

しまさん:
 固有名詞27%くらいしか出てこない。

マクガイヤー:
 デニーロです。でも、今やファインディング・ニモしかみんな覚えていないし。

しまさん:
 そうだね。

マクガイヤー:
 本当にすごいのは、『ダイナソー』という映画。実は、ピクサーと合併する前のディズニーが作っていて。

しまさん:
 ダイナソー、知らんわ。

マクガイヤー:
 知らないでしょ! これも、そんなに悪くなかったんですよ。でも結局、ピクサーには敵わんということで、このディズニーの作っているCG部門を解散したりした。

しまさん:
 いや、このビジュアルで、誰が見に行くか?

マクガイヤー:
 実際は、もうちょっと可愛くなってるんですけどね。のちのちにまで残るお話にはならなかった。

しまさん:
 そうだね。

マクガイヤー:
 というかルックとして見せたいのは左だし、どちらかというとダイナソーはこんなルックなんですけど、健全ディズニー映画なんですよ。

しまさん:
 そうなんですね。古き良き世界の。

マクガイヤー:
 恐竜同士が戦っても決して恐竜は傷つかない。相手の恐竜は最悪のダメージを追わないし、リーダーとなっているその恐竜が仲間を引っ張って、大成功みたいなやつなんですけど、左の『アーロと少年』の方が毒たっぷりなわけですよね。

しまさん:
 そうなんだ。でも、どう見てもハートフル感がすごいけどな。

マクガイヤー:
 『アーロと少年』は、アーロが恐竜なわけですけど、隕石が落ちてこなかった地球ということで、恐竜が進化して。

しまさん:
 生き残ったんだ。

マクガイヤー:
 そう、恐竜がまるで西部時代のアメリカみたいな感じで、畑耕すんですよ。恐竜一家が、大草原の小さな家みたいな感じで。

しまさん:
 でも4つ足歩行なんですか?

マクガイヤー:
 そう、顔をトラクターみたいにして、畑を耕したりしてる。

しまさん:
 え? そうなんだ。

マクガイヤー:
 人間トラクターみたいな感じで。それで作物が育ったんだけども、害虫がやってきて作物を盗んでる。害虫を殺さなければダメだ。ということで寝ずの番をしてるんですよ。

しまさん:
 まさか!

マクガイヤー:
 そう、その害虫が人間なんですよ。

しまさん:
 そこで少年がやってくるわけだ。

マクガイヤー:
 この少年をアーロは殺さなければいけない。

しまさん:
 なんと!

マクガイヤー:
 でも、結局殺せなくてっていう話なんですよ。それが最初なんですけど、その後お父さんが死んじゃったりします。

しまさん:
 擬人化世界に人が出てくるみたいな感じ?

マクガイヤー:
 そう。それがすごいわけですね。ピクサーは。どっちかっていうと、『アーロと少年』の方が、毒がたっぷりなんです。

しまさん:
 ホントだね。

マクガイヤー:
 旅の途中で、アーロが完全に麻薬中毒になったりします。

しまさん:
 そうなんだ!

マクガイヤー:
 麻薬中毒じゃない、麻薬みたいな果物を食べてトリップしたりする。

しまさん:
 それ聞いて、ちょっと見たくなった。

 

マクガイヤー:
 害虫扱いで、しかもアーロはがんがん家族と喋るのに、少年は言葉をしゃべりません。恐竜は擬人化しているんだけど、人間は獣化しているわけですよ。この倒錯。

しまさん:
 このブラックジョーク。 

マクガイヤー:
 ブラックさ。ジョークじゃないけど(笑)。

しまさん:
 ジョークじゃないけど、マジでやってるけど(笑)。

マクガイヤー:
 真面目にやってるんで、もっと罪深いところなんですけど。

この記事に関するタグ

「映画」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング