ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

水樹奈々、声優デビュー20周年に“シングル2枚”同時リリースした胸の内を語る「作詞は常に自分との戦い」

 声優、アーティストとして活躍する水樹奈々さんが、7月19日にニューシングル『Destiny’s Prelude』、『TESTAMENT』の2枚同時リリース記念公開生放送に出演しました。

 『Destiny’s Prelude』は映画『魔法少女リリカルなのはReflection』に、『TESTAMENT』はテレビアニメ『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』の主題歌に起用されており、MCを務める鷲崎健さんに、それぞれの制作秘話を語りました。

左から鷲崎健さん、水樹奈々さん。

水樹奈々、デビュー20周年シングル第1弾は2枚同時リリース

画像は『Destiny’s Prelude』『TESTAMENT』TV-CM 30sec.より。

鷲崎:
 なんで今回は2枚同時のリリースなんですか。

水樹:
 たまたま(笑)。いろいろな偶然が重なったんですよ。『魔法少女リリカルなのはReflection』の劇場公開が7月22日が先に決まっていたのと、『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』が7月にオンエアというのも決まって。

鷲崎:
 なるほど。

水樹:
 同時シングルがいいよね、ってことになったんですよ。

鷲崎:
 本当にずっと忙しいんですね。

水樹:
 だって、今年は私、声優デビュー20周年イヤーなんですよ!

水樹:
 わぁ~! 「おめでとう」っていう観客の方の声が嬉しい! 最近、ずっとミュージカルの稽古場に籠もっているから、優しい言葉が染みるわ~。

鷲崎:
 稽古場じゃ優しくされてないってこと(笑)?

水樹:
 そうじゃなくて(笑)。やっぱり、初めてのことで必死だし、初めましての方ばっかりだし、いつも緊張してるから。新人の頃のアフレコを思い出しますよ(笑)。

なのはのイメージにあわせてゼロから組み立て直した『Destiny’s Prelude』

画像は『Destiny’s Prelude』MUSIC CLIP(Short Ver.)より。

鷲崎:
 『Destiny’s Prelude』についてお話を伺っていきたいと思いますが、劇場版なのはの主題歌ですよね。作詞が水樹さん、作曲が加藤裕介さん。楽曲制作秘話などありますか。

水樹:
 この曲は、実は去年からずっとデモテープを各制作会社さんにオファーしていて、たくさんの曲が集まったんです。なのはの曲は、私の中では母性が感じられる曲だと思っていて。なのはたちは無償の愛を捧げ続ける健気な子たちなんです。

水樹:
 なので、ただ強いだけじゃなくて、いろいろなことを経て知った強さ、優しさ、愛じゃないといけないと思って。いい曲もたくさんあったんですけれど、「これだ!」っていう曲に出会えなくて。加藤さんの曲が一番イメージが近い曲だったので、もう一度、イメージの詳細をお伝えして、失礼を承知の上で、ゼロから組み立て直してもらえるようにお願いしたんです。

鷲崎:
 そうしたらイメージ通りの曲を作ってもらえて。

水樹:
 そう! きたー! って感じで(笑)。

鷲崎:
 作詞に関してもすごく早かった?

水樹:
 それが大変だったんですよ。

鷲崎:
 せっかくイメージ通りのやつがきたのに(笑)?

水樹:
 曲が来たのが2月末だったんですよ。そこからフルコーラスを仕上げていただいている間に、歌詞を書こうと思ったんですけれど、ちょうど私、ジパングツアーを爆走中で。なのはのアフレコをしたあとに、集中して書いた方がより気持ちが入ると思ったんです。

 ちょうどさいたまスーパーアリーナの2DAYSが終わったあとに収録だったので、そこからだと思ったら、次は出雲大社公演があって。

鷲崎:
 去年から予定はわかっていたでしょう(笑)。

水樹:
 わかってたんですけど、「セットリストを全部変えてやろう」みたいな感じで張り切っちゃったんです。その結果、準備の期間がちょっとしかなくて。出雲大社に行って、曲を奉納したら褒美をもらえるんじゃないかと神頼みをして、2週間「うーん……」とうなってできた曲です(笑)。

「声優」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧