ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

『ニコニコの企画で一番キツかった案件は?』ゲーム実況者たちに聞いてみた「うまい棒(シュガーラスク味)1000本食べさせられた」

 ゲーム実況者の普段見られない一面や、門外不出だったエピソードなどを深く掘り下げるトーク番組『実況者解体新書~まるはだか~

 百花繚乱さんがMCを務め、ゲストには愛の戦士さんはんじょうさんなな湖さんが登場し、“ニコニコの案件で最もキツかった事”をテーマに、過去の辛かった現場の話を暴露しました。

 「ゲーム実況中に、うまい棒を1000本を26時間以内に食べる」という現場を体験した愛の戦士さんをはじめ、ゲーム実況者の皆さんはどんな過酷な現場を経験したのでしょうか。

左から百花繚乱さん、愛の戦士さん、はんじょうさん、なな湖さん。

ホラー映画を3本も見させられて、使われたのはたったの5分!

はんじょう:
 『実況者、恐怖の夜~ホラー神(ゴッド)~』っていう企画があって、それに愛の戦士と2人で出たんです。それは拘束時間が16時間くらいあった。

百花繚乱:
 ニコニコはなぜか長時間拘束したがるからね。

はんじょう:
 拘束好きなんだなって。やばかったよね(笑)。

百花繚乱:
 だって囲んでおかないと全員YouTubeに行っちゃうんだもん(笑)。

ホラー映画を見ているはんじょうさん(左)と、愛の戦士さん(右)。
画像は『実況者、恐怖の夜~ホラー神(ゴッド)~【闘TV】』より。

愛の戦士:
 あの時はホラー映画を3本見たんです。

はんじょう:
 そう。しかも収録時間が6時間もあった。でも、実際の放送を見たら使われている映像は5分しかないの! やばいべ(笑)!

百花繚乱:
 そういう事ばっかりやってるから、実況者は皆YouTubeに行っちゃうんだよ(笑)!

「ゲーム実況者」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング