ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

AKB48総選挙・結婚宣言から考える“アイドルビジネスとそれを支える男たち”「応援したい女は、人の女じゃ嫌なんだよ!」

 今、世間で話題のニュース、エンタメ、サブカル情報を斬っていくワイドショー番組『ニコ論壇時評』。7月5日放送分では、「総選挙史上最大の衝撃」として大きな話題を呼んだ、『第9回AKB48選抜総選挙』での、NMB48・須藤凜々花さんの結婚発表について取り上げました。

NMB48・須藤凜々花さん。画像はNMB48 公式サイトより。

 突然の発表による炎上だけでも記憶に新しい彼女ですが、自らのファンに対して『ある言葉』を放ち、さらに炎上する騒ぎに。その内容について、「だって、アイドルファンにとってアイドルは神様じゃん」「(男は)あの子の笑顔が見たいんだべ?」山田玲司氏が熱く語ります。


「大金使った人が言ってください」「それは自己責任」 AKB総選挙で結婚発表のNMB48須藤凜々花さん

乙君:
 ちょっとだけ、ニュースを紹介させていただいて、ま、いいか、これ、みんな知ってるもんね。

山田:
 みんな知ってるよ。その後ICBMがどうとか、いろいろあったり、どうでもよくなってるんじゃないの? でもさ、どうでもよくないと思っている人たちもいるでしょ? やっぱり、彼女のファンとかはさ。

乙君:
 なんかツイッターでニュースになってますよ。20万位つぎ込んで。

山田:
 20万円、50万円当たり前なんじゃないの?

乙君:
 50万円?

山田:
 そういうサムライがいるんでしょ?

乙君:
 それをサムライ?

山田:
 男たるもの。

乙君:
 なるほど。御恩と奉公ですか。

山田:
 そう、だから男気の世界じゃない? ここは。という話ですよ。お前だって、アイドル好きになったこと、あるでしょ?

乙君:
 ないない!

山田:
 広末涼子は?

乙君:
 広末に握手してもらうために、大金をつぎ込むかと言われたら、つぎ込まないもん。

山田:
 え? 握手できたら?

乙君:
 え? 街にいたら。

山田:
 街に、広末がいたらの話じゃない(笑)。街に広末がいたら、また別の話になるんで。そうそう。しみちゃんだってね?

しみちゃん:
 僕はもう、こじはる(小嶋陽菜)の。

山田:
 え? マジで? いつの間にAKBの人だったの?

しみちゃん:
 初期のころから、もう大好きで。

山田:
 こじはる推しだったの?

しみちゃん:
 こじはる、イチ推しだったので。

山田:
 そうなんだ。じゃあ、こじはるが、応援してたのに結婚していたらショックでしょ?

しみちゃん:
 めちゃめちゃ、ショックですね。

山田:
 そうでしょ? それに課金していたらショックでしょ?

しみちゃん:
 課金していたら、もう絶対に嫌ですね。

山田:
 アイドルは、70年代まではスターと言われていて、星だったわけですよ。上にいたわけ。それを引きずりおろしたのが、ヤスス(秋元康)なわけでしょ?

 だから、その隣のお姉さん的な文化の流れから、それをものすごくわかりやすく商品として並べるというか、というやり方をしたのは、ヤススで。要するに、今のアイドルは、スターじゃないとしたら、かつて、天使だったとしたら、堕天使だと思うんだ、俺。堕天使なんだよ。彼女たちは。だから、もう一回天に上がりたいと思っているわけだよ。そんな彼女たちをもう一回天に上げる競争をさせているわけだよ。

乙君:
 みんなで、神輿を担がせているわけだ。

山田:
 そうそう、もう一回彼女たちを輝かせてあげたいとか言うんだけど、この問題の構造、このビジネスの構造の根幹に何があるのかというと、男は何がしたいかという話なわけ。

乙君:
 何がしたいんですか?

山田:
 決まってんべ。 あの子の笑顔が見たいんだべ?

乙君:
 違うでしょ!

山田: 
 (笑)ええ? 好きな子が笑顔になってくれたら、嬉しいだろ!

乙君:
 そりゃ嬉しいけど。

山田:
 大好きな子が。

乙君:
 その向こう側に、やっぱり一発やりたいとかそういうのも含まれてるわけでしょ?

山田:
 そこを言ったら、おしまいなんだよ! それは、言わないことにしてるんだよ。そういうことなんだよ。そうはいっても、好きな女の子の笑顔なんて、簡単にみれませんよね? だって、クラスの子が、私を応援して! と言わないから。

乙君:
 まあね。

山田:
 学校1番のかわいい女の子が、私に投票してくださいって言わないから。これを簡単に投票することで、あなたのおかげで助かったんだと、ありがとうございますと。言われたいじゃん?

乙君:
 確かに。

山田:
 好きな女の子に。ということをわかりやすくビジネスにしてくれたのが、ヤススだから。これ、要するに、好きな女の子を幸せにしてあげられるっていう商品なんだ。ここが絶対だから。

乙君:
 後援の力だね。

山田:
 そうそう。それを言っちゃうと、ちょっと違いますけども、堕天使復活レースというと、結構きれいな感じになるんですが、みたいな感じですよ。ただ、俺、これ、何か思い出すなあと思ったのよ。

乙君:
 何を?

山田:
 あの、今やみんな知らないだろうけど、『宇宙戦艦ヤマト』というアニメがあったんだよ。昔。そのエンディングテーマは、ささきいさお【※】さんが歌っていた、『真赤なスカーフ』という曲なの知ってる?

※ささきいさお
歌手。代表曲「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」などアニメソングで多くのヒット曲を持つ。

乙君: 
 知らない。

山田:
 阿久悠【※】さんが。

※阿久悠
放送作家、詩人、作詞家、小説家。「宇宙戦艦ヤマト」「真赤なスカーフ」など、作詞した曲は5,000曲以上にのぼる。

乙君:
 でた、阿久悠さん。

山田: 
 俺の阿久悠が。阿久悠は最高だからね。ヤマトは行くわけだよ。命をかけて地球のために、すべてを捨てて、ヤマトに乗り込んで、イスカンダルに行くわけだよ。ヤマトはそういう話だよ。その時のエンディングテーマに、「あの娘がふっていた真赤なスカーフ」という歌詞があるわけ、「あの娘がふっていた真赤なスカーフ、誰のためだと思っているのか」と言うんだ、誰のために振っているかわからないスカーフ話をしているわけだよ。

乙君:
 まず、誰が振ってるんですか? 赤いスカーフ。

山田:
 「あの娘」なんだよ! 「あの娘がふっていた」なんだよ。

乙君:
 あの娘は、誰なんですか?

山田:
 それはわかんないんだよ。誰のために振っているのかな? と思ったら、「誰のためでもいいじゃないか、みんなその気でいればいい」という歌詞。

乙君:
 ええ!?

山田:
 最高でしょ!? それで それで「旅立つ男の胸には、ロマンのかけらが欲しいのさ」で終わるわけだよ。

乙君:
 わかる!

山田:
 つまり、戦いに行くわけだよ。ジャパニーズ男子、まさにそうなんだよ。もう戦場ですよこの世は。それで戦いに行ってるわけですよ。ヤマトの男たち、日本男子たちはさ。だから誰のためでもいいじゃないか。
 だから、大島優子の振っている手は、俺に振っているんだと思いたい! みたいな、これは、70年代、いやそれ以前から、みんなそうなんだよ。それが金儲けだとか、それは野暮だという話じゃないですか? ということなんですが、問題はですよ。すごく大事なことがあります。これ。
 応援したい彼女、好きな彼女、大事な約束がありますね? どういうことかというと、応援したい女は、人の女じゃ嫌なんだよ! 人の女ではない、要するに、誰かのものではないという、秋元コンプライアンスがあるわけですよ、これ。ここが約束なんだよ。

乙君:
 そうですね、コンプライアンスの範囲内なんですよ。

山田:
 法令順守なんですよ。これは別に、こんな法令はないんですけど、秋元法令があって、秋元法令ではこれを、これまた野暮な言い方をしないんですよ、ヤススは。

乙君:
 何て言うの?

山田:
 恋愛とか、別に止めたりしないんだよ。だけど、お前そんな暇あるのか? と。お前を応援してくれているやつがいるのに、お前そんな気持ちでステージに立てるのか? と。
 それだったら、歌の練習、ダンスの練習をしろという。上手い事言うね、ヤススブラック。この鉄壁のヤススブランドで守られているAKBビジネスなわけだよ。
 そうなると、これ、いきなり本番でぶち破られたら、ちょっと待てよ! と。「お前、とらやの羊かんに何入れてるんだ?」という話ですよ。要するに。

乙君: 
 ちょっと。

山田:
 とらやの羊かんは美味いんだよ!

乙君:
 とらやの羊かん、それはわかる。

山田:
 とらやの羊かんに、わけのわかんないものが入っているみたいなもんなんだよ。異物混入みたいなものなんだよ。これは。それは怒るでしょ、みんな。

乙君:
 怒りますね。

山田:
 秋元ブランド発で、いろいろな事件あったじゃないですか。丸刈りにした。マルガリータとか、前回、2、3か月前に島流しの刑とか、博多に移されたとかね、もうパワドレみたいな感じですよ。
 お救いください! みたいな。そういう私の罪を! みたいな。そういう厳重なやつだけど、良く考えたら、40何人いるんだっけ? 1チームに、45とか46とか、いろいろいるじゃないですか?
 乃木坂だとちょっと違ったりするじゃないですか? でも、とにかく、だいたい約50人くらいの団体が、5団体か6団体いるんでしょ。

乙君:
 はい。

山田:
 これだけいて。不良品が見つかる確率がこれだけですか? という話じゃない?

乙君:
 逆に考えたら。

山田:
 大量消費になったら、そりゃ不良品でますという話じゃん。

乙君: 
 不良品というか。

山田:
 ごめん。コンプライアンス違反ですよ。

乙君:
 なるほどね。

山田:
 不良じゃない。不良じゃないですよ! 自分の人生をまっとうしただけですよ! それはいいんですよ。基本的人権の尊重というのは、憲法に保障されてますからね。それはいいんですよ。
 大事なところですが、これを守れない人が、200人に1人くらい、いたって普通じゃない? という話なわけ。そういう意味では、よく守れているじゃん。この団体、この商店は。

乙君:
 ただ悪目立ちしているというのは、ありますけどね。

山田:
 というか、これがまた話題になって、AKBは、まだやっているんだみたいなことになるじゃない?じゃないと、炎上商法とまでいかないけど、こういう話題で、AKBがまた盛り上がって、まゆゆ(渡辺 麻友)今、あんな感じなのねと、話題になる方がまだマシじゃない?

乙君:
 確かに、まゆゆ可哀想みたいなのは、すごくありましたね。

山田:
 そうしたらまた、まゆゆ人気が、上がるわけじゃん。でもさ、まゆゆって? みたいな世代がもう下にいるわけじゃん。

乙君:
 そうですね。

山田:
 AKBイタイよねと言っている10代がいるらしいじゃないですか? だから、やっぱりそこは、ひとつの波みたいな問題もあるんじゃないかなと思いますけど。ただ、俺は思うんだけど、アイドルを好きになっちゃうという行為は、もう、しょうがないじゃん? だって、かわいいんだもん、応援したいんだもん。

乙君:
 アイドルを好きになるというのは、別にしょうがないと。

山田:
 しょうがないですよ。昔から続いていて、これからも続いていくんじゃないですか。なんか形は変えていくんじゃないかなと思うんだけど、いわゆる、これって仮想恋愛なわけだよ。
 だから、昔は、ピンクレディーと結婚したいと言っていた人がいたわけだよ。でも必ずついてくるのは、仮想恋愛には失恋も含まれるの法則があるじゃん。やっぱり。
 いつか終わるんですよ。辞め時というのがあるわけですよ。

乙君:
 いや、その辞め時の終わらせ方の問題でしょう、これは。

山田:
 そうなんです。革命が起こっちゃったら困るんですよ。卒業式というのがあるんですよ。だから卒業で見送って、女優さんやって、ああ好きな人ができたんだなと、みんな、なんとか収まるわけですけど、あの段階でいきなり、断頭台に連れて行かれるのは、勘弁してくださいよ。という話ですよ。

 これはある意味、恋愛ができないから、仮想恋愛に逃げているなんていうと、楽なことばかりみたいなことに思えるかもしれないけど、恋というモードに入っちゃったら、仮想恋愛であろうが、失恋になっちゃうじゃないかという話なんだよ。それが我が事のように、俺のあの子、みたいに思っていたのに。

次のページ » 続きはこちら

この記事に関するタグ

「アイドル」の最新記事

関連記事

新着ニュース一覧

公式Twitterをフォロー

アクセスランキング