ニコニコニュース

ボカロ絵師インタビュー特集

話題の記事

『私立恵比寿中学/サドンデス』書き下ろした岡崎体育が制作秘話を語る「エビ中のレギュラー番組を全部観てから書いたんです」

 ミュージシャンの岡崎体育さんが、6月14日にセカンドアルバム『XXL』をリリースしました。

 収録曲『感情のピクセル』の楽曲コンセプトや、アイドルグループの『私立恵比寿中学(以下、エビ中)』へ楽曲提供をした際に、グループが出演する番組を見て長所を研究したというエピソードを、ミュージシャンの尾形回帰さん、エビ中メンバーの星名美怜さんに明かしました。

 楽曲の制作秘話から読み取れる岡崎さんのミュージッククリエイターとしての考え方は、一体どのような物なのでしょうか。

左から岡崎体育さん、星名美怜さん、尾形回帰さん。

『感情のピクセル』のコンセプト

尾形:
 初めてPVを見た時は、ラウドロックのパロディかなと思いました。

岡崎:
 パロディってすごく言われるんですけれど、そういうのじゃなくて、かっこいい音楽の上に、子どもでも歌えそうな歌詞を乗せてみようっていうコンセプトです。そこに面白さがあれば良いなと思ったんです。編曲はラウドロック界のレジェンドのPABLOさんにお願いしました。

尾形:
 『分かち合えない生き物としてのカテゴライズの壁』、『乾いた果実も一度乾くともう戻れない』という歌詞も、すごいと思った。パロディであれば、もうちょっと分かりやすい物を作れるはずなんだけど、決してそうではないでしょ。

岡崎:
 サビは分かりやすいように、全部平仮名なんです。最後のサビのところでは、「誰かを仲間外れにしたりする、そういう世の中はどうなのかい?」っていう裏のメッセージがあったりしますが、単純に何も考えずサビでケラケラ笑ってくれたら、僕としては嬉しいです。

『感情のピクセル』のミュージックビデオのワンシーン。

尾形:
 実家で曲作りをしているの?

岡崎:
 はい。未だに実家暮らしです。

尾形:
 『感情のピクセル』は編曲を担当してもらっていますけれど、他の曲は全部セルフプロデュースなの?

岡崎:
 そうですね。

尾形:
 どこまでをセルフでやってるんですか? 例えば、オケ(伴奏)を打ち込んだりも自分でやっているの?

岡崎:
 もちろん自分で打ち込む事もあるんですが、生音を録音する事も結構あるんですよ。僕も自分で弾いたりするんですが、地元の友達のギタリストに頼んだりします。僕にはプロデューサーが付いていないので、全部1人のセルフプロデュースでやっています。

尾形:
 レコーディングはどこでするの?

岡崎:
 さすがに家じゃないですよ。でも、アルバムの一番最後に収録されている『式』という曲は、ざわついた感じを出したかったので、防音室ではなく、自分が小学生の頃から使っている部屋で録りました。

尾形:
 自宅でそこまで完結できるのは羨ましいね。

岡崎:
 最近は地方から音楽を発信するモデルケースが出てきているなと思います。東京に身を置かなくても、音楽データをレーベルとやり取りができる時代になってきているので、僕は地方発信していきたいなと思っています。

尾形:
 じゃ、上京する予定は?

岡崎:
 現状ではないですね。

「音楽」の最新記事

新着ニュース一覧